CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
がんけんかすい・おーばの日記
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
通りすがり
また 仕切りなおし かな? (05/17)
flake
学校に行きたくない訳 (05/14)
しおり
情報伝達のルール (05/05)
おーば
幼児期手術は 親のため? (05/04)
ひなさち
幼児期手術は 親のため? (05/03)
「がんけんかすい・おーば」が ここでの私の名前です。
私とがんけんかすいは 切っても切れない間柄。

でも がんけんかすいって なんなんだ?
そんなあなたにこそ読んでほしい。

眼瞼下垂とのお付き合いをしているあなた、
ここでおあいできて本当に良かった。
そんなあなたの仲間になれたら うれしいです。
ガッテンの功罪[2008年04月20日(Sun)]
NHKの人気番組「ためして!ガッテン」に
瞼のたるみが全身の色々なトラブルの元になるという内容のものが放送されて、
その際、
信州大学形成外科の松尾清教授がスタジオ出演していたそうです。

で、 眼瞼下垂という病気(症状)がクローズアップされています。

数年前にも「今日の健康」でこのネタを出しているし
その前にも 何らかのマスコミで 眼瞼下垂をとりあげているので
信州大の形成の外来はそのたびに 予約がとりにくくなっているようです。

ここからは 個人的な意見。

松尾教授の手術の腕は良いと思う。
眼瞼下垂を世に知らしめた功績も大きいし、
その点では 私はこの先生を高く評価しているのです。
が、

眼瞼下垂の治療と
肩こり、頭痛、などを安易にリンクさせて
あたかも 眼瞼下垂の手術さえすればそれらの症状がたちどころに消えるような
そういう切り口は どうなんだろうと思う。

もちろん 見た目に眼瞼下垂がはっきりわかる場合というのがありますから
私は そういう事例はしっかり治療するのがいいと思います。

でも、眼瞼下垂の治療動機が見た目ではなく 肩こり、頭痛の場合は・・・?!

確かに 眼瞼下垂の手術のあとで
それまで過剰にがんばっていた、筋肉や神経の負荷が軽減して
結果的に頭痛が消えたり 肩こりが軽減したり ということもあると思う。
見た目が改善され コンプレックスが解消された場合には
それまでのうつ的な気分が一気に明るくなることだってある。

でも
手術した全員にそういった全身的な効果があるわけではないと思う。
目をいじることに 過剰な期待はしないほうがいい。

だいたい 
ある年齢以降は ほとんどの人に生理的に眼瞼下垂の症状は現れると思う
私も 最近片目が後天性の下垂傾向になっていることに気づいて ややショックだった。
(目を見開くときに、おでこにしわが寄るっていう程度 なんですけどね)

で、いろんなストレスやら 心身の労働なんかで
肩こり、疲れ、頭痛なんかを持病としている人も多いと思う。
 ↑   ↑   ↑
そういう人たちがこぞって 『症状改善のために』後天性眼瞼下垂の治療を受けるとしたら


形成外科や、美容外科は 儲かるだろうなあ。
【眼瞼下垂の治療<手術>の最新記事】
学校に行きたくない訳[2008年04月14日(Mon)]
月曜の朝、次男が学校に行く支度に時間がかかっている。

いつもは真っ先にかけるめがねをまだしていないので
私が探してあげたら
見つけためがねは フレームが鼻のところで真っ二つにおれていた困った

聞くと昨日の夜やっちまったらしい。
言うと怒られると思っていえなかったらしい。

どっちにしろ 夜に壊したものは今朝間に合うはずもなく
「かけなくても見えるよ」というので
担任には連絡帳で報告して
学校に行くように促すが
まだ モタモタしている。

実はね・・・・と口ごもりながら
次男がやっとその理由を話してくれた

「みんなに目のこと 言われたくないの・・・」

ん〜 そっかあ。
次男は メガネで目の大きさの左右差をカムフラージュできているって
そう思っていたんだね。

乗り越えていってほしい 大きな壁
メガネをこわしてしまったことで
いきなり、その壁に直面してしまった7歳のわが子。

大丈夫だよ!と背中を押して
送りだしたけれど
ちょっと不安は残っている。

母に気兼ねをして 目のことは今まで言えなかったのかな
だとしたら かわいそうなことだったと思う。
でも 今日は言えてよかったと 勇気づけてあげよう。

メガネは新調すればいい。

誰かに何か言われたりすることは、
眼瞼下垂にならなくたって きっと あるんだから。
それに負けないきもちをどうか育てていきたい 育ってほしい。

次男にとって 必要なステップだと 思っている。
未来は暗いのか?[2008年04月11日(Fri)]
ここ1年ほど わたしは
「先天性眼瞼下垂は 完璧には治らない」と 書くようになっている。

それは 
現在の医療の限界なのだが
同時に
現代の医学を過信しがちな私たちが陥りやすい
「手術さえすれば 未来はバラ色」と思いがちな気持ちに
釘をさしておきたい という気持ちからでもある。

手術をしても(完璧には)治らないとわかると
逆に 奈落のそこに落とされる心境の人も いるかもしれない
お先真っ暗な気分になるかもしれない。

でも 行く道はそんなに暗いのだろうか
ちょっとの心構えと 仲間がいれば 
あゆむ道に 光がさすように思う。

・・・と、
人生も折り返しを過ぎた私はそう思えるのだけれど

人生これからの 若者にとっては
苦しい、つらい時期が 一度は訪れるってことも 知っているので
これからは もうちょっとマイルドなことばで エールを送らなきゃ

進む道は 平坦ではないけれど
大丈夫 仲間がいるからね。
家族だって 力になってくれる。
手をつないで 歩き続けよう。
そこに 必ず 光は差すから。
リンク募集中[2008年04月06日(Sun)]
本日、しおりさんのブログを 登録いたしました。

他にも ご自身やお子さんの眼瞼下垂のことをブログに書いている方がいらっしゃるとおもいますが、ご連絡をいただければ リンクします。

私自身ももうちょっとアンテナを張り
眼瞼下垂と向き合う仲間を紹介できればと思っています。

自薦他薦は問いません
お気軽にお申し出くださいませ。
経過を見続ける[2008年03月31日(Mon)]
私自身、皮膚科や耳鼻科などにときどきかかるのだが
症状が気にならなくなると
「次回は2週間後」とか言われても 行かずに済ませてしまうことが多い


息子が手術を受けてからもうすぐ5年が経過する。

うちの子の場合は、視力に問題があるので半年ごとの受診になるが
見た目の問題ならば 1年に一度の受診ということになるのだろう。

問題意識をもたないと
「次回」といわれても 受診せずにスルーしてしまう人も結構いるような気がする。

こと、先天性眼瞼下垂に関しては 
手術で見た目が治った後も 
視力のチェックは忘れないでほしいとおもう。

瞼が上がること イコール 視力の問題がなくなること
では、ないのである。

先天性眼瞼下垂の場合 
同じく生まれつき 眼のレンズにゆがみが生じている場合があって
これは 瞼を上げる手術で軽減することもあるようだが、
手術をしても、あまり変わらないこともわかっていて。

乱視、遠視が強い場合は
これを放置することで弱視になってしまうこともあるのです

まあ、今は3歳児検診で視力を測定しますので矯正すれば 大丈夫なのですが。

先天性眼瞼下垂のお子さんの場合
視機能のチェックは他のお子さんよりもしっかりとなされているはずなのですが
自己判断で通院をやめてしまうことが 万が一にも あってはいけない
と 思うのです。

今日は 雨の中 都内に行ってきて
多少 めんどうだなあと思う部分もあるのですが
やはり 経過を見てゆくことは 大切だと 
改めて感じました。



過干渉[2008年03月19日(Wed)]
今朝の朝日小学生新聞の別刷「朝日おかあさん新聞」には
興味深い記事が掲載されていました。
「あなたは 過干渉になっていませんか?」

この記事は 小学生ママですが
どんな母親にも 当てはまるって思いました。
(臨床心理士の信田さよ子さんのお話です)

全文を掲載したいところですが
特に「そうそう!」と思った部分を抜粋してご紹介いたします。

(以下、抜粋文)


親は子どもによかれと思って世話を焼き、アドバイスをします。子どもに問題が起きると「私が何とかしなくては」と動きます。
子どもは、転んだり、失敗したりしながら「危険を察知する力」や、「リスク回避の方法」をまなんでいきます。それを親が先回りして取り除いてしまうと、子どもの「生きる力」が育ちません。

「子どものために」という思いで、子どもに寄生してしまう親は、
子どもにとって重荷にしかなりません。
ある人は、自分の親のことを「オンブお化け」と表現しました。


(抜粋終わり)

わたしがこれまでしてきたことは
こども自身の成長を 阻害させるものではなかったか?
よかれと思って してきた事に 「やりすぎ」があったんじゃないのか

ちょっと怖くなりましたね。

いつもいうように
眼瞼下垂なのは お母さんではなく こども。
眼瞼下垂と生きてゆくのも おかあさんではなく こども
その子の生きる力を 奪ってはいけない。
でも こどもが求めてきたときには しっかり受け止め 一緒に考え
必要な援助をしてあげたい

つくづく 難しいことだと おもいます。

おかあさん 一緒にがんばりましょうね。
一般書店で眼瞼下垂の本を探す[2008年03月17日(Mon)]
ここしばらく、
いろんな(眼瞼下垂以外の)活動が立て込んでいたのですが
一息つきまして
・・・また4月5月は忙しくなるようなのですが・・・

久しぶりに ふらりとウィンドーショッピングに出ました。

本なども ネットで購入する機会が多いので
そういえば 普通の本屋さんで 眼瞼下垂のことを書いてある本にめぐり合えるのか?
なんて思い立って 探してみました。

専門書のブースに行ってみると
そこには看護学関連の本や雑誌があるのですが
医学書はないのです

まあ、そうだろうな〜と思いつつ
一般向けの家庭医学書のコーナーに移りました。
眼科の棚には本が10冊程度
しかし 瞼のことについて書いてある本はありません

美容についてのコーナーには 形成外科の本は見当たりません

出産、育児コーナーに行って、
「赤ちゃんの病気事典」というような本のうち 2冊に1冊の割合で
かろうじて眼瞼下垂のことが 掲載されていました。
まあ わたしのサイトのほうがよっぱどくわしいな と 思った次第です。

これが現実なのだなあと思いながら
書店を後にしました。

絶版かあ[2008年03月03日(Mon)]
わたしの一押し書籍であった
「眼科診療プラクティス99 眼の形成外科」は
絶版になったらしい。

カテゴリでいえば 雑誌だから しかたないのだが・・・
なんらかの形で再出版されることを 心から願っています。
幼児期手術は 親のため?[2008年03月03日(Mon)]
わが子が先天性眼瞼下垂だと わかったとき

親は 少なからずショックを受けます。

わが子が「見た目」でイヤな思いをするようなことがあったとしたら
親として こんなにつらいことは ないと 
わたしも そう思っていました。

眼瞼下垂の子を持つ親の気持ちも様々です。

数年前までのわたしは
手術をしてくれる病院こそが いい病院
だと おもっていました。
手術をしない方針だと 言われると 
その病院を責める気分にさえなりました。

なので 今 わが子に一日も早く手術を受けさせたい人の気持ちは 
自分のことのように わかります。

幸いにも 
この気持ちを汲んでくれる病院も 全国探せば あります。
そして
そういった病院には 患者が殺到するっていう事実も あります。


今だからそう思うんだけど
幼児期の手術は 親のために行っているんだなあって 思います

見た目を改善することで 
毎日顔を合わすわが子にも より 深い愛情を持つことが出来る
まえよりかわいくなった とか
これで いじめられなくなるかな とか
これで 周囲の目が気にならなくなったな とか思いながら
そういう うれしい気持ちで その後の子育てができる。

親が 手術で 安心感を得るのです。

こんな書き方をすると 
特に眼瞼下垂の当事者にとっては
「親のエゴイズムまるだしだ!」って 不快に思う人もいるかもしれません
でも 
親だって 生身のニンゲンです。
落ち込んだり 自分を責め続けて生きてゆくより
安心して 満足して生活できる道があるならば
それを求めることは 当たり前のことなのです。

どの方法をとっても リスクは負います
そのリスクを しっかり認識していれば いいのでしょう。

たいせつなのは
きもちの面をサポートできる 存在かもしれません。
お母さんにとっては だんなさまや ご両親 友人 など
一緒に考え 悩みを共有できると
お母さん自身の抱える 不安や苛立ち 孤独などが緩和され
いい方向に進むこともできるんじゃないかなあ って 思います。
「待てる手術」を待つ理由・・・[2008年02月26日(Tue)]
こどもの先天性眼瞼下垂について通院してゆく中で
手術を急ぐ必要はない
と 医師にいわれて がっかりする 
・・・わたしは かつて そんな母でした。

早期の手術を受けてくれる病院を探し回り
うちの子は2歳半で手術をしました。


そんなわたしも 今は 逆に 手術を急ぐ母親達に
「手術は、急がない方がいい」と 言っています。
今回は その理由を書きます


生まれてから3歳くらいまでは
こどもは 自分の状況を ほとんど理解することはありません

手術は 
弱視の危険性が高い場合をのぞき
親の希望で 行なう場合が多いです。

手術を決意した場合にも 親には 覚悟が必要で
手術が成功しても 
それは 正面から見たときに 左右差を小さくするものであり
瞼が閉じにくくなったり 下を見下ろすときに手術をしたほうの目が大きく見開かれたり
そういった 随伴症状が残るのです。

そして こういった症状とともに生きてゆくのは おとうさんお母さんではなく
眼瞼下垂の本人である ということを 忘れてはなりません。

当たり前のことを、と思うでしょうが
過去の自分を含めて 
「親の身勝手」が全面に出てしまうケースは 非常に多いのです


(このテーマ 今後も 書いてゆく予定です。 皆さんのご意見も お待ちしています)
管理人の自己紹介

おーばさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/gankenkasui/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/gankenkasui/index2_0.xml