CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年02月 | Main | 2020年04月»
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
熊野古道中辺路二人旅パート3 [2020年03月17日(Tue)]

高野坂と言う峠を下りてからは、三輪崎、佐野、宇久井と言う町中を難なく通り次はいよいよ那智と言うところで試練がいっぱいだった。

私らの持っていたマップではイマイチよくわからずで、小狗子(こくじ)峠の入り口がわからなく旧道のトンネルを歩くことになってしまった。
IMG_8975.jpg

トンネルを抜けるとこんな浜が。確かにここも熊野古道のコースにはなっているようだった。
IMG_9185.jpg

次は大狗子(おおくじ)峠。ここにも旧道のトンネルがありました。まあトンネル歩いて楽しょうや〜と思った私でしたかな。トンネルならすぐやじょ〜と言ってな(笑)。
IMG_9186.jpg

こんな峠を越え。
IMG_9187.jpg

マップを見ると。ここからはなんと、案の定と言うか国道42号脇を那智駅までひたすら歩くのみのルートしかないではないか!。前にも車で那智に来たとき、ここは何処に熊野古道のコースがあるんやろ?と思ってた私。まさかここを歩けと?。確かに海と線路と国道は接近しており、熊野古道はどちらかにかき消されているのだとは思うが、線路と国道の間には歩くコースを作るぐらいのスペースはある!と思う。

こんな危ないところを後ろを気にしながら早足で二人はハラハラしながら歩いた。私はまりちゃんと程よい間を開けて。万が一後ろからはねられた場合二人一緒よりはよいからだ。あの線路道よりかなりの危険度。大型車が来たときなんて最悪だ。ガードレールにへばりつくしかない。本当に最悪!。生きた心地しなかった。
IMG_9192.jpg

これあかんやり〜和歌山県!。とガッカリの私。
現在、中辺路と伊勢路をつなげようよ!と和歌山県は田辺市からすごいアプローチがあるのだ。道には県境なんてないからそうしてもらえるのは嬉しいのだが、こんなコースを和歌山県は何も改善もせず勧めているのか?とビックリ。三重県の伊勢路にもこんな場所は多少はあるが安全なコースも同時にある。ここは交通量の多い国道のうえ距離がかなりある。
せっかくの素晴らしいコースなのにこれでは人に勧められん。

なんとか無事に那智駅に到着できた。やれやれ…。
IMG_9195.jpg

この後、二人はバスに乗り勝浦へ。マスクしてね。降りたら手を殺菌してね。まりちゃんは勝浦でホテル泊だし。
まずは、まりちゃんが足湯に連れてってくれた。
素晴らしい施設。やるやんか和歌山県だったかな(笑)。
IMG_8979.jpg

次は駅前で夕食。
IMG_8980.jpg

この後、私だけ那智へ戻る事に相成り候。
那智駅の一つ手前でバスを下りる。さあ今からは一人だ。
IMG_9196.jpg

急に親から見放された子供のような不安にかられる。でも私は秘密基地(テント)担いだバックパッカーのはしくれなのだ。これだけは譲れない。へんてこりんな使命感だ(笑)。
現代の熊野古道の旅人。人様にいかに迷惑かけずに一晩の野宿をお許しさせていただきたく候。

アーメン…。




つづく〜(⌒0⌒)/~~


by 理事長
| 次へ