CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPOの情報開示&助成の最適化をすすめるブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本における助成の最適化と、NPOの情報開示の拡充に向けて
調査・研究を行い、提言を行っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査報告書」
(2)「助成事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する
調査報告書」
(3)「助成申請書の団体基本情報に関する、地域規模・全国規模
助成の比較調査報告書」
は、すべて売り切れとなりましたが、(1)と(3)につきましては、
隔月刊誌「NPOマネジメント」
https://blog.canpan.info/npomanagement/
に、概要をまとめた記事を掲載しております。

(1)は、第52号・第53号「助成する側・される側が『伝わりあう
関係』になるために〜『NPOへの資金提供・助成の最適化に
関する調査』報告(前編)・(後編)」
(3)は第62号「助成申請書の団体基本情報に関する、地域
規模・全国規模助成の比較調査」

その他、関連記事として、第47号「助成申請書および報告書の
設問に関する調査報告『信頼と支援を得る情報開示項目とは?』」
もぜひご覧ください。

★なお、PDFデータ版は、
DL-MARKETのサイトからご購入いただけます。
内容は冊子版とまったく同じで、プリントアウトも可能です。
ぜひ、ご利用ください。


(特)宇都宮子ども劇場_ここに注目 [2010年07月14日(Wed)]
星 ここに注目!

■「はじめに」で活動の3本柱と、モットーを伝える  →報告書P1

鑑賞活動、体験活動、居場所活動を3本の柱としていることおよび、「心と体の体験、本物との出会いを大切に」活動していることを説明。続いて20年度のハイライト的な活動を紹介し、運営の課題への対応状況を述べています。読み手は活動の概要を速やかに把握することができ、詳しい報告への興味を高めることができます。

■「平成20年度のまとめ」で、事業実施方針に対する成果を概説 →報告書P3

最初に「事業実施の方針」を明記。全体的な活動方針に加えて、関係諸団体との協力や、ボランティアスタッフ、地域の協力を得る関係づくりなど、体制の整備について示しています。
方針に対して、各事業の実施がどうであったかを、それぞれ4行(180字)程度でコンパクトにまとめています。実施内容の紹介にとどまらず、活動の独自性と実施のポイントを織り込み、運営に関わる人へのメッセージも伝わります。

■月別の各種活動の実施状況を「平成20年度の活動一覧」に →報告書P4〜6

鑑賞、ネットワーク・協働(他組織主催のイベントや協議会への参加)、子どもの活動事業各種、文化育成事業各種等について、月別に開催日と事業名を一覧にしています。多くの活動主体がどのようなタイミングでどのような事業を行っているかが明瞭になり、外部の人でも活動の全体像が浮かび上がるように把握できます。組織内での相互理解が進むことや、今後の活動計画の策定にも役立ちます。

■時系列に実施内容を示した「体験活動一覧」を作成 →報告書P9

24の体験活動について、開催日順に、活動名、担当部、会場、内容、参加人数を示した一覧を掲載しています。農園や各種のセンターでの実施も多く、地域との連携や波及効果が感じられます。また、参加人数が開示されているので、各体験の規模とともに、地域における団体としての存在感をイメージできます。

■「子どもの活動」の各事業は、感想とメッセージを担当者が作成 →報告書P10〜18

「子どもの活動」は対象年齢別に、そらまめ(0〜3歳)、かんけりたい(幼児部)、低学年、高学年の活動が展開されるとともに、5つのブロックが主体となる活動で構成されています。それぞれの活動は、担当活動とその準備を含めた実施内容、会場、参加者数の表とともに、担当者による感想や今後の展望がまとめられています。子どもたちが企画に関われるように工夫した点や、子どもたちの能力に驚かされたことなどが紹介され、現場の雰囲気が感じ取れる内容となっており、共感を高めています。また、「子どもがつくる街」活動については、企画を検討する子ども会議が11回も開催されるなど、子どもたちの意欲を支えてミニタウン開催に至った様子がうかがえます。

■子どもの居場所の月別利用者数をグラフにし、数値で事業の必要性を提示 

子どものたまり場「はらっぱ」「ともだち屋」それぞれの利用者数は年間4,997人、2,866人。月別の利用者数を表とグラフで示し、これだけの子どもたちの居場所になっている実績を示し、その必要性について説得力を持って示しています。また、率直に運営資金の問題解決が課題であることを訴えています。 →報告書P21
舞台鑑賞事業については、6つの公演について、特徴と感想のコメントとともに、会員・一般の入場者数が示され、実施規模や効果を伝えています。 →報告書P22

■入退会世帯数を開示。収入と支出の内訳を円グラフに →報告書P23

財政安定のために会員を増やすことが急務との認識のもと、月別の入退会世帯数を表にして開示し、会員の意識を高めています。また、収入の内訳が円グラフで示され、事業収入の次に会費収入が大きな割合を占める状況がわかります。支出の内訳も同様に円グラフで示し、子どもの活動事業費、文化育成支援事業費、鑑賞活動事業費がそれぞれ21〜24%を占めているなど、事業への配分状況が一目で把握できます。

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました