CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 起業の学校14期 第3講(6/16) | Main | 起業の学校14期 第5講(7/14) »
プロフィール

起業支援ネットさんの画像
リンク集
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
河戸
起業の学校9期 第12講 (01/06)
https://blog.canpan.info/gakko/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/gakko/index2_0.xml
起業の学校14期 第4講(6/30)[2018年09月14日(Fri)]
第14期4日目を行ないました。

いつものように最初は宿題の発表です。
宿題は「未来の状態を予測してくる」でした。

IMG_2098.JPG

さて、この日のテーマは「事業コンセプト」です。
ここまでは、「理念」を中心に、「想い」や「志」や「意志」といったものを整理することに主軸がありましたが、
ここからは、いよいよ起業へ向けた具体的な事業を考えていく時間となります。
このように、事業を考えていく前の準備が長いのも、起業の学校の特徴かもしれませんね。

この日は、事業コンセプトの説明の前に、
事業コンセプトを上手く生かして事業を立ち上げた事例としてNPO法人ママズカフェ(岐阜県多治見市)の事例を勉強しました。

コンセプトは、理念と同じように、ブレると良くないものではありますが、理念とコンセプトは違います。
理念は目指すものですが、コンセプトは「目指す」とは言いません。「統一する」などの言い方をします。
例えば、日本茶カフェがあったとしたら「日本的」なものをコンセプトにしていると思われますが、それは理念とは異なりますね。
ママズカフェの場合は、様々な事業を行なっているわけですが、それらが全て、統一コンセプトから生み出されていることを事例から確認しました。

IMG_2115.JPG

さて、事例を学んだ腕、自分自身の事業におけるコンセプトを、この日は考えていきます。
今まで宿題で出ていた、情報集約系のワークシートとは少し違って、発想系のワークシートを使って取り組みました。

なかなか発想が生まれない苦しみもありつつ(^^;)、時間いっぱい悩んでもらいました。

この日の最後は、事業コンセプトのワークシートがまだ完成してない人はその完成と、自分の起業においてさんこうになりそうな事例を調べてくることが、宿題で出ました。

この記事のURL
https://blog.canpan.info/gakko/archive/181
コメントする
コメント