CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

一億人のグリーンパワー 個人支援ブログ

このブログは2008年7月5日より始動する一億人のグリーンパワープロジェクトを個人で支援しようと思ってつくったブログです。
しかし、ただ支援するだけじゃ面白くない。
というわけでこのブログでは
個人で作るフリーゲームなどを利用して支援・応援するといった事をしていきたいと考えています。又、他のエコ活動なども積極的に取り扱って生きたいと思います。
(明治大学ブログ企業論)


プロフィール

原田英之さんの画像
<< 2009年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新記事
最新コメント
原田英之
超初心者向けゲーム (01/13)
nepla
超初心者向けゲーム (01/10)
コクホー庄山
一番心に響いた回答でした (10/16)
高嶋@ベローズ案内人
NHKに取り上げられた社長様の回答をいただきました (10/16)
リンク集
カテゴリアーカイブ
id="aextarnal11368">
一億人のグリーンパワー 初級検定 powerd by けんてーごっこ TADA-Counter
マイアース 一人合戦その2 [2008年12月10日(Wed)]
前回の続きです。前の記事はこちら 続きはこちら

ファーストバトルを終えて
青い地球LP:11 赤い地球LP:15


引き続き2ターン目に移ります。



青い地球側は、手札が五枚になるまで山札からカードを引き、新たに

「種/実/葉」というカードと、サポートカード「風呂の残り湯で洗濯」カードを場に出しました。

風呂路残り湯で洗濯カードには、特殊な効果があり、場の地球温暖化カード1枚を選んでその強さをー2することが出来るカードです。

これにより相手の温暖化する地球と攻撃力を同じにし膠着状態に持ち込むことが狙いです。

・・・・・・というより引き当てたカードの中で取れる選択がこれくらいしかなかったというのもありますが・・・



※カード説明
「種/実/葉」
植物は太陽の光と、水と、空気の中の二酸化炭素から栄養分を生み出し、葉や種子、果実を作り出すので「生産者」と呼ばれる。
食物連鎖の土台の部分になり、生き物にとって無くてはならない存在

「風呂の残り湯で洗濯」
みんなが入った後のお風呂のお湯を、そのまま流すのはもったいない!
洗濯用として使ってみよう。毎日お風呂の残り湯を洗濯に使うと1年間で約10kg、二酸化炭素を出す量を減らす事が出来る



膠着状態に持ち込みたい青い地球に対して
赤い地球は、




新たに「台風」カードを場に出して青い地球側の希望を断ち切ってくれました。

新たにカードが場にだされ、赤い地球側の総攻撃力は
温暖化する地球(4)-風呂の残り湯で洗濯(-2)+台風(1)=3となり青い地球はまたしても敗北に終わってしまうのでした


※カード説明
「台風」
海面が温められると、海から蒸発する水蒸気の量が多くなり、台風が起こりやすくなる。今までより強い台風も起こるようになり、とても大きな被害が出る。


このターンのバトル結果

青い地球LP:10 赤い地球LP:15




続いて次のターンでは、


もう一枚「種/実/葉」のカードを出し、
新しいサポートカード「アースウオッチジャパン」を使用。

アースウオッチジャパンの効果は場の生き物カード一枚の強さを+4するカード。
この効果で「種/実/葉」の攻撃力を大幅にアップして戦闘準備を完了させます。

対する赤い地球側は今回はカードの引きが悪かったのか新しい手を打つことは無くそのままバトルへとなだれ込みました。

バトル結果は
青い地球

「種/実/葉」+「アースウオッチジャパン」によって6


赤い地球

温暖化する地球Lv2+台風によって5





最終的に

青い地球LP:10 赤い地球LP:14



そして次のターン



青い地球は現状のまま戦闘準備を終えて、赤い地球の反撃が始まりました。

赤い地球が場に出したカードは「山火事」
このカードは攻撃力は高くありませんが、代わりに能力があります。
場に出したときに場の陸の生き物を1グループ選んで捨て場に置く・・・つまり排除できるカードです。

※カード説明
気温が上がると、森の木がかわいて燃えやすくなる。すると、雷や、焚き火、タバコなどでついた火が燃え広がり、大きな山火事になってしまう

この結果

グループごと取り除かれアースウオッチジャパンカードの効果も意味を成さなくなり青の地球の攻撃力は再び0に戻されました。


青い地球LP:9 赤い地球LP:14


次回に続きます
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント