CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
がんけんかすい・おーばの日記
« 眼瞼下垂の治療<手術> | Main | 先天性眼瞼下垂のご家族へ »
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
通りすがり
また 仕切りなおし かな? (05/17)
flake
学校に行きたくない訳 (05/14)
しおり
情報伝達のルール (05/05)
おーば
幼児期手術は 親のため? (05/04)
ひなさち
幼児期手術は 親のため? (05/03)
学校に行きたくない訳[2008年04月14日(Mon)]
月曜の朝、次男が学校に行く支度に時間がかかっている。

いつもは真っ先にかけるめがねをまだしていないので
私が探してあげたら
見つけためがねは フレームが鼻のところで真っ二つにおれていた困った

聞くと昨日の夜やっちまったらしい。
言うと怒られると思っていえなかったらしい。

どっちにしろ 夜に壊したものは今朝間に合うはずもなく
「かけなくても見えるよ」というので
担任には連絡帳で報告して
学校に行くように促すが
まだ モタモタしている。

実はね・・・・と口ごもりながら
次男がやっとその理由を話してくれた

「みんなに目のこと 言われたくないの・・・」

ん〜 そっかあ。
次男は メガネで目の大きさの左右差をカムフラージュできているって
そう思っていたんだね。

乗り越えていってほしい 大きな壁
メガネをこわしてしまったことで
いきなり、その壁に直面してしまった7歳のわが子。

大丈夫だよ!と背中を押して
送りだしたけれど
ちょっと不安は残っている。

母に気兼ねをして 目のことは今まで言えなかったのかな
だとしたら かわいそうなことだったと思う。
でも 今日は言えてよかったと 勇気づけてあげよう。

メガネは新調すればいい。

誰かに何か言われたりすることは、
眼瞼下垂にならなくたって きっと あるんだから。
それに負けないきもちをどうか育てていきたい 育ってほしい。

次男にとって 必要なステップだと 思っている。
管理人の自己紹介

おーばさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/gankenkasui/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/gankenkasui/index2_0.xml