CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年05月 | Main | 2014年07月»
<< 2014年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
理事長
くき漬けが終りましたよ〜(^.^)/~~~ (11/01) もりまり
喜久寿司のてこね寿司 (10/31) 神奈川フレンド
喜久寿司のてこね寿司 (10/31) かえで母
くき漬けが終りましたよ〜(^.^)/~~~ (08/13) 理事長
くき漬けの刈り取りが終了しました!。 (08/06) ゆか
くき漬けの刈り取りが終了しました!。 (08/05)
めだかの学校長in船津小学校 (07/30) トトロ
道成寺 (06/22)
道成寺 (06/22) 理事長
ソロキャンプ〜\(^_^)/ (02/28)
月別アーカイブ
豆アジのサビキ釣りをしました。パート2 [2014年06月01日(Sun)]
はい。ジーさんや〜バーさんや〜と言ってる訳ではありません(笑)。
DSC00073 (コピー).jpg


天満で町おこし活動をする松井のバーさんが、釣りコン?に訪れてくれました(笑)。
冗談はともかく、私が一目も二目も置く松井さん。
この地域ではダントツ一番の活動家ですね。
夢古道のバイキングランチ作りを高齢のため撤退しましが、次はのびのびと天満の魅力づくりに頑張っていましてね。

前に私のところにご丁寧に本人自ら天満のマップを持って来てくれたので、私は微力ながらもその気持ちに応えられないか!?と、この豆アジのサビキ釣りを天満の魅力に考えた次第だったのですね。
天満には、風光明媚な湾がある訳ですからね。
ここで、アジや他の魚を釣って松井さんらの本拠地の天満荘で料理の達人揃いの天満の皆さんに、さばき方や料理を教えてもらいその場で食べれたらそりゃ〜すてきですよね。
松井のバーさんが、ふるさとの母ちゃん、バーちゃんと言う設定やね。
松井さんは、弁が立ち、本当に楽しく、エネルギー満タンのすごいバーさんなんですわ。
一度会えば、忘れられないですよ!。

はい。そんなこんなで目下の目的は西口ぼっちゃんに、サビキ釣りをマスターしてもらう事。バンザイしてますが、本当にわかっとるんやろねぇ(笑)。
DSC00086 (コピー).jpg


はい。初めはこんな感じ。
DSC00092 (コピー).jpg


はい。西口ぼっちゃんのフレンドさんや、上村君のフレンドさんも駆け付けてくれたおかげでまだ早い時期でしたが、最終的にはここまで頑張って釣りました。
DSC00120 (コピー).jpg


一番でかいのは、上村君が釣りましたね。彼女さんは二番目。肝心の西口ぼっちゃんは、あ〜あ〜〜やで…。いや、一匹ぐらいは釣ってたかな(笑)。

はい。みんなで松井さんを囲み天満の事情話しを聞いたりしました。
DSC00080 (コピー).jpg


夕暮れ迫る頃、仕事を終えたまりちゃんも合流。
まりちゃんはサビキ釣りにはなかなかの強者。
DSC00113 (コピー).jpg


見とるだけでは我慢できず、やっぱりやりだしました(笑)。
DSC00137 (コピー).jpg


まりちゃんは、以前引本でみんなでサビキ釣りをした時、自分だけ釣れないと、頭から湯気を出し、まーっなんで私だけ釣れんのー!と言い場所を取ってくぐらいの強者やでね(笑)。
根性違います。すぐに一匹上げました。

はい。私のこだわり。
DSC00157 (コピー).jpg

サビキ釣りは匂いが強いので、終わってから車に道具を積む時は、プラケースに入れて持ち帰ります。
また、サビキ釣りには欠かせない道具として水汲みバケツあります。サビキが入っているサビキバケツの水が減って来たら汲むためですが、その場でサビキバケツを洗ったり、サビキで汚した釣り場を最後は流して帰ります。
また、サビキを踏んだ靴もそのまま車に乗るのは危険です。
犬の糞を踏んづけ知らない状態になりますので、流した海水のところをピチャピチャ歩き、靴裏のサビキを取ってあげましょうね。

はい。グッドなアベックでしょう♪。
DSC00140-2 (コピー).jpg


松井さんとは、普段は会うことはない私ですが、出逢いはかなり昔。二人は赤い糸で結ばれているのですね。

お互いが尊敬しあい、ひかれ合っているのです。

あんた市長になってくれい〜と言ってくれましてね。
ワシは総理大臣になりたいんやで〜ってね(笑)。
ジーさんや〜バーさんや〜のたわいもない会話(笑)。

そんなわけわからんみんなを優しく天満の夕日がつつんでくれました。
DSC00146 (コピー).jpg


釣ったアジはと言うと、バーさんが飯炊いたろ〜と言ってくれましてね。

西口ぼっちゃんはじめ、若者三人はアジのフライを作ってもらうため天満荘へ。

さすがバーさん。そのかわりミカンジュース作りを手伝えい〜やって。青ざめる若者三人やったな(笑)。

恐るべし、松井のバーさん!。

まりちゃんも歳とったらこーなるんやろな〜と不安に駆られるジーさんやったな(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 00:00 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ