• もっと見る
«自然環境復元学会会則 | Main | 第19回全国大会(研究発表会)のご案内»
NRCS_rogo.jpg

TOP
○学会概要
 ├ご案内
 ├学会長挨拶
 └組織概要
入会案内・その他手続き
○学会誌
 「自然環境復元研究」
 ├最新巻のご案内
 ├
投稿について
 └バックナンバー
○全国大会(研究発表会)
 ├大会案内
 ├若手発表・一般講演 募集
 └過去の大会案内
○お知らせ
 ├事務局からのお知らせ
 ├会員からのお知らせ
 ├日本学術会議からのお知らせ
 └その他
検索
検索語句
最新記事
リンク集
地域の自然と歴史に学ぶ里浜復興研究会『遠州灘フォーラム』のお知らせ [2018年05月12日(Sat)]

フォーラム 自然と歴史を活かした防災・減災

―東日本大震災の学びを備える側と共有する―


趣 旨:東日本大震災後に立ち上がった「地域の自然と歴史に学ぶ里浜復興研究会」では、仙台湾沿岸の被災地を対象として、「自然と歴史を活かした防災・減災」をテーマに研究や地域活動を進めてきました。このフォーラムでは、大地震・大津波を経験した側と備える側の情報交換をとおして、社会的課題である防災・減災対策の社会実装のために、どのような視点や仕組みが必要なのかを導きだし、その智慧を両者で共有するとともに、ほかの地域や次の世代へつなげたいと思います。


月 日:2018525日(金) 13:3017:00


会 場:浜松市白脇協働センター・ホール(定員150人)

    静岡県浜松市南区寺脇町241 Tel: 053-441-8088

    http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/maps/m-sirawaki_sc.html


次 第: 

  13:00 開 場

  13:30  開 会

13:35-13:50趣旨説明

企画の意図―自然と歴史を活かした防災・減災―

         原慶太郎(東京情報大学・地域の自然と歴史に学ぶ里浜復興研究会)

13:50-15:00 講 演

仙台湾沿岸域における東日本大震災後の防災・減災の取り組み

平吹喜彦(東北学院大学・地域の自然と歴史に学ぶ里浜復興研究会)

静岡県における“ふじのくに森の防潮堤づくり”について

塩澤靖弘(静岡県中遠農林事務所)

猿田けい(静岡県農林技術研究所森林・林業研究センター)

  15:00-15:10 休 憩

  15:10-16:10 講 演

歴史に学ぶ防災・減災

         仙台湾岸と駿河湾・遠州灘の海岸林を例に

菊池慶子(東北学院大学・地域の自然と歴史に学ぶ里浜復興研究会)

遠州灘における高潮津波被害と浅羽大囲堤・命山

  杉山侑暉(袋井市歴史文化館)

   16:10-16:45   総合討論

    モデレータ 岡浩平(広島工業大学・地域の自然と歴史に学ぶ里浜復興研究会

    16:45-16:55   総 評

           吉ア真司(東京都市大学副学長・日本緑化工学会副会長)

17:00  閉 会


主 催:地域の自然と歴史に学ぶ里浜復興研究会(代表 原慶太郎

後 援:日本海岸林学会,植生学会,日本景観生態学会,自然環境復元学会,

日本緑化工学会海岸林・沿岸域緑化研究部会,日本生態学会生態系管理委員会

協 力:東北学院大学(予定),東京情報大学,海岸侵食災害を考える会,南蒲生/砂浜海岸

エコトーンモニタリングネットワーク,生態系サービスの享受を最大化する‘里浜

復興シナリオ’創出プロジェクト


このフォーラムは、「公益財団法人日本生命財団 平成29年度環境問題研究助成(学際的総合研究)」の助成を受けて実施するものである。


問合先:

地域の自然と歴史に学ぶ里浜復興研究会 事務局

(東京情報大学環境情報研究室 富田 email: tomita@rsch.tuis.ac.jp


フォーラムWebページ: 

https://negis.tuis.ac.jp/ngw/250/252

Posted by 自然環境復元学会事務局 at 23:20 | 事務局からのお知らせ | この記事のURL