CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
がんけんかすい・おーばの日記
« 学校に行きたくない訳 | Main | 情報伝達のルール »
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
通りすがり
また 仕切りなおし かな? (05/17)
flake
学校に行きたくない訳 (05/14)
しおり
情報伝達のルール (05/05)
おーば
幼児期手術は 親のため? (05/04)
ひなさち
幼児期手術は 親のため? (05/03)
ガッテンの功罪[2008年04月20日(Sun)]
NHKの人気番組「ためして!ガッテン」に
瞼のたるみが全身の色々なトラブルの元になるという内容のものが放送されて、
その際、
信州大学形成外科の松尾清教授がスタジオ出演していたそうです。

で、 眼瞼下垂という病気(症状)がクローズアップされています。

数年前にも「今日の健康」でこのネタを出しているし
その前にも 何らかのマスコミで 眼瞼下垂をとりあげているので
信州大の形成の外来はそのたびに 予約がとりにくくなっているようです。

ここからは 個人的な意見。

松尾教授の手術の腕は良いと思う。
眼瞼下垂を世に知らしめた功績も大きいし、
その点では 私はこの先生を高く評価しているのです。
が、

眼瞼下垂の治療と
肩こり、頭痛、などを安易にリンクさせて
あたかも 眼瞼下垂の手術さえすればそれらの症状がたちどころに消えるような
そういう切り口は どうなんだろうと思う。

もちろん 見た目に眼瞼下垂がはっきりわかる場合というのがありますから
私は そういう事例はしっかり治療するのがいいと思います。

でも、眼瞼下垂の治療動機が見た目ではなく 肩こり、頭痛の場合は・・・?!

確かに 眼瞼下垂の手術のあとで
それまで過剰にがんばっていた、筋肉や神経の負荷が軽減して
結果的に頭痛が消えたり 肩こりが軽減したり ということもあると思う。
見た目が改善され コンプレックスが解消された場合には
それまでのうつ的な気分が一気に明るくなることだってある。

でも
手術した全員にそういった全身的な効果があるわけではないと思う。
目をいじることに 過剰な期待はしないほうがいい。

だいたい 
ある年齢以降は ほとんどの人に生理的に眼瞼下垂の症状は現れると思う
私も 最近片目が後天性の下垂傾向になっていることに気づいて ややショックだった。
(目を見開くときに、おでこにしわが寄るっていう程度 なんですけどね)

で、いろんなストレスやら 心身の労働なんかで
肩こり、疲れ、頭痛なんかを持病としている人も多いと思う。
 ↑   ↑   ↑
そういう人たちがこぞって 『症状改善のために』後天性眼瞼下垂の治療を受けるとしたら


形成外科や、美容外科は 儲かるだろうなあ。
【眼瞼下垂の治療<手術>の最新記事】
この記事のURL
https://blog.canpan.info/gankenkasui/archive/20
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
管理人の自己紹介

おーばさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/gankenkasui/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/gankenkasui/index2_0.xml