CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

一億人のグリーンパワー 個人支援ブログ

このブログは2008年7月5日より始動する一億人のグリーンパワープロジェクトを個人で支援しようと思ってつくったブログです。
しかし、ただ支援するだけじゃ面白くない。
というわけでこのブログでは
個人で作るフリーゲームなどを利用して支援・応援するといった事をしていきたいと考えています。又、他のエコ活動なども積極的に取り扱って生きたいと思います。
(明治大学ブログ企業論)


プロフィール

原田英之さんの画像
<< 2009年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
原田英之
超初心者向けゲーム (01/13)
nepla
超初心者向けゲーム (01/10)
コクホー庄山
一番心に響いた回答でした (10/16)
高嶋@ベローズ案内人
NHKに取り上げられた社長様の回答をいただきました (10/16)
リンク集
カテゴリアーカイブ
id="aextarnal11368">
一億人のグリーンパワー 初級検定 powerd by けんてーごっこ TADA-Counter
エコプロダクツ2008 IN JTB 旅CO2計測器 [2009年01月12日(Mon)]
エコプロダクツ2008、JTBブースにあった旅で使ってしまったCO2の量を測れる計測器に関しての記事です。


JTBのブースには←のようなマークがブースに張られていました。

計測システムにも同じマークがつけられれていました。













これが計測システムの画面です。

上から順に
鉄道での移動距離、バスでの移動距離、飛行機での移動距離、船舶での移動距離を入力し、旅の日数を入力すると、

一日辺り幾らのCO2を使用したのかがわかります。
又、使ったCO2をオフセットする為に必要なグリーン電力とその電力を金額に直してくれます。
オフセットとは排出してしまったCO2をグリーン電力などのCO2を出さずに蓄えられた電力を買う事でまかなう事です。
人は旅行すれば、移動手段で必ず電力を使用します。その電力は発電に際してCO2を排出しています。
それをグリーン電力でまかなう事でグリーン電力の使用率が増えれば未来にはCO2の排出量を削減できるという考えがグリーン電力が期待視されている理由だと私は思います。


実際に私が試したのは、

まずエコプロダクツの会場に行くまでに使った電力です。
鉄道で往復60kmです。これだと使用CO2は約5kg
オフセットに必要なグリーン電力は14kWh。金額に直すと69円でした。

他には部活の夏合宿で白馬辺りまで行った時の電力消費量も計ってみました。
合宿では往復をバスで往復666km。行きと帰りだけの2日間で計測しました。実際には移動日2日・練習日7日ですが、バスを使用したのは行きと帰りだけなので2日としました。
使用CO2は43kg。必要なグリーン電力は115kWh。金額に直すと572円でした

さらに遠くとして、祖父母の住む大阪まで往復飛行機を使ったときのCO2排出量も測定してみました。
移動距離は飛行機で1104km。移動日は往復の2日間
使用CO2は131kg。必要なグリーン電力は344kWh。金額に直すと1720円でした。

こうやって計測してみると改めて自分が普段どれだけCO2を出して生きているのか実感できました。

CO2を減らせ減らせと息巻くのも必要だろうけどこういう現状を教えてくれるシステムがあると改めて地球に自分達が負担を強いていることを理解できます。
エコプロダクツ2008 IN JTB [2009年01月12日(Mon)]
エコプロダクツ2008で、一億人のグリーンパワートークリレーにも関係者の方が出られていたJTBのブースにも立ち寄ってみました。



ブースには、トークリレーでも関係者の方がおっしゃっていたように八ヶ岳の牧草が敷かれていました。



実際にブースに訪れると、牧草独特のにおいに包まれていました。
つみ放題との事だったのでつんで……いこうかと思いましたが我が家では使い道もなく間違いなく家族に起こられてしまうのであきらめましたが……

他にも、何処かに旅行に行ったときに自分がどれだけのCO2を排出したか計算できるシステムもおいてありました。
私も実際に、何通りか目的地を入れて試して見ました。
その報告記事は此方です。
一億人のグリーンパワー [2008年07月07日(Mon)]
とうとう、12時を過ぎたので

一億人のグリーンパワー始動です。



ゲームは今日中に上げます。
もう少しだけお待ちください。
JMAA@Tシャツアート展 Tシャツ写真集 [2008年07月04日(Fri)]
JMAA@Tシャツアート展で展示されていた私が気に入ったTシャツの写真です。
カンパンブログは一度の記事に5枚までしか載せられないので記事を分けざるをえませんでした。

前の記事は此方

クマー



こんな未来はいやだなぁと思えるTシャツ。
離れ離れになったクマがあわれ・・・・・・


えこかも〜



えこかも?エコですね



そりゃそうじゃ


写真じゃ見えにくいですが『つけてみたい。』の下にそりゃそうじゃって書いてあります。

クマー

クマ第二弾。クーラーの利いた部屋に居るクマ
なんともいえません

Need Green


GreenはNeedです
JMAA@Tシャツアート展 Tシャツ [2008年07月04日(Fri)]


上の写真はJMAA@Tシャツアート展にて私が購入したTシャツです。


実は、このTシャツの絵、Tシャツアートで見かけたのが始めてというわけではないんです。



証拠の写真をお見せします。




この写真は以前お会いした方が書かれた絵です。

これを書かれた方は絵師 冬奇様です。
実は、一億人のグリーンパワーの記者会見の時にお会いして、その絵に引かれ写真を取らせていただいていました。

冬奇様の絵を撮影しながらこれTシャツになるのかな?なったら欲しいな


なんて思ってたら・・・・・

  ありましたよ


価格は3990円。
このTシャツ、久米繊維工業様制作のオーガニックコットンです。

着心地のよさといったらもう普通のTシャツの非ではありません。

なんというかやわらかい

家に居る時はその着心地のよさからついついこのTシャツに手が伸びてしまいます。


そして、この作品。


このTシャツはTシャツアート展会場で名刺交換させていただいた
映像作家・文筆家・東京造形大学映画先行非常勤講師 竹浪明様
が書かれた作品です。

予算的な関係で2着買う事が出来ず泣く泣く諦めた一着の一つです。


その他こんなTシャツもありました。


Tシャツアート展は日本財団ビルでやってます。
地図はこちら
JMAA@Tシャツアート展 飯田徹也様講演会 [2008年07月04日(Fri)]
7月2日にJMAA@Tシャツアート展に行って来ました。

この日、一億人のグリーンパワーの呼びかけ人の一人でもある

環境エネルギー政策研究所 所長 飯田哲也様



の講演がありました。

手ぶれについては余り触れないでください。一眼レフなんて使い慣れてないんです。
何故か家には壊れた初期のデジカメと一眼レフしかないんですorz


実は、このブログの一億人のグリーンパワー支援ゲーム第二弾

らくらくのべるを使用してのサウンドノベル形式ゲームを作ろうという企画にとって大いに影響を受ける内容でした。


と言うより、講演会のお話を伺ってゲームのシナリオがかなり変ってしまいました。

今回のこの講演会で知ることが出来た情報がゲームをより一層面白くする事間違いなし!!


第二弾のゲームは一億人のグリーンパワー開始と時を同じくしてブログで公開します。

なので此処で内容についての感想を書くとゲームのネタバレに・・・・・・



というわけで皆さん飯田様の講演会を聞いてグレードアップしたゲームを待ってください!!


とはいえ、何も語らないのはまずいので私の心に一番印象に残った言葉を一言




「この10年は、地球の運命を決める10年。地球をダメにするもしないも後たった10年しか残されていない」
一億人のグリーンパワー カレンダー [2008年06月22日(Sun)]
さて前々回前回と続いて一億人のグリーンパワーについて説明していきました。

今回は+グリーンについて記者会見で
地球をアイス活動普及推進事務局の理事長を勤められている奥山里絵様から見せていただいたある物について記事を書こうと思います。



撮影の許可もブログへの記載の許可も(口頭ですが)頂きましたので私が取った写真を載せます。


見ればわかるとおり、カレンダーです。
ただのカレンダーじゃありません。なんと立体ぺーパークラフトカレンダーです。

始めは、写真の手前にあるように一枚一枚がばらばらです。
それを自分の手で組み立てて作り上げるカレンダーとなっています。

これを一ヶ月に一回月が替わるごとに組み立てる。
そんな作業の折にふっとエコのことやグリーン電力のことを思い出すきっかけとなれば言いと奥山様はおっしゃっていました。

奥山様のブログ「地球をアイス個人活動日記」にこの立体ペーパークラフトカレンダーの事が詳しく書かれています。
ぜひ見に行ってください。
一億人のグリーンパワー 説明(後編) [2008年06月21日(Sat)]
前回の続き

日本の2014年到達目標のグリーン電力使用率1.63%をどうやって1年で達成するかについて話したいと思います。

因みに1.63%は、電力に換算すると160億kw(キロワット)です。

凄い量だと思われる人も居るかもしれませんが

よく考えてください。

日本人は約1.3億人居ます。

そして、一人が一日に使う電力が約10kWhといわれています。


つまり



日本人全員が毎月1日だけグリーン電力を使えば、

12か月で

1.3(億人)×10(kw)×12(月)=156億kw



つまり目標の160億kwをたった一年でほぼ達成できる計算になります。


本当に1ヶ月に一日10kwもグリーン電力なんか使えんのかよ?

って思っている方


使えますよ!!

方法はいたって簡単。

一億人のグリーンパワーキャンペーンの+グリーンという方法です。


キャンペーンと関連して販売される+グリーン対象商品を購入すると、
販売価格のうち100円から150円がグリーン電力のコスト分として支払われます。

そして、対象商品を買ったらキャンペーンサイトの「+グリーン」をクリック!!

これで10kwhの換算になります。

こうやって+グリーンを蓄積していって、1年間で160億kWhの目標を達成しようというのが
一億人の
グリーンパワーキャンペーン
です。


又、少し一般ではやりにくい方法としてグリーン電力証書システムを使用するというものもあります。
グリーン電力は普通の電力と一緒に流れています。しかし、コストはグリーン電力の法が高いです。
そこで使用する電力の分だけ通常電力とグリーン電力の代金の差額の分お金をだしてグリーン電力証書システムを購入するというやり方がグリーン電力証書システムです。

一億人のグリーンパワー 説明(前編) [2008年06月21日(Sat)]
そもそも、一億人のグリーンパワーって何だ??という人が大半だと思います。

そこで私なりにこの一億人のグリーンパワーについて説明したいと思います。

先ず、シンプルに言うと
この一億人グリーンパワーというものは

「グリーン電力の使用量を増やそう!!」

というものです。

グリーン電力とは
太陽光
風力水力

といった自然の力を借りて発電した電力の事です。

因みに日本のグリーン電力の普及率は・・・・・・

1%切ってます

因みに2014年には1.63%目指しているそうです。
少なっ!!

因みにドイツは昨年12%
そして、2030年には45%をグリーン電力に代えると言っています。

因みにデンマークやイギリスは2020年にはそれぞれ30%、20%と普及率の目標を定めています。


やっぱり日本少ないよね。

実はこのグリーンパワープロジェクトの考えだと1.63%は一年あれば十分達成できるとの事です。

その方法は次の記事で説明します。

次回は此方