CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
理事長
サンダル! (10/10) ei
サンダル! (10/07) めだかの学校長
カエル博士! (10/01) 校長先生!
カエル博士! (09/26) もりまり
銚子川講演会と「ほんじつのさかな」 (07/17) 中村光良
銚子川講演会と「ほんじつのさかな」 (07/17) 理事長
日めくり万年カレンダー『銚子川じかん』納品! (12/04) ゆか
日めくり万年カレンダー『銚子川じかん』納品! (12/03) 理事長
熊野本宮からのその後 (11/23) 若いねぇちゃん
熊野本宮からのその後 (11/22)
月別アーカイブ
玉置神社に行ってきました! [2021年09月08日(Wed)]

今回のコロナ第五波の緊急事態宣言解除はなかなか難しいのかなぁ…と。
ますますキャンプイン海山営業再開が遠ざかるなぁ…と気分が重くなってしまいますね。

はい。最近の私のタープダイヤモンド張りブログをカールさんも見てくれてるのかな?と。
師匠のカールさんにすれば、なにやっとんねん!本当面倒くさいヤツやなぁと笑ってくれていることでしょう?。先日見かねて?ダイヤモンド張りの極意を伝えてくれました。

ずばり、ロープワークですね。私それ苦手やねん〜でした(笑)。
ともかく凄い!と思いました。メインポールを無くすダイヤモンド張り。理屈はわかってはいましたが、どうやってヒノキ(林間サイト)に高くロープを張るかです。技がありました。素晴らしい!。この話題はまた後程。

はい。カールさんの話しを思い出してみますと、前回(6月)に海山からの帰り道。上北山村の大台ヶ原ドライブウェイに入る場所のところでクマと遭遇したのだとか。車だったから良かったのでしたが。

クマと言えば、熊野古道奥駈道。バックパッカーじゅりちゃんが興味津々の道。
その奥駈道の情報を尾鷲市にある熊野古道センターのスタッフさんから入れていたところ、奥駈道の南はクマ出没が要注意と聞かされていたことを思い出した私。カールさんがクマと出会った場所もそんなところやね。
また、奥駈道には女人禁制もあるらしい。じゅりちゃん、あんた女やり〜でしたな(笑)。

はい。ともかく、熊野古道バックパッカーの私やじゅりちゃん。そんな私にその奥駈道が近づいて来たようです。

それは玉置神社。
先日偶然が重なり、まりちゃんと玉置神社に行ってきました。コロナのことがありますしね。
s-P9021432.jpg


私ごとの話しで申し訳ないですが、玉置神社はかなり以前からまりちゃんが一度行ってみようと言ってましてね。そのころ私には興味なしでした(笑)。
その後、カールさんからも玉置神社の霊験あらたかさを聞いて興味がちょっと湧いていました。
うん。これ見てください。
s-P9021438.jpg



修験道の奥駈道とも深い繋りあるね。
私にはクマと格闘する勇気もないけど、修験者さんならクマなんか蹴散らすんやろなぁと。
奥駈道を通して歩く勇気体力は私は持ち合せてないけど、そこで一番高い山である八経ヶ岳には一度登ってみたいと。ねえやんも行かないかなぁ?(笑)。

はい。話し長くなりましたが、つづきはまだあります。
玉置神社には車を置いて15分ぐらい歩いて行きます。
私にはよくわかりませんでしたが、周回コースもあるようで。
いろいろいっぱいお願い事をして玉置神社を後にしたのでしたが、まりちゃんはもう一回行く!と言い出しましてね。ま〜あやら〜でしたが、そのお陰で大切なお守りを買うことができて本当に良かったです。

今回、私らが玉置神社に行く直前にカールさんも玉置神社へ行ってたとの事。それを知らずにまりちゃんは突然玉置神社へ行くと言い出したのが不思議で、何かに引き寄せられた私らだったのかもと思った私でした。
s-P9021437.jpg

s-P9021441.jpg

s-P9021443.jpg

s-P9021448.jpg

s-P9021446.jpg



はい。楽しそうなまりちゃんの図でした(笑)。


by 理事長


追記>もりまり

理事長さんが玉置神社で一番興味を示したのは、社務所近くの鉢で飼われていた、アカハライモリでした(-_-;)
s-IMG_1238.jpg
アカハライモリをのぞき込む理事長さんの図(笑)


Posted by ふるさと企画舎 at 14:45 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ