CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
もりまり
センターハウスのウナギ  (08/06) tamo_lee
センターハウスのウナギ  (08/05) ふるさと企画舎
アユのしゃくり (08/05) tamo-lee
アユのしゃくり (08/04) ふるさと企画舎
今年のホタル (06/28) がんちゃん
今年のホタル (06/27) ふるさと企画舎
バックパッカーしてます (01/20) 中村光良
バックパッカーしてます (01/18) 理事長
いざ上高地!パート5 (11/09) 中村光良
いざ上高地!パート5 (11/09)
月別アーカイブ
私って天才!? [2022年05月30日(Mon)]
なんだかとても忙しくてね〜。

校長先生は頭変になったんかい〜なんですが、最近の私の仕事場はここ(笑)。
IMG_0179.jpg

薪割りジジイと化していますが、最近モーラのオプションを買ったのですが、それがベタ惚れ(笑)。
IMG_0210.jpg

前から持っていたシースに接続します
IMG_0183.jpg

ただ気に入らない部分も。それがここ。
IMG_0184.jpg

違うタイプのシースにもこれが。
IMG_0190.jpg

このダイヤモンドシャープナーの部分でナイフを研いでくれ!とメーカーさんは言っているのでしょうが、荒くてこんなんで研いだらナイフを余計傷めてしまいますな。
ただこれが本当に役立つ時は生きるか死ぬかのサバイバルの時ではないかな(笑)。

確かに何もないサバイバルに歯こぼれした時にはこのシャープナーは神様のように思えるでしょう。しかし一般のキャンプではこんなシャープナーは不要となりますが、校長先生は天才なのだ。使わない物が付いているのは悔しいのだ。何とか使えないか!?と考えた。

それがこれだ。
IMG_0188.jpg

コメリで買ったシャープナーたち。
でかいシャープナーは鎌を研ぐ時に使用してるもの。これでモーラのシャープナーを研いで荒い目を細かくしたのだ。
そうして研いだモーラナイフで紙をなんなく切れるぐらいに研げたのだ!。

このシャープナーは目が細かく、これで今までナイフをちょちょい〜と研いでいた私。モーラシャープナーはここまで目が細かくならなかったけどね。
IMG_0187.jpg

続きましてこれ。
IMG_0198.jpg

以前にキャンプの達人のカールさんから頂いた携帯革研ぎ。
青棒を塗り付けて研いだナイフを仕上げるもの。
これで仕上げるとこうなるね。
IMG_0199.jpg

カールさんは本当に素晴らしいよ。携帯革研ぎをオリジナルで作ったのだ。私のナイフは新品からきちんと砥石で仕上げていないから直だしのざらつきがわかると思います。大量生産のナイフなんてこんな粗末な削りしかしてないんだ。私はカールさん教えてもらい砥石で研ぎだしたのでしたが、途中で止めていたのだ。まあざらつきが消せなくても切れるのには問題ないのでね。

青棒とは言えまだコンパウンドが荒いのです。でも料理人でもない限りそこまでぴんぴんに研ぐ必要もないのかなと。
ましてや木をわったり削ったりするキャンパーさんにわね。

うん。天才はカールさんだね(笑)。




つづく〜(⌒0⌒)/~~。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:11 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ