CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«自然環境復元学会 平成26(2014)年度総会のご報告 | Main | 日本学術会議 協力学術研究団体への登録»
NRCS_rogo.jpg

TOP
○学会概要
 ├ご案内
 ├学会長挨拶
 └組織概要
入会案内
○学会誌
 「自然環境復元研究」
 ├最新巻のご案内
 ├
投稿について
 └バックナンバー
○全国大会(研究発表会)
 ├大会案内
 ├若手発表・一般講演 募集
 └過去の大会案内
○お知らせ
 ├事務局からのお知らせ
 ├会員からのお知らせ
 ├日本学術会議からのお知らせ
 └その他
検索
検索語句
最新記事
リンク集
自然環境復元研究 第7巻 第1号 [2015年07月29日(Wed)]
gakkaishi_7hyoshi.jpg

自然環境復元研究 第7巻 第1号(2015.6)
Journal of Nature Restoration and Conservation Vol.7, No.1

■発行日:2015年6月
■発行:自然環境復元学会
■頒布価格:¥3,000円 在庫限度以内

目  次 CONTENTS

巻頭言Foreword
半自然草原の生物多様性と保全 ・・・・・・・・・・・・・・・・・立川周二 
Shuji TACHIKAWA: Biodiversity of the Semi-natural Grassland and its Conservation

原著論文Original Article
野生動物管理における管理区域間移動の効果:行列モデルを用いた北海道エゾシカ(Cervus nippon yezoensis)保護管理計画の解析 ・・・・・・・・・・・・・・・・・井嶋浩貴・藤巻碧海・太田海香・横溝裕行・山村光司・宇野裕之・松田裕之
Hirotaka IJIMA, Aomi FUJIMAKI, Umika OHTA, Hiroyuki YOKOMIZO, Kohji YAMAMURA, Hiroyuki UNO, Hiroyuki MATSUDA: The effect of trans-boundary migration on the wildlife management: Analysis of conservation and management plan for Sika deer (Cervus nippon yezoensis) in
Hokkaido, Japan using a matrix population model

調査研究報告Research Report
高精度レーザー計測システム「SAKURA」を用いたマングローブ林特性の再現性検証 ―奄美大島住用川の例― ・・・・・・・・・・・真壁さくら・宮城豊彦・大丸裕武・宇野女草太
Sakura MAKABE, Toyohiko MIYAGI, Hiromu DAIMARU and Sohta UNOME: Clarification of the
reflectivity of extra high resolution laser data by SAKURA system in Mangrove habitat, Amami Island, Japan

研究報告 Short Communication
生態系保全におけるVortexの可能性について  ・・・・・冨澤奏子・鈴木邦雄
Kanako TOMISAWA and Kunio SUZUKI: The Possibility of using Vortex for Ecosystem
Conservation

高水敷に繁茂するネズミムギの抑制対策としての在来植生導入の有効性−愛知県青木川での事例−  ・・・・・・・・・・・・・・・吉野知明・佐々木伸治
Tomoaki YOSHINO and Shinji SASAKI: Effectiveness of measures to restrain Lolium multiflorumgrowing on high water bed by introduction of native vegetation. Aoki River case, Aichi
Prefecture


学会活動報告  
学会会則   
投稿規定   
Posted by 自然環境復元学会事務局 at 20:30 | 学会誌「自然環境復元研究」 | この記事のURL