• もっと見る
« 2015年10月 | Main | 2015年12月»
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/26) 世古美紀
同級生!(笑) (10/24) ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/23) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22)
月別アーカイブ
大白公園周回ウォーキング [2015年11月30日(Mon)]

最近、時間が作れれば歩くことを心がけています。
紀北町のウォーキングコースをあちこち歩きにでかけています。

この日は大白公園周回コースを歩いてきました。
IMG_1434.jpg

ぐるっとまわって2.2キロ。
平坦で解放感もあり、歩きやすいコース。たくさんの人が歩きに来ていて、すれちがうと挨拶をかわします。
IMG_1433.jpg

グラウンドやテニスコートなどスポーツ施設も充実しており、大白池、大白海岸、アスレチック広場など変化があって歩いていても楽しいコースでした。
IMG_1427.jpg

海にむかってこんな滑り台遊具があり
のぼってみると、海を眺めることができます。
IMG_1430.jpg

小さい子むけの遊具もあります。
IMG_1431.jpg

ターザンのアスレチックや
IMG_1428.jpg

ブランコもあり。
IMG_1432.jpg

この日は雨が降り出す前でどんよりしてますが、お天気がよければさらに気持ちよく過ごせますよ。
おすすめです!


by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 17:41 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熊野古道講演会と銚子川ウォークがあります [2015年11月29日(Sun)]

この夏、キャンプイン海山でアルバイトをしてくれた、植野めぐみさんの講演会をひらきます。

詳しくはチラシにて〜。
EPSON047.jpg

はい。植野めぐみさんと言えば、ちゃあと仲良しで和歌山県側の熊野古道図絵ハイキングマップを書いた女性。

権兵衛が悔しがった銚子川漁協組合さんによる、アマゴの塩焼きもついてますし、他にも特典があります。

ぜひこの機会に、植野めぐみさんの歩く世界観を感じてくださいませ。

素敵な女性さんですよ〜(^o^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 21:55 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ハートがいっぱい♪ [2015年11月28日(Sat)]

キャンプinn海山には、自然の中にハートが隠れています♪
はるが見つけたのは…

IMG_2327.jpg
林の中に

IMG_7892.jpg
紅葉しています!

IMG_9099.jpg
足元にも。

IMG_1822.jpg
サザンカの花びらもハート型♪

IMG_5943.jpg
その垣根の下は、一面赤やピンクのじゅうたんになっていました。

IMG_1814.jpg
これは、リバーサイト芝生広場から見えるハート。
左下の建物は、くき漬け加工所です!

場内にはまだまだハートが隠れていそうです(*^_^*)


by はる
Posted by ふるさと企画舎 at 17:39 | キャンプinn海山 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熊野三山巡り [2015年11月27日(Fri)]

先日、友人と熊野三山巡りをしてきました。
・・・というのも、今年その友人は小学生の甥っ子とプロレスごっこをしていて肋骨を折ってしまう災いあり。
私はと言えば、6月に雨の日に思いきり転んで首がムチウチ状態に。そして9月にはアブに刺されてゾウの足のように腫れ上がり病院で治療をうける災いあり。
そんな話をごはん食べながらしていて、これは二人で熊野三山巡ってお参りしようということに。

ま、そうは言いながら、日帰り小旅行気分で楽しもう〜〜って感じのおでかけです。

まずは、熊野速玉大社。
IMG_1389.jpg
一社めのここで、ご神木、梛の木をあしらった「梛みくじ」をひきました。写真はありませんが、飾りにもなるかわいいおみくじです。

そして、次は那智の滝へ。
IMG_1392.jpg

西国三十三か所一番札所の青岸渡寺。
IMG_1396.jpg

熊野那智大社。
IMG_1400.jpg

6月と12月の晦日に大祓式がおこなわれるということで、紙の人形(ひとがた)が置かれていました。IMG_1401.jpg

この人形に住所、名前などを書いて、体をなで息を吹きかけ災いやけがれを移します。
これは今回の三山巡りの目的にぴったり!ということで、私たちも人形にいっぱいの災い、けがれを移してきました(笑)。
これで、新年清らかに迎えることができそう・・・かな(^.^)。

いよいよ、三社め。
熊野本宮大社。
IMG_1402.jpg
長い階段をえっちらおっちらと登っていきます。

私たちも並んで、お参り。
IMG_1406.jpg

今年の干支「ひつじ」とももうすぐお別れですね。
IMG_1407.jpg
なんだか、熊野三山巡りはちょっと早い年の瀬を感じる旅になりました。

熊野三山巡りを終え、次は湯の峰温泉へ。
IMG_1410.jpg
歴史を感じるたたずまいのあるこの温泉地は私の大好きな温泉地です。

洗濯ネットに入れて持って行っていた安納いもと近くで買った卵を温泉がゴポゴポ湧いている湯筒に入れて茹で、温泉芋と温泉卵を楽しみました。
こんな楽しみもある湯の峰温泉なのです。

キャンプ場にもお土産買ってきました。
那智大滝の注連縄を使った災難除札。
IMG_1446.jpg
小さくてかわいいのですが、実際に那智の滝の上にかけられていた注連縄ですので、パワーを感じます!
ご利益がありますように・・・。



by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 18:31 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
スダジイとツブラジイ(笑) [2015年11月26日(Thu)]

私はキャンプインと言う世界にドップリ入ってから、想定外にいっぱいいろいろな事があり、泣いたり、笑ったりがたくさんで、毎日新鮮な事ばかりなので一週間の曜日がまったくわからなくなりましたね(笑)。

また、これまでチャンスはいろいろ逃してきてしまったのかと痛感してます。

出会いがいっぱいだったのを今取り戻そうとしてるかな。

先には日本風景街道「伊勢熊野みち」に所属した定例会に参加し、フレンドキャンプ場さんところでキャンプできたりしました。
そこでは、噂に聞いていた磯和君と言う素晴らしいスタッフにも出会えました。

これまではそんな事は未知の世界でしたからね。

先日は、キャンプインスタッフ総出で、青川峡キャンプ場さんやグリーンランドあさけさんに視察に出掛けたりもできました。

そんなこんなの毎日ですが志摩オートキャンプ場さんところを出る日、私は場内にたくさん食べれるドングリが落ちているのに感動し、夢中でスダジイと言うドングリを拾い、磯和君らスタッフさんらに炒って食べてもらったのでしたが、磯和君らには???だったかな(笑)。

その炒り方は少し足らなかったのかと、後で反省した私。

ともかく、土産は志摩オートキャンプ場のスダジイにした私でしたが、ちゃあちゃんがその後自宅の周りで、ツブラジイと言うドングリ系では一番美味しいと思っているドングリを拾ってキャンプインに持ってきてくれました。

いや〜実にうまい!!。


後ろに見えるのがスダジイで、炒っている丸いのがツブラジイです。
IMG_3304.jpg


デンプンがたくさんで栗のように甘みがありますね。


私には、様々なキャンプ場内には知られざる魅力がたくさんなんだな〜と、涙もんの感動がたくさんでした。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 18:21 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
中日新聞に落ちアユの写真が掲載されました [2015年11月25日(Wed)]

熱心な中日新聞記者さんが銚子川の落ちアユの撮影をして素敵な記事にしてくれました。

EPSON046.jpg

落ちアユとは、この時期になると銚子川中のアユが産卵のために上流から下流域に下ってくるので、落ちるアユと言いうのです。

私はアユの事はわからない事ばかりでしたので、内山りゅうさんからいろいろ教えてもらっているのですが、まだわからない事ばかりやね(笑)。

そんなこんなですが、記者さんから撮影の連絡を受けた時、銚子川舞い込み付近の撮影を薦めた訳でしたが、ある日なんとキャンプイン前の瀬での産卵行動を発見したので、撮影しやすい場所と考え、記者さんに連絡させていただいた次第。

落ちアユが安心して産卵するためについても、銚子川には様々な課題もあるのも事実です。

そんな想いをやんわりと記事にしてくれたのは、本当に嬉しい私でした。

銚子川を日本一の川にしたい!…。

そこでは、守ると言うのが一番大切なところ。

でも、町の将来を考えた時、交流人口を考えると、きちんとルールマナーを守り楽しく銚子川で遊んでもらいたい!と言うのが本音。

そのためには、行政はじめ私たち地元のみんなが、まずは大切にして、訪れてくれる皆さんに、その想いを共感してもらう仕掛けが大切かと。

落ちアユマナーにしても、すべてがだめだと言う訳ではなく、地元がまず守る場所はしっかりと守ると言う気持ちにならないとね。

様々な課題をクリアできたなら、私は銚子川は日本一の川だ!と総理大臣に直訴するので皆様、これからもご理解ご協力の程をよろしくお願いいたします。。

これらの想い、テレビ局さん、新聞社さんにも、よろしくお願いします。

小さな町での切なる想いやね…。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 19:42 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ツリーイング体験会 [2015年11月24日(Tue)]
昨日、今年最後の『ツリーイング〜木に登ろう』を行ないました。

朝からどんより曇り空・・・。準備中には小雨も降り始めました。
ひやひやしながら準備を進めました。セッティングは完了。
でも、申し込んでくれた人達来るかなあ・・・と心配しましたが。
雨降りもなんのその皆さん来てくれました!

ヘルメットとツリーハーネスを装着して準備OK!
さあ登ろう.jpg

登り方の説明をします。みんなワクワクしています。
説明.jpg

気がついたら、みんな高い場所まで登れていました!

高さ.jpg

画像は無いのですが終わりの挨拶時に、登ったエノキの根元に、落ち葉をかけて来年までゆっくり休んでね〜と声を掛けてもらいました。
みんな、たくさん落ち葉を掛けてあげてくれてありがとう!


また、来年も登りに来てくださいね〜。

by ちゃあ♪
Posted by ふるさと企画舎 at 17:02 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
夜空観察会〜月 [2015年11月23日(Mon)]
11月の3連休に夜空観察会がありました。観察会の日は曇りなどの悪天候で中止が続いていたのでかなり久しぶりです。イベント当日も夕方ぐらいから雲が出てきて怪しい雲行き(・・;) 月が見えるのかドキドキしながら空模様を見守るトトロでした。
イベント開始前には、雲もなくなり一安心ほんとよかったです!

イベント会場に着き回りの明かりを消すと月明かりがとても明るくてビックリしました。
IMG_3430.jpg

会場がゲート外の駐車場でしたが山の形や川原の石まではっきり見えるぐらいです。写真の時間で夜の7時過ぎです。月が明る過ぎて望遠鏡をずっと覗いていると目がチカチカしてくるぐらいです。

IMG_3358.jpg

IMG_3373.jpg

月を覗いてもらっている写真ですが太陽を見とるんじゃないかってぐらい明るいですよね!?
子どもから大人まで皆さん夢中で望遠鏡を覗いていました。「月の凸凹がよく見える」とか覗いた人の感想を聞いているとどんな感じに見えているのか気になってしょうがなかったです!
月がよく見えて参加者の方に満足してもらってよかったです。
そお言えば最近、キャンプ場でよく流れ星を見るトトロです!泊まりに来た際は是非夜空を眺めながら流れ星を探してみてください☆
byトトロ
Posted by ふるさと企画舎 at 19:35 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
憧れの瀞ホテル [2015年11月22日(Sun)]
瀞ホテル
ずーっと昔に旅番組で見たときから憧れでした。
三重・奈良・和歌山の三つの県境にあります。
その立派な佇まいに
「もう少し大人になったら行きたい」
と思っていたのですが、
残念ながら閉鎖されてしまい・・・。

その後、カフェとして再開!
とありましたが、ほどなく台風による水害で
また困難に遭われたと新聞で見て
なかなか行けずにいました。

今回、企画展のチラシを見つけて(左がそのチラシ)
DSC_0699.jpg
雨だったし、運転にも道にも不安がありましたが、
「えいやっ!」と行ってきました。

これが玄関です。
DSC_0687.jpg

瀞峡の紅葉を楽しむジェット船や川舟が行き来する
絶好のポイントに建っています。
DSC_0696.jpg

部屋の外側の廊下に出てみました。
柵には「もたれないでください」となっています。
DSC_0704.jpg
奥に見えている建物が別館で、
吊り橋を渡らないと行けないのですが、
その吊り橋が水害で流されてしまったのです。

この扉の向こうから、吊り橋を渡っていたのですね。
DSC_0719.jpg

改装中で、立入り禁止区域もまだまだ多いのですが
立派な建物は一見の価値ありです。
そして、そこかしこに「へ〜っ」と感心したり
「ぷぷっ」と笑えるものがあります。
DSC_0711.jpg

DSC_0714.jpg

DSC_0720.jpg

雨に煙る瀞峡は幽玄で趣がありましたが、
晴れた日にも行ってみたいです。
道もわかったしね。

  by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 17:24 | 季節を楽しむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本風景街道「伊勢熊野みち」推進協議会がありました。パート3 [2015年11月21日(Sat)]
推進協議会の場所の竹正さんところまで海から歩いてすぐでした。
IMG_2921.jpg


眺め良しの場所にありました。
IMG_2920.jpg


私ども交流空間みやまが所属する日本風景街道「伊勢熊野みち」と言う組織は、別に予算なんてついていません。

また、特だん何かを計画していると言う訳でもない組織かと思います。

また、たよりない副会長の私ですが、いろいろ忙しいので、集まりの参加には、時として面倒な事もあったりします。

しかし、広域での集まりはとても重要性があるのは事実かと。

この組織は車での魅力的なドライブの道のつながりの方向性があるかとは思いますが、伊勢〜熊野の範囲であるので、まさしく伊勢神宮〜熊野本宮と言う熊野古道の範囲でもあります。

三重県での熊野古道世界遺産は、紀北町からではありますが、世界遺産でなくとも、道として広域的にグループさんが集まりだしている現在が素晴らしい!と思っている私です。


なので、私は推進協議会でずばり、福元ひろこさんの言う伊勢〜熊野までを安心して歩ける道しるべを作らなくては!と強く伝えさせていただきました。

道標ではなくて、小さいな目印ね。

マップを持って歩いているとしても、時として今歩いている道が正しいのか?と言う不安に見知らぬ土地ではかられると言うもの。

以前福元ひろこさんに講演をお願いした時、ひろこさんに必ず目印をつけるからね!と約束している私なのでね(笑)。

はい。話しが長くなり申し訳ありませんでしたが、推進協議会の後は、「道ちゃん塾」さんらのメンバーと意見交換の場を持ちました。
IMG_2922.jpg


ここでは私も道ちゃん塾さんに質問もさせていただきました。

どこでも聞こえてくる事ですが、県からの予算がなくなった…メンバーが集まらない…等です。

何故このような活躍をしているのかが私には意外でした。

町の宣伝と言うところだったかな。

私ら法人としては町の将来を考えての活動ですが、道ちゃん塾さんらは楽天的と言うか…あまり切迫感はなかったですね。

ともかく、道ちゃん塾の塾長の竹内さんは、ユーモアたくさんで魅力的な人でしたね。

塾長さんは竹正のオーナーでして、数々の苦労を乗り越えてきたオーラがあるのかと。
だからこそ、こうなんだなぁ〜と私は思いました。

続きまして、なんやろこれ(笑)。
IMG_2924.jpg


はい。意見交換会も終わり、せっかくの志摩行きでしたので、他の予定として、キャンプ場仲間である「志摩オートキャンプ場」さんところでテント泊させていただく事にしたのです。

私が志摩オートキャンプ場に着いたのは、すでに夕方。

それに加えその日はかなりの強風と、キャンプにはかなり不向き。

とりあえずタープを張るのはやめにして、さらに楽しみにしていた焚き火もできない始末。

どうするん〜!?でした(笑)。

志摩オートさんに、すでに注文していたヒオウギガイと言うホタテ貝をどう焼くん…で、志摩オート売店で、素敵なフライパンをまりちゃんに買わせ、それで素敵に焼き食べれたのは何よりでした。
!cid_FD19FBD9-42F0-4E24-97DE-D333170F0036@za_ztv_ne.jpg



私と言えば、飲むしかないで〜で、案の定飲みすぎ気絶(笑)。
!cid_A02420BC-FAD4-4769-9CE7-5F025A4C4586@za_ztv_ne.jpg

はい。明くる日です。
IMG_2932.jpg



まりちゃんは朝食にと、こしゃくな小道具で、トーストを作ってくれたかな。
これがびっくり旨いので、機嫌のよい私でしたね(笑)。

志摩オートスタッフさんとの記念撮影を忘れていたので、写真がないのが申し訳ないところですが、なんと志摩オートさんには鹿の被害がないとの事で、ウハメガシ、アベマキ、スダジイ等のドングリが場内にいっぱいで、とてもうらまやしく思った私らでした。

スダジイは特に炒ると美味しいので、志摩オートさんの秋味覚として、利用者さんに楽しんでもらえるのに〜とスタッフさんに伝えた私でした。

それが、ちゃあちゃんへの土産となった訳(笑)。

ともかく、私らキャンプインスタッフもキャンプをして、利用者の気持ちになれるようにしたいね〜と思っている私です。

はい。そのためにテントも買いました(笑)。
IMG_2935.jpg


スタッフのみんなは、なかなか忙しいのでキャンプするには無理があるかと思いますが、あっちこちのキャンプ場に視察がてらこのテントを持ってキャンプしてもらえたらと思います。

キャンプインでもええね(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:15 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
種芋を保管しました [2015年11月20日(Fri)]
くき漬けの締めくくりは
来年用の種芋を保管することです。

ヤツガシラの茎が枯れるのを待って
保管庫を準備しました。
水はけの良い砂などと種芋・もみ殻を
サンドイッチしながら何段かに重ね、
最後はもみ殻や落ち葉など保温材をたっぷりのせて
シートを被せます。

初代の保管庫は雨よけの屋根付でした。
前回のは壁面二重で間にもみ殻の保温材入り。
いろいろと改良を重ねてきました。
今回は、広く浅く、あまり段数を重ねず
下の芋が「重いよ〜」とならないようにします。

はい、仕上げ作業中の男性陣。
DSC_0676.jpg

女性陣がまず種芋を掘り起こします。
種芋を傷つけないように
外側からスコップを入れるまりちゃん。
DSC_0669-2.jpg

春に植えつけたのは1つの種芋でしたが、
こんなにたくさん、小芋・孫芋がついています。
DSC_0666.jpg
サトイモ類が「子孫繁栄」の象徴として
おせち料理などに欠かせない食材である事がよくわかります。

全部掘り起こしたら、こんどは回収します。
DSC_0677-2.jpg

理事長もこんなに腰を曲げてがんばっております。
DSC_0678-2.jpg

初日はここまで。

2日目は仕分けと保管です。
DSC_0679.jpg

種芋にする大きい芋とその他の芋に仕分けます。
そして大きい芋を順次保管していきます。
朝、雨が振りましたが、その後は曇りをキープ。
あまり濡れずに作業できました。
手が泥だらけになるので画像がありませんが、
みんなで黙々と作業しましたよ。

来年の春、また植付けをするまで
種芋さんたちは冬眠です。

  by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 13:47 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NHK BSプレミアムに権兵衛登場! [2015年11月19日(Thu)]

NHK BSプレミアム「新日本風土記『熊野古道伊勢路』」が、先日11月13日(金)に放送があり、熊野古道伊勢路周辺に伝わるお話の紹介ということで種まき権兵衛についても紹介されました。

現代の権兵衛もメガネをはずして、好演してましたよ〜。
大蛇も村人もちょこっとですがでてきます(笑)。
地元の方々も権兵衛さんのことを番組の中で話されてましたね。


IMG_1440.jpg

明日、20日(金)午前8時から9時まで再放送があるそうですので、みなさまぜひご覧くださいね。

「NHK ONLINE」
http://www.nhk.or.jp/michi-blog/800/231118.html

by もりまり
Posted by ふるさと企画舎 at 16:00 | 地域のこと | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本風景街道「伊勢熊野みち」推進協議会がありました。パート2 [2015年11月18日(Wed)]
はい。ご利益のありそうな本堂を見せてもらった後は、海を眺めながら緩やかに下って行きます。
IMG_2889.jpg

私には、これいい〜♪でした。
私どもの地域には意外とこのような場面がないです。

はい。心地よいハイキングの後はこれです!。
IMG_2890.jpg


待ってましたですね♪。
伊勢エビには限りがありますが、お汁はおかわりOK。
もちろん、まりちゃんも私もおかわりしました(笑)。
また、おにぎりが二個もついてました。

この催しは年に一度らしいですが、私ども団体の他に一般の参加者もいて賑やかでした。
IMG_2891.jpg


はい。二胡の演奏で、満腹のお腹を優しく癒してくれました。
IMG_2893.jpg

はい。海女踊りの披露がありました。
IMG_2896.jpg

その海女さんらが、地元のてこね寿司を作る体験をしてくれました。
もちろん私は食べるだけで(笑)。
IMG_2916.jpg


少し甘く感じた私でしたが、とても美味しくて、たいらげましたね。
IMG_2918.jpg


さて〜満腹の後は、私だけ場所を「パールグルメイン竹正」と言う旅館に移してて日本風景街道「伊勢熊野みち」の推進協議会への参加です〜。

どうなる事やら〜ですわ(笑)。






つづく〜(^o^)/~~。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 11:21 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本風景街道「伊勢熊野みち」推進協議会がありました。パート1 [2015年11月17日(Tue)]
先月の話で申し訳ありませんが、先月25日(日)には、日本風景街道「伊勢熊野みち」に所属する、交流空間みやまとして、推進協議会に私とまりちゃんが行ってきました。

いや〜キャンプインに務め出してから、忙しいこと忙しいこと。

これまで、仕事の関係から、このような様々な催しもあってもなかなか行けなかった私なんですね。
この伊勢熊野みちでは、副会長を仰せつかっている私なので、なんとか行きたいと…。

それでこの際にと、いろいろ予定も入れて行ってきたのでした(笑)。

はい。場所は来年開かれる「伊勢志摩サミット」がひらかれる近くの志摩町は和具です。

まずは、和具で活躍している「道ちゃん塾」と言う組織の視察から始まり、海女の里・志摩和具ウォークに参加させていただきました。

まずは、私には初めての和具港に集合〜です。
伊勢熊野みちの所属団体が三重県中から集まりました。
IMG_2849.jpg

はい。バスに乗って〜。
IMG_2850.jpg

志摩市役所支所に到着〜。
IMG_2851.jpg

歩き出しますと、志摩大橋(志摩パールブリッジ)が見えてきました〜。
IMG_2854.jpg

車で通ってきましたが、歩くと素晴らしい景色がありますね。
IMG_2856.jpg

アップしてみます。
真ん中の建物が、伊勢志摩サミットの会場と聞きました。
IMG_2859.jpg

今度はぐるっと回ってパールブリッジが見える船着き場を通りました。こんな入江は私どもの地にはなかなかないので、見ていて楽しかったですね。
IMG_2860.jpg

その途中で、手作りパン屋さんがあり、すでに腹へりの私はパンを買ったりしました(笑)。

この地には珍しいニューカレドニア松と言う木がありました。
IMG_2863.jpg

詳しくはこれで。
IMG_2864.jpg

つづきまして、和具観音堂に到着しました。
IMG_2865.jpg

特別にお堂の中に案内してもらい、超特別に国宝級の宝物を見せてくれました。
これです!。
IMG_2871.jpg

代わるがわる触らせてくれました。
IMG_2885.jpg

凛々しいお顔をされてました。
平安時代のもの。
IMG_2880.jpg

つづきまして、また特別に本堂の裏側を見せてくれました。
こ、こ、怖い!目が光っちょる!。
この仏像様は、まりちゃん賢こ〜なれよ〜と言ってました(笑)。
IMG_2874.jpg

やっぱり怖い。
頭に顔がいっぱいついてた。
IMG_2879.jpg

こんなものも…。
いつも悪さばかりしてる私には、超怖い…。
IMG_2877.jpg

でこ光ってる〜!。
いたたまれず、すぐに逃げ出した私やった(笑)。
IMG_2875.jpg

はい。お堂を出ましたらなんと、しまこさんが二人いてこりゃまたびっくりの私でした。
IMG_2887.jpg

本当よく似てる(笑)。





つづく〜(^o^)/~~。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 18:00 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
紀北町観光協会の写真撮影会の下見をしました [2015年11月16日(Mon)]
観光協会のフォト部会の部会長をしている私。

撮影会の講師は、キャンプイン海山の夏を助けてくれるミッチー事、道畑プロ。

毎年2回撮影会をしてるのですが、今年はまだ一度も開催してはいません。

会議を重ね、撮影場所の候補地白石湖と島勝に道畑プロ、事務局の西尾君、私で下見をしてきました。

天気がよく素晴らしい風景に出会えました。

島勝の和具の浜の向こうに見えるのは、大台ケ原です。
これぞ、この地の魅力です!。
IMG_3096.jpg

海からあの距離で標高1600メートルの世界です。
こんな自然環境は、全国的にも屋久島に続きなかなかあるものではないのです。

歩き出し30分ぐらいで外海は太平洋熊野灘です。
広く広く輝いていました。
IMG_3110.jpg

常緑樹につつまれた、こんな安全で心地よい道を歩いて行きます。
あとちょっと!の看板に、ほんまかい〜の私でしたね(笑)。
IMG_3114.jpg

はい。ほんまでした。ゴールです。先端が見えてきましたよ〜です。
IMG_3117.jpg

これです。魚見小屋。
IMG_3118.jpg

朽ちかけてはいますが、当日の風情が柿間見えるようでした。
IMG_3120.jpg

すると、侵入者の私たちにびっくりしたのか、すごい数の小鳥が飛び上がりマイマイしてました。
IMG_3124.jpg

手前の道のようで道になってない道を進むよう、観光協会の西尾君の指示が出ました。


一番手隊長の西尾君に続き私、道畑プロが続きましたが、振り返ると道畑プロが…(笑)。
IMG_3134.jpg

こんな場所は撮影会で連れてこれんわ〜やね(笑)。
でも、たんなる林ではありません。
IMG_3136.jpg

隊長西尾君は林の中から見えるこれを見せたがったのです!。
IMG_3135.jpg

なんやろこれ(笑)。
かなりわかりずらいですが、トンネルがわかりますかね。
はい。磯にある天満洞と言う有名な穴あき岩なんです。
陸から行けて反対側からみる事ができる唯一の場所なんですね。

はい。隊長と道畑プロがそこから下の磯場に降りた図。
IMG_3138.jpg

この時期、こんな花が咲いていました。
磯に咲く花。
とても魅力的に見えましたね。
IMG_3144.jpg

IMG_3154.jpg

この後、私はタダでは帰らんじょ〜ときれいな磯にある巻き貝を両手にいっぱいぐらい捕まえました。

もちろん、キャンプインに持って帰り、茹でてみんなに食べてもらいました。

それはともかく、素晴らしい発見もあり〜の、素晴らしい風景に出会えた〜の、1日でした。

魚見小屋コースでは片道50分ほど。
ちょうどよいハイキング&撮影場所かとこの地の魅力を再発見した気分の私でありました。

いや、テントを背負いでのキャンプハイキングにも適しているかと。

はい。今年の撮影会はどこに決めようかな〜やね(笑)。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:21 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カジヤン [2015年11月15日(Sun)]

はい。カジヤンと言われてもなんの事だかさっぱりわからない人もいらっしゃると思いますが、カジヤンとはキャンプインに住み着いているカジカガエルの事なんですね。

この写真は10月末の事ですが私がいつものように水槽を掃除していると、水槽の中に勝手に入っていたカジヤンが、騒がしじょ〜と出てきました。
s-IMG_3000.jpg


お前な〜邪魔なんやじょ〜とツンツンしてやりました(笑)。
s-IMG_3001.jpg


はい。恐がりもせず、またあんたかい〜と、手に乗ってきました。
s-IMG_3004.jpg


あらよっと〜と、また水槽に飛び移り。
s-IMG_3005.jpg


はい。ザッ!カジヤンやんをマイナス補正して激写しました(笑)。
IMG_3009.jpg



代わって先日。
夜は水槽上に置いてある私の大切な盆栽たちの写真です。
IMG_3246.jpg


こちら、カエデの寄せ植え。
これを見ているだけで、森の中にいる気分になれる私(笑)。
IMG_3249.jpg


こちら、ミズナラ。
10年以上前に大台ケ原でドングリを拾い育ててきたもの。
IMG_3245.jpg


素敵に紅葉してきました。

この紅葉が始まってから、ピタッとカジヤンは姿を見せなくなりましてね。

それはそれでカジヤンを心配する私(笑)。

どっかで冬眠に入っているのか??。

ひょっこりセンターハウス内でぬくぬくしてたりしてね(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:09 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
理事長からのお土産 [2015年11月14日(Sat)]
「ちゃあちゃん、お土産やろ〜。あんたこれ好きやり〜」と
志摩から帰ってきた理事長から頂きました。

スダジイのドングリです。

ストーブとミニフライパンを出し、いり始める理事長。
こうばしい香りがしてきました♪
IMG_2937.JPG

IMG_2939.JPG

塩を振って・・・
「いただきま〜す」

久しぶりに食べるどんぐり。
IMG_2940.JPG
少し硬いけれど、それなりにコクも甘みもあります。
美味しいです♪一番おいしいのは、ツブラジイだよね〜
なんていいながらもたくさん、食べてしまいました。

理事長、ご馳走様でした♪
今度は、お店で売ってるお土産をお願いしま〜す(笑)

by ちゃあ♪










Posted by ふるさと企画舎 at 16:54 | 季節を楽しむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
片上池 [2015年11月13日(Fri)]
道の駅きいながしまマンボウの近くにある
片上池の周りは、ぐるっと一周できるようになっています。
道の駅から一番遠い公園側から久しぶりに歩いてみました。

公園を過ぎると木道になります。
この池には毎年カモが飛来します。
DSC_0624.jpg

木道が途切れた所にまた公園。
ここは少しだけですがストレッチの機材があります。
足のストレッチ。
DSC_0626.jpg

ぶら下がって背筋のストレッチ。
DSC_0627.jpg

これはバランス。
DSC_0628.jpg
足元の丸い円盤状のものに
溝があってボールが1つ入っています。
揺れる円盤を足でコントロールして
ボールを動かすのです。
これ、真剣になってしまいます。

池全貌を見渡せる展望ポイント。
DSC_0630.jpg

公園から道の駅まではまた木道になります。
浅いところや岸にいっぱい穴が開いています。
ここはカニがいっぱいいます。

道の駅を過ぎると国道沿いになるので、
私はいつもUターンします。
大きいカニがいました!
DSC_0645-2.jpg
泥のカニ穴ではなく、
頭ぐらいの石がゴロゴロしている隙間にかくれました。

右側の筒はロープがつながっています。
DSC_0648-2.jpg
ウナギ用?

牡蠣柄の近くに小さな魚が見えます。
DSC_0654-2.jpg

大きな魚もいます。
DSC_0659-2.jpg
大きさが分かりにくいですが、
牡蠣柄の何倍もあります。

いっぱいいます!
DSC_0664.jpg

ウォーキングのつもりが、
つい足をとめて見入ってしまうので
あまり運動にはならなかったかも。。。

片上池は名前に「池」と付いていますが
山と海と繋がっている汽水湖になります。
そこかしこに牡蠣殻が付いています。
海から色々な生き物がやってくる楽しい場所です。

   by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 18:12 | 季節を楽しむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
落ちアユと・・・ [2015年11月12日(Thu)]
早春、海から川に上がってきたアユは
秋に下流で産卵するために下ってきます。
もちろんキャンプ場の前も通って行きます。

理事長が「すごい!真っ黒(になって降りて来とる)!」
と興奮しているので見に行ってみました。

う〜ん、私には見えません。
理事長が「ふ〜ちゃんには見えへんかもしれんけど、
この辺にほれ、そこ、ほれ!」と指差してくれます。
DSC_0618.jpg
ジーッと見つめることしばし・・・。
瀬を移動するときの尾っぽが見えてやっと確認できました。
観察の後、川原を離れるときに
近くでバシャバシャと音を立てて逃げた?ので
やっと存在を感じることができましたが姿は・・・。

山に行って野ウサギとかめずらしい鳥を
指差して教えてもらっても
見えないことが多いです。
注意して見続けると、「見える人」になれるそうです。
私も「見える人」になりたい!

まだまだ「見えない」私ですが、これは見えます。
DSC_0620.jpg
川遊びする人がいなくなったので?
ハゼ系の魚たちが階段のところにいっぱい!
いっぱいいてタモですくえそうですが、
なかなかすくえないんですよね〜。
ときどき大きい魚も泳いでいるのが見えます。
潜らなくても見える♪見える♪

DSC_0622.jpg
川面に空が映り込んで、魚が空を泳いでいるみたいに見えました。
とっても贅沢な気分でした。


  by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 18:12 | 季節を楽しむ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
カンランが咲いています [2015年11月11日(Wed)]

私んちで育ててるカンランですが、カンランとは漢字で寒蘭と書きます。
IMG_3080.jpg

この寒くなりだした時期に咲くランなのですね。

昨年の私んちのカンランは、ラン特有の小バエに、つぼみの頃にタマゴを産み付けられて花が全滅したのでした。

つぼみの軸がどんどん延びてきて、さあ咲くじょ〜と思ったとたんにつぼみがポロッと落ちてしまう症状なので、本当にがっかり腹立たしいのです。

今年はかなり心配してましたが、私の怒り心頭を小バエは察してか、寄り付かなかったみたいです(笑)。

はい。賑やかでしょう。
赤、青、ピンク、黄色、サラサ等色とりどりです。
IMG_3082.jpg

はい。この赤のカンランが、銚子川流域の山間に咲いていた天狗松と言うカンランなのです。
IMG_3079.jpg

地味だけど、素敵でしょう。
15年ぐらい前に、ラン愛好家の人から分けてもらえた私で、水害にも水没しましたが、それにもめげすに、それはそれは大切にしてきました。

なんと言っても銚子川のランですからね。
このランだけは別格に大切にしています。
まあ、ほらくりっぱなしでも育つのですが、一年間ほぼ毎日朝起きてから病気が出ていないか?とか、水やりのタイミングを見ている私です。

植え替えをすると、成長はよいのではありますが、植え替えは手抜きしてますね(笑)。

このランは、チャボ系なのか他のランに比べて葉が少し小さめで光沢がないのが特徴かと。

カンランは、自然の中では自分の環境に合ったところにしか自生できないのです。

なので自然のものは、もう獲りつくされているようで、探しても見つける事は至難でしょう。

昔、ランブームがあった時にはランキチガイと言われる人がたくさんで、狂ったように山を探し回ったと聞いております。

何につけ、人間とは本当にやっかいな生き物やな…。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 20:45 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ