CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
こちらは、東京・新宿にある乳児院と保育園を中心に調布、小平に児童養護施設、保育園を持つ社会福祉法人二葉保育園のいまを伝えるブログです。創業110年以上(創業1900年)の歴史を持つ草分け的な子ども福祉一筋の二葉。この二葉のいま、そしてこれからを余すところなく、たのしくお伝えしていきます!
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
検索
検索語句
最新コメント
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

二葉保育園さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/futaba1900/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/futaba1900/index2_0.xml
眼から得る情報は、耳から入る情報より強烈である・・・ [2019年11月01日(Fri)]
120周年を迎えるにあたり、横断幕を掲げて、社会にアピールをと考えた経緯は、JR中央線・総武線から乳児院が一番見える立地を活かしたからである。
 初めに110周年記念の時に横断幕を掲げた時は、横断幕の長さも予算上も少なくアピール不足かと考え、今回の120周年では、懸垂幕として、縦に使いたいと考えた。目分量で8メートルと考えて、後はキャッチフレーズと取り組みました。法人の理念から頂いた文章で「すべての子どもが愛され、健康で育つことを願って歩み続けます。」とした。色合いやデザインの直しを5回繰り返し、これでGOサインとなった。発注を無事に終え、到着を待つだけになった。
 さて、お披露目の日に乳児院から垂らすと8メートルが長く、丈を余らしてしまいだらーんとなり、そのまま3日ほど置いて週末を過ごすと雨も降り、120周年に泥を塗るような形になり、急きょ、南元保育園の非常階段から垂らすことになる。すると何ということでしょうか、さも、そこに初めから予定していたような落ち着きを伴って、堂々と懸垂幕として役割を果たしているようでした。今は、そこにあるのが当たり前になっていて、この地域の人をはじめ内外に120周年を伝えている。
< 創立120周年記念実行委員> 都留和光

              MVIMG_20191101_131530.jpg               
Posted by 社会福祉法人二葉保育園 at 13:05
この記事のURL
https://blog.canpan.info/futaba1900/archive/33
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント