CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPOの情報開示&助成の最適化をすすめるブログ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本における助成の最適化と、NPOの情報開示の拡充に向けて
調査・研究を行い、提言を行っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)「NPOへの資金提供・助成の最適化に関する調査報告書」
(2)「助成事業の成果向上と、事務の効率化・負担軽減に関する
調査報告書」
(3)「助成申請書の団体基本情報に関する、地域規模・全国規模
助成の比較調査報告書」
は、すべて売り切れとなりましたが、(1)と(3)につきましては、
隔月刊誌「NPOマネジメント」
https://blog.canpan.info/npomanagement/
に、概要をまとめた記事を掲載しております。

(1)は、第52号・第53号「助成する側・される側が『伝わりあう
関係』になるために〜『NPOへの資金提供・助成の最適化に
関する調査』報告(前編)・(後編)」
(3)は第62号「助成申請書の団体基本情報に関する、地域
規模・全国規模助成の比較調査」

その他、関連記事として、第47号「助成申請書および報告書の
設問に関する調査報告『信頼と支援を得る情報開示項目とは?』」
もぜひご覧ください。

★なお、PDFデータ版は、
DL-MARKETのサイトからご購入いただけます。
内容は冊子版とまったく同じで、プリントアウトも可能です。
ぜひ、ご利用ください。


(社福)りとるらいふの総会資料のご紹介 [2010年07月14日(Wed)]
(社福)りとるらいふ (新潟県上越市)
平成21年度通常総会資料(平成20年度(平成20.4.1〜21.3.31)報告書)

各事業報告および新年度の事業計画は、担当者が記名で作成。事業報告では現場のニーズや細かな対応の様子、目標・重点項目に対してどのような実施状況であったか、さらに課題と新年度の展望が示されています。各事業のニーズに応じ、実施内容・体制を構築しようとする過程が事業計画から伝わり、共感を広げています。

(りとるらいふは2002年設立、2004年に特定非営利活動法人となり、2010年3月より社会福祉法人になりました。)


クローバー 総会資料のページ構成はこちら

クローバー 総会資料は同団体のウェブサイトから見ることができます。ぜひじっくりとご覧ください。 
http://www.littlelife.jp/corporative/#soukai (平成21年度通常総会資料)

星 ここに注目!

■冒頭にふりかえりと活動の社会的意義に係るメッセージ

■事業報告は担当者の記名で

■事業計画(案)は重点項目を明記

クローバー 「NPOマネジメント第65号」の「信頼と支援を得る情報開示事例集E・総会資料を年次報告書として活用する」にて、同報告書をご紹介し、報告書ページ写真や「総会資料をどのように位置づけ、どのように作成していますか?」「作成にあたり、留意・工夫している点は?」に対する作成ご担当者のコメントを掲載。ぜひ、お手にとってご覧下さい。
NPOマネジメントの各号紹介とご注文はこちら→https://blog.canpan.info/npomanagement/
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました