CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 起業の学校第13期 前期修了式(9/30) | Main | 起業の学校第13期 後期第2講(11/18) »
プロフィール

起業支援ネットさんの画像
リンク集
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
河戸
起業の学校9期 第12講 (01/06)
https://blog.canpan.info/gakko/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/gakko/index2_0.xml
起業の学校第13期 後期第1講(10/21)[2018年01月12日(Fri)]
戸上です。

いよいよ後期課程がスタートしました。
後期課程は、起業へ向けた実践編です。
前期は、どちらかというと、事業計画を作るためのノウハウを座学で学ぶ、という感じでしたが、後期は、まず行動です。行動計画を作ってみて、自分で実際に動いてみて、その結果を1ヶ月後に持ち寄り、また計画を練り直して、動き直す、ということの繰り返しをしていきます。

この日は後期初日なので、行動計画を作るのが主題になります。
でもその前に、いきなり「行動計画作って、行動してみなさい」と言われても、困る人が居るかもしれません(ここで困らない人は、主体的に動ける人なので、もう自分で自由に行動計画を作ってみればいい)。

そんな困る人向けに、テストマーケティングの方法を簡単にお伝えしました。
「実際に商品・サービスはまだ無いけれども、もしこんな商品があったらどう?」などと言ったことを、人に聞いて答えれもらうものです。

起業の学校に入る人の中には、人がいいのか、「こんな値段で売っては申し訳ない」とか思う人もいます(^^;)。でも、買う側からすると「こんな商品だったら、これぐらい出しても惜しくない!」という人がいるかもしれません。
また逆のこともありますね。自分は「すごいいい商品だから、これくらいでも買う人はいるはず」と高値をつけても、実際のユーザーには手が出なかったり、とか。

IMG_1429.JPG

そんな、自分の思い込みと市場感覚がずれないようにするために、テストマーケティングはとても有効です。あと、単純に「いくらで売ったらいいかわからない」という悩みもよく聞きますが、そんな時もテストマーケティングをしてみれば良いのです。

ということで、テストマーケティングを、行動計画に盛り込むかどうかは、受講生一人一人に任せるとして、最後に行動計画を作ってみて、この日は終了となりました。

さて、1ヶ月後、どこまでできているでしょうか(^^)



この記事のURL
https://blog.canpan.info/gakko/archive/171
コメントする
コメント