CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 学会案内 | Main | 学会誌「自然環境復元研究」»
NRCS_rogo.jpg

TOP
○学会概要
 ├ご案内
 ├学会長挨拶
 └組織概要
入会案内
○学会誌
 「自然環境復元研究」
 ├最新巻のご案内
 ├
投稿について
 └バックナンバー
○全国大会(研究発表会)
 ├大会案内
 ├若手発表・一般講演 募集
 └過去の大会案内
○お知らせ
 ├事務局からのお知らせ
 ├会員からのお知らせ
 ├日本学術会議からのお知らせ
 └その他
検索
検索語句
最新記事
リンク集
ごあいさつ [2012年02月15日(Wed)]
 自然環境復元学会は、前身となる研究会から20年の歴史をもち、最近10年だけでも、研究発表会を10回開催し、学会誌は第4巻まで刊行するなどのアカデミックな実績を残してきました。これらの業績は、自然環境復元協会の行っている「環境再生医」の講習・資格検定や出版物の監修、環境再生・学校ピオトープの企画・指導などの活動において、事業の学術的な権威や信頼性を高めてきました。
 こうした活動の積み重ねにより近年、各大学の教授方や若手研究者たちをネットワークする受け皿としてもこの学会の機能強化が求められており、これに応じて、当学会は協会から独立した組織体勢を確立することとなりました。協会は活動の拠点として市民各層・産業各分野の支持を拡大し、当学会は学術機関として、大学・研究機関・行政の参加を広げ、車の両輪がごとく協力し合いながら、社会へより大きな貢献をと展望しております。
 今後、当学会は、広がりゆく社会の要請に応え、「環境再生」に関する総合的専門学会として、環境分野における連携の軸となる開かれた学術機関へと発展させたいと考えております。学術研究者の皆様、そして明日の環境を考える実践活動者や産業実務者などの皆様のご参画を心より熱望いたします。



自然環境復元学会 会長  鈴木邦雄
横浜国立大学名誉教授・前学長