CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
がんけんかすい・おーばの日記
« NPOをつくる意味 | Main | 下垂仲間に会いました »
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
通りすがり
また 仕切りなおし かな? (05/17)
flake
学校に行きたくない訳 (05/14)
しおり
情報伝達のルール (05/05)
おーば
幼児期手術は 親のため? (05/04)
ひなさち
幼児期手術は 親のため? (05/03)
まずは 知ってほしいこと[2007年09月26日(Wed)]
先天性眼瞼下垂という病名をきいたとき
たいていの人は 「???」だったと思います。
そして「どうして?」と 思ったはず。
そして「この病気の原因は いったいなんなの?」「わたしのせいなの?」「あの時の〇〇が原因だったの?」と 自分を責めたりしませんでしたか?
・・・おーばは、そうだった。
そして、同じように自分を責めたお母さんは 多かったようです。

でもね、
お子さんが先天性眼瞼下垂になったのは決してあなたのせいではありません。

確かに、医学的には
何らかの原因があったから 眼瞼下垂の症状が出たのでしょうが
おそらくは お腹の中にいたときに、それもかなり早い段階で運命付けられました。
それを防ぐ手立てはありませんでした。

眼瞼下垂はたしかにつらい疾患ですが、
きちんと治療することで 日常生活における支障はかなり軽減できます。
そして、身近に同じ境遇の人は少ないですが
でも ひとりじゃないです。 仲間はいます。

これから、一緒に 勉強しましょう!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/gankenkasui/archive/4
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
管理人の自己紹介

おーばさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/gankenkasui/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/gankenkasui/index2_0.xml