CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 学会長からの挨拶 | Main | 組織概要»
NRCS_rogo.jpg

TOP
○学会概要
 ├ご案内
 ├学会長挨拶
 └組織概要
入会案内
○学会誌
 「自然環境復元研究」
 ├最新巻のご案内
 ├
投稿について
 └バックナンバー
○全国大会(研究発表会)
 ├大会案内
 ├若手発表・一般講演 募集
 └過去の大会案内
○お知らせ
 ├事務局からのお知らせ
 ├会員からのお知らせ
 ├日本学術会議からのお知らせ
 └その他
検索
検索語句
最新記事
リンク集
自然環境復元研究 第11巻 第1号 [2020年08月20日(Thu)]
最新刊のお知らせ

自然環境復元研究11巻2 0001.jpg




自然環境復元研究 第11巻 第 1 号 (2020. 7)

Journal of Nature Restoration and Conservation Vol. 11, No. 1



目 次 CONTENTS


■巻頭言


国連サミットで採択されたSDGsと自然環境 ……………………… 野澤 日出夫 1

Hideo NOZAWA: Sustainable Development Goals (SDGs) adopted at the UN Summit and the natural environment


■原著論文


Original Articles 農用林落葉を有機資材として冬季湛水田へ施用する伝統農法の持つ炭素の放出抑制効果

………………………逢沢 峰昭・乾 友恵・大澤 和敏・池田 廉・平井 英明・大久保 達弘 5

Mineaki AIZAWA, Tomoe INUI, Kazutoshi OSAWA, Ren IKEDA, Hideaki HIRAI and Tatsuhiro OHKUBO: Inhibiting effect of a traditional farming system on carbon emission from soils: utilizing fallen leaves as organic material from farm forests in rice paddies flooded during winter



造園・ランドスケープを学ぶ学生の生活環境の違いと景観に対する評価の関係

………………………杉浦 総一郎・石塚 昇路 27

Souichirou SUGIURA and Shoji ISHIZUKA: Relationship between different living environment and landscape evaluation of two groups of students who study landscape architecture



急傾斜切土のり面に造成された広葉樹人工林における植栽基盤の性質と根系発達の特徴

………………………小木曽晴信・矢ケ崎朋樹 39

Harunobu OGISO and Tomoki YAGASAKI: Properties of planting base and characteristics of root systems development at the artificial broad-leaved forest created on the cut steep slope



■調査研究報告 Research Report


環境保全林の成長と防火機能に関する実験研究 ………………………林 寿則・尾ア 光彦 51

Hisanori HAYASHI and Mitsuhiko OZAKI: Experimental study on growth behavior and fire-preventive function of environmental protection forests




学会活動報告 ……………………………………………………………………………………… 68

学会会則 …………………………………………………………………………………………… 69

投稿規定 …………………………………………………………………………………………… 71

_____________________________________________________

自然環境復元学会Nature Restoration and Conservation Society, Japan
Posted by 自然環境復元学会事務局 at 10:46 | 学会誌「自然環境復元研究」 | この記事のURL
自然環境復元研究 第10巻 第1号 [2019年10月30日(Wed)]

自然環境復元研究10巻 A4 表紙0001.jpg

自然環境復元研究 第10巻 第1号 ( 2019. 3)
Journal of Nature Restoration and Conservation Vol.10, No. 1

■発行日:2019年3 月
■発行:自然環境復元学会


■巻頭言 Foreword

自然環境復元との出会い・杉山惠一先生の教え ………………………吉川宏一 1
Kouichi KIKKAWA: Encounter with natural environment restoration and teaching from Professor Sugiyama



■原著論文 Original Articles

腐植物質の起源による鉄イオン輸送能の違いについて………鈴木秋里・佐々木剛 3
Akisato SUZUKI and Tsuyoshi SASAKI:Difference in iron transport capacity depending on the source ofhumic substances



■調査研究報告 Research Report

岩手県八幡平市の安比高原における馬の放牧によるシバ草原の回復効果
………菅野洋・斎藤文明・渋谷晃太郎・岡田真秀・木村啓 15
Hiroshi KANNO,Humiaki SAITO,Kotaro SHIBUYA,Maho OKADA and Hiroshi KIMURA:Effect ofgrazing ofhorses on the regeneration ofa Zoysia japonica grassland at Appi Kogen in Hachimantai,Iwate Prefecture, Japan


植栽後14年が経過した公園管理下にある常緑広葉樹人工林の発達状況
…………………小木曽晴信・矢ケ崎朋樹 23
Harunobu OGISO and Tomoki YAGASAKI: Vegetation development of14-year-old artificial evergreen broad-leaved forests under park management



■技術・実践情報 Technical and Practical Report

バングラデシュ・ シュンドルボン (The Sundarbans) におけるマングローブの保全をテーマと した地域住民の体験型スタディツアーの有効性に関する考察
……………………………………佐藤秀樹 33
Hideki SATO:Consideration on effectiveness of the experience-based study tour among local people regarding the topic on mangrove ecosystem conservation in the Sundarbans,Bangladesh



学会活動報告 ……………………………………………………………………………………… 41
学会会則 …………………………………………………………………………………………… 49
投稿規定 …………………………………………………………………………………………… 51
_____________________________________________________
自然環境復元学会Nature Restoration and Conservation Society, Japan
Posted by 自然環境復元学会事務局 at 18:08 | 学会誌「自然環境復元研究」 | この記事のURL
学会誌『自然環境復元研究』のご案内 [2019年10月22日(Tue)]
自然環境復元学会で発刊している学会誌をご紹介します。

『自然環境復元研究』 


  • 第11巻 第1号 2020年7月発行 

  • 第10巻 第1号 2019年3月発行 

  • 第9巻 第1号 2017年11月発行 頒布価格 3,000円

  • 第8巻 第1号 2016年10月発行 頒布価格 3,000円

  • 第7巻 第1号 2015年6月発行 頒布価格 3,000円

  • 第6巻 第1号 2013年12月発行 頒布価格 3,000円

  • 第5巻 第1号 2011年11月発行 頒布価格 3,000円

  • 第4巻   2008年5月発行 <残部無し>

  • 第3巻 第1号 2007年4月発行 頒布価格 1,800円<残部僅少>

  • 第2巻 第1号 2004年8月発行 頒布価格 1,700円<残部僅少>

  • 第1巻 第1号 2003年4月発行 頒布価格 1,500円<残部僅少>




  • バックナンバーの購入をご希望の方は、事務局までご連絡ください。
    【問合せ先】
    自然環境復元学会
    ◇E-mail fukugen.gakkai★gmail.com(★を@に変換してお送りください)
    Posted by 自然環境復元学会事務局 at 16:29 | 学会誌「自然環境復元研究」 | この記事のURL
    自然環境復元研究 第9巻 第1号 [2017年11月21日(Tue)]
    gakkaishi_9hyoushi.jpg


    自然環境復元研究 第9 巻 第1号 ( 2017. 11)
    Journal of Nature Restoration and Conservation Vol.9, No. 1

    ■発行日:2017 年11 月20 日
    ■発行:自然環境復元学会
    ■頒布価格:¥3,000円 在庫限度以内


    ■巻頭言 Foreword

    生物多様性の高い樹木緑化の問題点と解決法 ……………………………… 岡村俊邦  1
    Toshikuni OKAMURA: Problem and solution of revegetation by tree planting for
    biodiversity conservation


    ■原著論文 Original Articles

    内モンゴル自治区における消費者世帯属性別にみた牛乳購買選択行動
    ―ホルチン地域マンハン町の牛乳購入意識調査をもとに― …………………………………
    白 玉香・藤巻碧海・米倉佑亮・秋庭はるみ・太田 海・石橋健一・松田裕之 3
    Yuxiang BAI, Aomi FUJIMAKI, Yusuke YONEKURA, Harumi AKIBA,
    Umika OHTA, Kenichi ISHIBASHI and Hiroyuki MATSUDA: House attitude
    dependence in consumer preference on the dairy products in Inner Mongolia
    Autonomous Region: Based on the result of milk purchase opinion poll in Horqin
    Manhan Town

    武蔵野台地における防風樹林の発達史―歴史資料を用いた津田塾大学・
    小平校地の分析事例 ……………………………………………… 矢ケ崎朋樹・原田 洋 17
    Tomoki YAGASAKI and Hiroshi HARADA: Developmental history of windbreak
    forests on the Musashino Upland: A case study of the Kodaira Campus, Tsuda
    University, using historical resources and archives


    ■調査研究報告 Research Report

    山口県虹ケ浜における海浜植物群落の成帯構造とその保全 … 岡 浩平・上田 優介 27
    Kohei OKA and Yusuke UEDA: Conservation and zonation of coastal sand dune
    plant communities in Nijigahama, Yamaguchi Prefecture, Japan


    ■技術・実践情報 Technical and Practical Report

    第4次尾瀬総合学術調査の展望 ………………………………… 鈴木 邦雄・蛭間 啓 35
    Kunio SUZUKI and Akira HIRUMA: Outline of the 4th Oze Scientific Research
    Project


    学会活動報告 ……………………………………………………………………………………… 41
    学会会則 …………………………………………………………………………………………… 47
    投稿規定 …………………………………………………………………………………………… 49
    _____________________________________________________
    自然環境復元学会Nature Restoration and Conservation Society, Japan
    Posted by 自然環境復元学会事務局 at 16:51 | 学会誌「自然環境復元研究」 | この記事のURL
    自然環境復元研究 第8巻 第1号 [2016年11月30日(Wed)]
    学会誌第8巻

    自然環境復元研究 Journal of Nature Restoration and Conservation Vol.8, No .1

    ■発行日:2016年10月
    ■発行:自然環境復元学会
    ■頒布価格:¥3,000円 在庫限度以内

    <目次CONTENTS>


    ■巻頭言 Foreword

    震災復興と景観再生・・・・・・・・・・原 慶太郎 1
    Keitarou HARA: Earthquake disaster reconstruction and landscape ecological
    restoration

    ■総説 Review

    日本のユネスコ世界遺産と生物圏保存地域での自然保護区管理
    一新たな地域保全に向けた取り組み一・・・・・・・・・・池谷 透 3
    Tohru IKEYA: Activities for Japanese conservation area as the UNESCO World
    Natural Heritages and Biosphere Reserves: Towards participatory approach by
    local communities: A review


    ■原著論文 Original Articles

    八ヶ岳山地南東麓におけるこホンジ力の不嗜好性樹種ミズナラの樹皮剥ぎと
    立地環境・・・・・・・・・・ 川瀬 彩・持田幸良 23
    Aya KAWASE and Yukira MOCHIDA: Bark stripping of oak (Quercus crispula
    Blume) by sika deer in relation to locational factors in Yatsugatake Mountains
    southeast foot, central Japan


    瀬戸内海の倉橋島における塩生植物シチメンソウの
    生育環境特性・・・・・・・・・・岡 浩平・重松翔太・戎谷 遵 33
    Kohei OKA, Shota SHIGEMATSU and Jun EBITSUTANI: Habitat for Suaeda
    japonica on Kurahashi Island in the Seto Inland Sea



    ■調査研究報告 Research Report

    幼苗植栽技術で創出した樹林における自然間引き
    一長野県上田市日置電機緑地の植栽後27年目の事例一・・・・吉野知明・武田 進 43
    Tomoaki YOSHINO and Susumu TAKEDA: Decreased density from self-thinning
    in a 27-year-old stand after a“seedling dense planting”: The case of the HIOKI E.E.
    CORPORATION, Ueda City, Nagano Prefecture

    ■技術・実践情報 Technical and Practical Report

    フォーラム2015 自然と歴史から考える里浜の未来
    一自然のめぐみを最大化する‘里浜復興シナリオ’創出− ・・・・平吹喜彦 51
    Yoshihiko HIRABUKI: Forum 2015 on the future-oriented reconstruction of
    Satohama after the 2011 Great East Japan Earthquake/Tsunami: Nature, history
    and ecosystem services



    学会活動報告・・・・・・・・・・ 57
    学会会則 ・・・・・・・・・・63
    投稿規定 ・・・・・・・・・・ 65


    _____________________________________________________
    自然環境復元学会Nature Restoration and Conservation Society, Japan
    Posted by 自然環境復元学会事務局 at 17:00 | 学会誌「自然環境復元研究」 | この記事のURL
    自然環境復元研究 第7巻 第1号 [2015年07月29日(Wed)]
    gakkaishi_7hyoshi.jpg

    自然環境復元研究 第7巻 第1号(2015.6)
    Journal of Nature Restoration and Conservation Vol.7, No.1

    ■発行日:2015年6月
    ■発行:自然環境復元学会
    ■頒布価格:¥3,000円 在庫限度以内

    目  次 CONTENTS

    巻頭言Foreword
    半自然草原の生物多様性と保全 ・・・・・・・・・・・・・・・・・立川周二 
    Shuji TACHIKAWA: Biodiversity of the Semi-natural Grassland and its Conservation

    原著論文Original Article
    野生動物管理における管理区域間移動の効果:行列モデルを用いた北海道エゾシカ(Cervus nippon yezoensis)保護管理計画の解析 ・・・・・・・・・・・・・・・・・井嶋浩貴・藤巻碧海・太田海香・横溝裕行・山村光司・宇野裕之・松田裕之
    Hirotaka IJIMA, Aomi FUJIMAKI, Umika OHTA, Hiroyuki YOKOMIZO, Kohji YAMAMURA, Hiroyuki UNO, Hiroyuki MATSUDA: The effect of trans-boundary migration on the wildlife management: Analysis of conservation and management plan for Sika deer (Cervus nippon yezoensis) in
    Hokkaido, Japan using a matrix population model

    調査研究報告Research Report
    高精度レーザー計測システム「SAKURA」を用いたマングローブ林特性の再現性検証 ―奄美大島住用川の例― ・・・・・・・・・・・真壁さくら・宮城豊彦・大丸裕武・宇野女草太
    Sakura MAKABE, Toyohiko MIYAGI, Hiromu DAIMARU and Sohta UNOME: Clarification of the
    reflectivity of extra high resolution laser data by SAKURA system in Mangrove habitat, Amami Island, Japan

    研究報告 Short Communication
    生態系保全におけるVortexの可能性について  ・・・・・冨澤奏子・鈴木邦雄
    Kanako TOMISAWA and Kunio SUZUKI: The Possibility of using Vortex for Ecosystem
    Conservation

    高水敷に繁茂するネズミムギの抑制対策としての在来植生導入の有効性−愛知県青木川での事例−  ・・・・・・・・・・・・・・・吉野知明・佐々木伸治
    Tomoaki YOSHINO and Shinji SASAKI: Effectiveness of measures to restrain Lolium multiflorumgrowing on high water bed by introduction of native vegetation. Aoki River case, Aichi
    Prefecture


    学会活動報告  
    学会会則   
    投稿規定   
    Posted by 自然環境復元学会事務局 at 20:30 | 学会誌「自然環境復元研究」 | この記事のURL
    自然環境復元研究 第6巻 第1号 [2014年07月18日(Fri)]
    学会誌第6巻

    自然環境復元研究 第6巻 第1号(2013.12)
    Journal of Nature Restoration and Conservation Vol.6, No.1

    ■発行日:2013年12月
    ■発行:自然環境復元学会
    ■頒布価格:¥3,000円 在庫限度以内

    目  次 CONTENTS

    巻頭言
    自然環境復元を「ひと・地域」視点で考える ・・・・・・・・ 千賀裕太郎

    提 案
    在来種による混交林造成法を用いた津波防潮林の提案・・・・・・・・岡村俊邦・吉井厚志・椎野亜紀夫・佐々木勝男・木内伸洋

    原著論
    鉄イオン溶出体によるヘドロ底泥中の揮発性硫黄化合物除去・・・・・佐々木剛・杉本幹生

    短 報
    絶滅危惧植物チチブイワザクラの保全;繁殖生態学的側面から・・・・・・・・山本将也・安井万奈・瀬戸口浩彰・倉田薫子

    調査研究報告
    「イオンふるさとの森づくり」により創出された樹林の二酸化炭素吸収固定量の試算 ・・・・・・・・・・・・・・吉野知明・宮内大策・藤原一繪・木下順次 

    特集 Special Issue 東日本大震災による砂浜海岸エコトーンの破壊と初期再生

    特集にあたって: 自然環境復元の基盤情報を提供する海岸エコトーンモニタリング・・・・・・・・平吹喜彦

    原著論文
    SPOT衛星データを用いた仙台沿岸域における震災前後の景観変化の解析・・・・・趙 憶・富田瑞樹・原慶太郎

    原著論文
    海岸林の津波撹乱跡地における生物的遺産の分布と堆砂状況・・・・・富田瑞樹 ・平吹喜彦 ・菅野 洋 ・原慶太郎

    調査研究報告
    よみがえった昆虫たち−南蒲生/砂浜海岸エコトーンモニタリングサイトの800日− ・・・・・五十嵐由里・斎藤勝雄・高橋雄一 

    追悼文
    杉山恵一先生のご逝去を悼む・・・・・・・・・・・・・・・鈴木邦雄

    学会活動報告
    学会会則
    投稿規定
    Posted by 自然環境復元学会事務局 at 13:01 | 学会誌「自然環境復元研究」 | この記事のURL
    自然環境復元研究 第5巻 第1号 [2012年04月26日(Thu)]
    自然環境復元研究 Journal of Nature Restoration and Conservation Vol.5, No .1

    ■発行日:2011年11月22日
    ■発行:自然環境復元学会
    ■定価:¥3,000 送料¥200
    ※送料につきましては、事務局までお問い合わせください。


    <目次CONTENTS>


    ■巻頭言 Prefatory note
    東日本大震災と自然環境復元   鈴木邦雄(学会長)
    Kunio Suzuki: The Great Earthquake Disaster and its Natural Restoration

    ■原著論文Original Articles

    1.寒冷地における原生的な河畔林の姿とその再生法   
    岡村俊邦・佐々木祐司・杉山 裕・佐々木勝男・・・・・・・・・・1
    Toshikuni Okamura, Yuji Sasaki, Yutaka Sugiyama and Katsuo Sasaki: The Cold Region Primary Riparian Forests Structure and its Artificial Revegetation Method

    2.モウソウチクの放置竹林における下層植生の減少の要因   
    重岡廣男・石井秀和・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
    Hiroo Shigeoka and Hidekazu Ishii: Factors Influencing the Reduction of the Understory Population in a Neglected Moso Bamboo (Phyllostachys heterocycla) Forest

    3.カンボジア・トンレサップ湖氾濫原の野焼き跡地への侵略的外来低木Mimosa pigraの侵入
    荒木祐二・平吹喜彦・ドゥング ポゥキィ・塚脇真二・富田瑞樹・
    鈴木邦雄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20
    Yuji Araki, Yoshihiko Hirabuki, Powkhy Dourng, Shinji Tsukawaki, Mizuki Tomita and Kunio Suzuki: Recruitment of Mimosa pigra, an Invasive Alien Shrub, into the Burnt Site of Lake Tonle Sap Floodplain, Cambodia

    ■短報 Short Communication

    4.河川の環境学習における手網による魚類採集の有効性の検討   
    西田一也・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30
    Kazuya Nishida: Study on the Effectiveness of Capturing Fish using Hand Nets during Environmental Learning about Rivers

    ■調査・研究報告 Report

    5.“暮らしやすさ”と農山漁村地域に対する学生の意識に関する研究   
    四方紅美代・河口秀樹・・・・・・・・・・・・・・・・35
    Kumiyo Shikata and Hideki Kawaguchi: A Study of Student's Perspectives on “Livability” and Rural Areas

    ■技術・実績情報 Technical Note & Case Study

    6.環境人材育成・海外研修プログラムの試み:タイ国ソンクラ大学との連携事例をふまえて
    大野勝弘・鈴木邦雄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・42
    Katsuhiro Ono and Kunio Suzuki: A Case Study of the Environmental Leaders Training Program with the Prince of Songkla University, Thailand


    _____________________________________________________
    自然環境復元学会Nature Restoration and Conservation Society, Japan

    ※2012年4月26日最新版
    <お知らせ>学会誌目次訂正について [2012年04月03日(Tue)]

    学会誌Vol.5, No.1 の目次に誤りがございました。
    正しい目次は以下のPDFをダウンロードをお願いいたします。

    学会誌Vol.5, No.1目次 (PDFが開きます)

    大変失礼いたしました。

    ※2012年4月26日に最新版をアップしました。


    自然環境復元研究 第4巻 [2012年03月28日(Wed)]
    自然環境復元研究 第4巻


    発行日:2008年5月30日
    編集:自然環境復元学会
    発行:NPO法人自然環境復元協会
    定価:¥2,000 送料¥200
    <残部無し>

    ―― 目  次 ――

    ■巻 頭 言
    食料自給率向上と農村自然環境復元    中川昭一郎 P1

    ■寄  稿
    清渓川(チョンゲチョン)復元・見学記 杉山惠一 P3
      
    ■原著論文
    1. 島根県大橋川に生息する湿性植物オオクグ
    (Carex rugulosa Kükenth)の保全生態学的研究   國井秀伸 P7
    2. 耕作水田におけるカエル類の分布の特徴  
    ―青森県十和田市を事例として―   渡辺一哉、嶋 栄吉、堤  聰 P15
    3. 湛水した休耕田における魚類の繁殖および生育について
    ―東京都国立市府中用水の受益水田を対象として― 皆川明子、西田一也、千賀裕太郎 P23
    4. 農業水路に設置される堰が水路環境および魚類の生息に与える影響
    ―東京都日野市を流れる向島用水を事例として―     西田一也、藤井千晴、千賀裕太郎 P33
    5. アツモリソウの種子発芽による苗の育成に関する研究
    小山田智彰、平塚 明、間山秀信 P43
    6. 「佐渡めぐり移動談義所」によるトキとの共生に向けた社会環境整備の推進に関する研究
    豊田光世、山田潤史、桑子敏雄 P51
    7. 流域の環境コミュニケーション成立のための共生技術網私案
    ―陸水循環圏における細粒土砂、シリカ欠損、硫化水素障害の対応技術について―              井上祥一郎 P61
    8. 強度間伐によるヒノキ林の環境改善の検証    山田辰美、杉野孝雄、関川文俊 P81

    ■総  説
    9. 汽水域の自然再生に向けて
    ―東京湾を例にした現状と期待―      古川恵太 P85

    ■事例研究
    10. 青森県の田代湿原における水文水質の特徴と湿原保全   嶋 栄吉、渡辺一哉 P89
    11. 横浜市沿岸汽水域における自然再生に関る市民活動の歴史      木村 尚 P95
    12. 沖縄・石垣島の赤土流出抑制対策の必要性と自然共生型流域経営   松下 潤、安谷屋隆司、入嵩西正治 P105

    ■短  報
    13. イバラトミヨ保全池における営巣数の推定           神宮字 寛、竹村武士 P113


    ■技術・調査報告
    14. 擬岩魚道における稚アユの遡上効果  関谷明、宮田司、木村成利、岩佐隆広     P117
    15. 多摩川河口の泥質干潟の生物分布と生息場の変動特性   玉上和範、五味美智男 P121

    ■研究ノート
    16. 物質循環からみた自然再生の意義
    ―生物を介した栄養循環と人の健康に着目して―    小杉山晃 P127

    17. 奇跡の惑星TERRA1からの警鐘
    ―気候変動(地球温暖化2)とは―       黒田知幸 P135

    ■シンポジウム報告
    全国学校ビオトープシンポジウムin神戸からの報告「環境再生医」   赤尾整志 P145

    ■書  評
    自然再生への挑戦−応用生体工学の視点から    橘 隆一 P147

    イベント報告――「第7回自然環境復元研究発表会」P148
    平成19年度「環境再生医」資格検定実施報告 P149

                            以上

    | 次へ