CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年10月 | Main | 2012年12月»
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
種芋保管完了! [2012年11月26日(Mon)]
ふるさと企画舎に、やまねのぶが登場してすぐの仕事が
「種芋保管」。
普段は畑に出ることが少ない私ですが
人手が必要なときに「猫の手」のお手伝い。

まずは収穫後そのままに活けてあった種芋を掘り起こします。
すでに芽が出ているので、芽を折らないように
手でやさしく掘り起こします。
s-IMGP8344.jpg

要領を得てきた所で、
芋を傷つけないように少し外側からスコップで掘り起こします。
s-IMGP8345.jpg
このあと画像はありませんが
道具をフォークに変更して作業効率大幅アップ!

小芋・孫芋をはずして残った親芋が種芋になります。
これは立派な手のひらサイズ。
芽もたくさん出そうです。
s-IMGP8348.jpg

くき漬け用のヤツガシラの種芋は
ただ大きな芋ではダメなんです。
食べる芋ではなく茎が必要なので、
少々芋が小さくても
芽がたくさん出ているのが「いい種芋」ということになります。
もちろん大きいほうがいいですが・・・

大事な種芋を保管庫に並べます。
ここでも芽を折らないように注意して、
きれいに並べていきます。
大柄な新人やまねのぶは、かなり窮屈そうです。
s-IMGP8366.jpg

種芋をびっしり並べたら、その上に
砂と畑の土を混ぜてふるいにかけてサラサラにしたものをかけ、
さらにもみ殻をかけます。
その上にさらに種芋を並べ・・・と三段重ねにしました。
最後にカヤとシートを被せ、完了です。

この保管庫で暖かく冬を越し、
春になったら取り出して植えつけます。
来シーズンに向けて始動しました。
次は土作りです。

   by hoo
Posted by ふるさと企画舎 at 15:19 | くき漬け大作戦 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ