CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 季節を楽しむ | Main | 仲間»
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
理事長
くき漬けが終りましたよ〜(^.^)/~~~ (11/01) もりまり
喜久寿司のてこね寿司 (10/31) 神奈川フレンド
喜久寿司のてこね寿司 (10/31) かえで母
くき漬けが終りましたよ〜(^.^)/~~~ (08/13) 理事長
くき漬けの刈り取りが終了しました!。 (08/06) ゆか
くき漬けの刈り取りが終了しました!。 (08/05)
めだかの学校長in船津小学校 (07/30) トトロ
道成寺 (06/22)
道成寺 (06/22) 理事長
ソロキャンプ〜\(^_^)/ (02/28)
月別アーカイブ
宮川方面? [2020年04月04日(Sat)]

先日、取り急ぎの気持ちで宮川方面に行って来ました。

はて、宮川方面とな?なんですが、目的地は二つ。

まずは奥伊勢フォレストピアさんところ。前には奥伊勢さんの女性スタッフのお二人さんがキャンプイン海山を訪れてくれましてね。
奥伊勢さんもグランピング以外にもキャンプ場を広げるとの事で。
奥伊勢フォレストピア キャンプサイト

業者に任せるのではなく、自分達で作業してる!と。その想いに胸を打たれましてね。なので早く現場を見てみたいと思った次第。
また、キャンプを快適にすることを考えた時、キャンプをしている人の方が現場はわかるからね。もちろん女性のお二人さんが素敵だったのも急いだ理由だ(笑)。

私には本当に久しぶりの奥伊勢フォレストピア。あ〜こんな雰囲気だったね〜といろいろ思い出し。
IMG_0188.jpg

IMG_0189.jpg

IMG_0186.jpg


でもちょっと残念だったのは、ホテル周りにクヌギ林がもっとたくさんあった記憶があったのだけどね。
今となっては利用価値のないクヌギなんかよりきれいな花の咲く樹木に植え替えられたのではないかと。

私も自然保護活動をしていたこともあり、無謀な開発には心痛めてたことを思い出してしまってましたな。まあ価値観の違いで致し方ないのはわかるのですが。
今後の地球は更に自然環境を大切にして行くと私は思ってますよ。

ともかく、奥伊勢さんの素晴らしいところは、キャンプをしながら素敵なホテルがあるので、リッチな気分も味わえるのが、素晴らしい魅力だとわかりました。これは他にはなかなかない魅力のキャンプ場になるね。温泉もあるし。なのでなおさらキャンパーに気に入ってもらえるキャンプ施設になってほしいもの。

はい。この日は出発が遅かったので、これ以上先に行くか迷ったのでしたが、先に進むことにしました。
銚子川ではありません。宮川です。宮川の上流部ですね。やっぱり素晴らしい川。
IMG_0191.jpg


はい。先に進んだのは何故か?そこにはやっぱり素敵な女性さんが♪。
IMG_0192.jpg


ここは大杉小学校(廃校)を利用した大杉谷自然学校です。そこにはかおりんこと、大西かおりちゃんがNPOの代表として居ます。このかおりちゃんには私のような者が束になってもかなわないぐらい本当に素晴らしい女性。
これからも頑張ってほしいと思っています。

ずっと昔から知ってるかおりちゃんなのに、ここに来たのは初めての私。もっと早く来たら良かったよ〜と反省の私でしたかな。

はい。時間も遅くなり申し訳なかったのでしたが、帰りの道中は私には久しぶりの道なので慎重にゆっくり走りました。こんな時も歳とったな〜運転とろくなったな〜と痛感しますな(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:36 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
やっと見つけました! [2020年03月26日(Thu)]

先の那智行きから、このペースで続きを歩こうかと計画中!。

そこで、小雲峠の下り口出口だけは知っておきたいと思いすきを見て熊野本宮まで行ってきました。入口や出口がわかっていないと土地勘つかめなくて。

するとビックリ!。そこはこんな走りなれた場所だった。
IMG_0145.jpg


まさかこんなところにあったなんて。
IMG_0146.jpg


途中小口では、私より歳の大きいバックパッカーさんと出会い話をさせていただいたりした。
IMG_0108.jpg


大阪からで、テントは40年前のもので、シュラフは息子から借りた3シーズンの物で寒かったよ〜と。

でも生き生きしててバックパッカーをた楽しんでいるのが本当に私もワクワクさせてもらった。
バックパッカーに優しい日本であってほしい。

大雲峠下り口の小口では桜が素晴らしかった。
IMG_0106.jpg


また、川が本当にきれい。銚子川によく似た優しい川でした。
IMG_0105.jpg


うん。熊野本宮のゴールは間近になったかと。気持ちはもうその世界にいる(笑)。

帰りがけ飛雪の滝キャンプ場に寄ろうと考え大森さんに連絡したら休みでしたので遠目に写真を撮った。
IMG_0153.jpg

IMG_0154.jpg


本宮付近では桜は満開のような場所もたくさんだったけど、飛雪ではこれからで、キャンプインと同じぐらいかなぁと思いました。桜の季節は天気よくなってほしいですね。

はい。そんな矢先、今日ゆかねえが素晴らしいマップをキャンプインに持って来てくれた。
IMG_0165.jpg


感謝感謝。

最後の一番の難所を来月中頃に越えたいと思います。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 20:29 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
準備! [2020年03月11日(Wed)]

コロナウイルス、本当にいやになりますな。
キャンプイン海山としても予定が狂っています。皆様、いろいろと申し訳ないですね。
早く収束してほしいです。

はい。なんの準備か?って。
このタイミングですが、熊野古道を歩いてみようと思います。
これから歩く路は和歌山なので伊勢路とは言えないのかな?と。
IMG_9080.jpg

今回は前回の続きの速玉大社からなのですな。とりあえず公共の乗り物は極力使わないこととします。マスク、消毒も持ってと。
今回は一泊ので那智大社、青岸渡寺まで。

この杖は息子がまだ小学生の時に娘と三人で青岸渡寺に行き買ったもの。確かあの時息子は片目を腫らせてましてね。目が治るように青岸渡寺でお願いしたのだとか(笑)。確かそれからすぐに治った記憶が。なつかしい思い出。その頃からお父さんは伊勢から熊野本宮まで歩くイメージをしてたのです。
IMG_9082.jpg

その後、紀伊半島豪雨で甚大な被害をうけた那智。胸が痛みます。復興を見てみたいと思います。

ともかく、この杖を再び青岸渡寺に持って行き手を合わせたい!。伊勢からずっと私を守ってくれた杖。

コロナウイルスの収束をまずは願わずにはいられない。

それでは明日から行って来ますね。

お供にまりちゃんを付けてか(笑)。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 10:26 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
特別な薪! [2020年03月09日(Mon)]

焚き火好きの私には薪の長さがとても重要。

何故か?私的には近年、薪をバンバン燃やすより、チビりチビりと燃やす事で満足できるからなのかと。こんなのはまあ私の私情と言う事ですが、私の私情と流行の薪ストーブが重なったと言うことで。

ともかく、キャンプ荷物を減らしたい気持ちの中では焚き火台をコンパクトにしたい私。ショウズのチビをよく使う私なのですが、はい本題はそこ。薪の長さなんですね。チビぐらいなら20センチもあればよい。よいと言うよりその方が有効なんです。

そして、カールさんに教えてもらった焚き火のやり方。それは備長練り炭を多用することで薪が減らせるのです。
とは言え、燃え上がる火柱が楽しみの焚き火ですから、薪を燃やしますが、そこはチマチマ割った薪をチマチマくべる。暖としては備長炭練り炭、なので焚き火を近くに寄せる工夫でもあるのです。
火の粉をはぜかさない工夫と言えるかなと。

ちょっと派手に焚き火を楽しみたい気分の時の私の焚き火台はスノーピークのS。料理的にはチビパンで肉を焼くぐらいの私なので、まあSで充分なのですが(笑)

はい。前置きが長くなり申し訳ない。
今日はそんな短い薪作りをした私でした。写真はないですが、お客さんのちびっこも手伝ってくれました。
IMG_8925.jpg

割った薪を半分に切らなくてはなりません。これがまた手間がかかるし、オガコが舞うので後ろから扇風機を回しているのです。
IMG_8929.jpg


長さ30センチのいつもの薪はきらさず在庫は必ずありますが、この短い薪は
作るのが面倒なので、欠品になることもあり申し訳ないのですが、小型薪ストーブや小型焚き火台には名品の薪と言えますな♪。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 18:15 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
テントの天日干し〜! [2020年03月06日(Fri)]

またもテントについて(笑)。

現在の私のキャンプは一人が基本ですね。

魅力あるテントがいっぱい販売されています。

どのテントが一番自分に合っているか考えるのは楽しくもあり苦しくもあり(笑)。

ともかく、この月曜と火曜は天気が良かったのでテントの天日干しをしていた私。特にコットンやポリコットンですから。

バックパッカー以外のテントが4つもありますな。
IMG_9069.jpg


ハラハラワクワクドキドキの秘密基地USテントに、待ち焦がれてやっと買えたパンダ。その後、USの進化型のバンドックが加わり、この度炎幕EVOが私の元へ(笑)。
IMG_9070.jpg


テント一つで勝負できたらと思ってる私なので、EVOの全天候型!と言うキャチフレーズに魅力を感じ息子と同じテントを試してみることに相成り候(笑)。
確かに試し張りでは全天候型を実感したところ。暑さには弱いし風にも弱いテントかと。

ともかく使い分けするのが得策と!と思いましたな。
それぞれ違う魅力が。

まずはパンダ。久しぶりに張ってみました。
IMG_9074.jpg

IMG_9077.jpg

IMG_9075.jpg


この前にはバンドックも張ってみたところ。

パンダはテント一つで全天候型とはならない。雨の場合の使い方がイマイチ。タープが必要になるか。バンドックはUSよりは優れているが、全天候型とは言いがたい。
なので、EVOか?と思いきや、このテントにも悪いところもある。

悩めるね〜楽しいね〜と言うことで

アホやろ(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 13:17 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
銚子川に生き物の専門家さんが集りました! [2020年03月01日(Sun)]

先日、内山りゅうさんはじめ、NHKスペシャルで銚子川の生き物たちを調べてきた専門家さんらが集り新に調査してくれました。

まだ貴重な生き物がいるのではないか!?との気持ちからです。広島から和歌山からと遠いところ集まってくれるのです。

まずは初日、まりちゃんも参加です。おぼつかないスコップさばきで、よお捕まえられんやろ〜と遠目に見てましたら悲鳴のような叫びが聞こえましてビックリしましたな(笑)。
IMG_9060.jpg


はい。出ましたイドミミズハゼ!。私の捕まえたものよりでかいと自慢タラタラ(笑)。
IMG_9061.jpg


なんとこの後、銚子川の新種のチョウシガワメリタヨコエビも捕まえたまりちゃん。まいりました(笑)。

この日は、スコップ掘りのスペシャリストのかわもっちゃんが、まず珍しいユウスイミミズハゼを捕まえました。やっぱりすごいかわもっちゃん!。専門家さんからも絶賛。こりゃ〜専門家に連れられて全国に行かんなんかもね〜と思いました(笑)。

そしてこの日の夜はNHKさんも合流して、一連の銚子川テレビ放送のお疲れ様会をしました。
IMG_8882.jpg


本当、皆さんいろいろとお疲れ様でした。ありがとうございました!でした。

専門家さんや、内山りゅうさんから船津川にも入ってみようよ!と言ってくださり私には念願の船津川の調査となり本当に嬉しかったです。私には船津川は子供の頃からの遊び場なんです。なのでその遊び場だった場所に案内させていただきました(笑)。
IMG_8879.jpg


私はなんもよう捕まえませんでしたが、さすが専門家さん、かわもっちゃん!。
イドミミズハゼを捕まえていたのにはビックリ嬉しい私でした。

銚子川ではいろいろ環境の変化もありがっかりした今回でしたし、探している生き物が中流上流とこわいぐらい居なかったです。

ともかく、皆さんに感謝感謝。
今後とも続けてもらいたいなぁと思った私でした。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:54 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
テントいろいろ(笑)。 [2020年02月29日(Sat)]

先のブログでのMSRの一人用と二人用のテントの重量はやっぱりかなり差がありますな。表示間違いなのかと。申し訳ない。私には一人用で良かったと言うことで(笑)。

はい。これなんやろ?。
IMG_9039.jpg


開けてみます。
IMG_9040.jpg


これはテンマクと言うメーカーの炎幕DXEVOと言うテント。このテントには賛否がたくさん。まずはこのアンカーゴム。
なんでこの部分がゴムなの!?と言う声があるが張ってみて理由がわかった。気に入らなければ交換できるからなお素晴らしい。
IMG_9041.jpg


続いてテントロープ。このワイルドなテントにこのロープ。かなりダサいのは間違いない(笑)。
このペグは私は好きでなかったけど、すごい利点のあるペグなんだ。
IMG_9042.jpg


ともかく、テントをまた買ったんかい〜!?アホやろ〜と思われるでしょうが、このテントは私の息子のテント。まずはお父さんが試し張りを。
IMG_9043.jpg



このテントはコットンとナイロンの珍しいハイプリットテント。
IMG_9044.jpg


これにも賛否がたくさん。ナイロンテントはかなり早く?寿命が来ますな。劣化が激しいのです。でもまあうまく使えば長持ちはするかと。なのでなかり高価なナイロンテントでもコットン等に比べたらもったいない感があります。でもコットンにもいろいろ弱点もありますが、10年後に蓋を開けて使えるのはコットンテントなのかと。
まあ10年後にはまた素晴らしいテントも出てることでしょうし。考え方次第と言うことで。

IMG_9046.jpg


ともかくこのテントには使いかってを考えたアイディアたくさんで興味いっぱい。
まずはこれを見てください。
IMG_9047.jpg


サイドを閉じるとこんな感じ。雨風、寒さから守ってくれます。
IMG_9048.jpg


こんな使い方も。煙り抜き?にこんなこともできました。
またナイロン部分がかなり厚いナイロンで安心感大ですな。
IMG_9053.jpg



張出し部分のスカートはナイロンではなくコットンなので、スカートからテンションかけれるのでスカートが前にだらんと垂れ下がることがないですな。
IMG_9054.jpg


火の粉が当たりにくい場所はナイロンなので、雨にも強くかなり理想的なテントと言えるのかと。この良さはパソコン画面からはわかりませんでした。お客さんのテントを見てビックリわかった次第。
なのでテンマクさんはアピール不足でかなり損をしているのかと。そのため?人気がでないので廃盤になるのか?現在安売り中ですな。
インナーが別売りで高額なのがつらいところなのですが。

なので息子にお父さんの持ってるインナーで合ったらあげようとしたけど合わなかった(笑)。
IMG_9045.jpg


またこのテントの損をしているところ。パソコンでどの写真を見てもカラーがわからないのだ。右下のアソビトのペグケースと同じカラーをしているテントなのに写真に撮るとこんなカラーにか映らない。不思議だ(笑)。
IMG_9056.jpg


ともかく素晴らしいテントだ!と判断しました。
IMG_9057.jpg



お父さんも欲しい(笑)。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 12:27 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
熊野古道協働会議の会合に行ってきました! [2020年02月15日(Sat)]


IMG_8989.jpg

最近はなんだかドタバタしてる私かな。

出かけることが多いですね。なんかいっぱいいろんなことある(笑)。

先には熊野古道協働会議と言う集りに行ってきました。
三重県行政から熊野古道のボランティア組織の集りです。

三重県の熊野古道を取り巻く状況の最先端がわかるため私も行ってきました。
私的には、現在進めている熊野古道統一目印の近況を説明する場面があるかもしれないからでした。そのタイミングは時間切れでありませんでしたが、この会合で感じたことを少しこの場で伝えさせてもらいたいかな。

これは前から感じていることですが、熊野古道では行政とボランティアがうまく歯車が合ってまへんな。
三重県には情報や狙いどころをしっかりしてほしいとは思いますが、あんまり行政をあてにしない方がよいのかと。とは言え活動家さんらの高齢化が大変です。私なんかまだ若者の方になりますからね。熊野古道の次の世代を育てて来れなかった反省も必要。どんな場面でも人材不足を痛感してます。
行政にも頼るのも仕方ない。
いつまでも若くいられませんからねぇ。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:31 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ダーウィンがやって来た〜(⌒0⌒)/ [2020年02月08日(Sat)]

いよいよ、明日放送のダーウィンですね。皆様、ぜひご覧くださいませ。
IMG_8687.jpg


『ダーウィンが来た! 〜大冒険!清流の抱きつきガエル』

先のワイルドライフのナガレヒキガエルが素敵でしたね。


不思議な世界もあるものです。ナガレヒキガエルの生態には笑ったり応援したり悲しんだりした素晴らしいワイルドライフでした。

ちょっとここでご了承いただきたい事が。
今回のダーウィンが来たでのナガレヒキガエルの収録では、当初のストーリーから変わったとNHKから連絡ありまして。

なので確かキャンプインで、私を尋ねて来た内山りゅうさんの収録では、私やその時利用してくれていたキャンプインのお客さんにも聞き取り質問をした収録があったのでしたが、その部分はストーリー変更からカットになったと言うことです。

私はもかく、お客さんには楽しみにしてくれていると思われるので、この場で私からお詫び申し上げさせていただきます。
申し訳ありません。

その変更は私の推測としてちょっと伝えさせてもらえるならば、当初のユーモアなストーリーから核心 に迫る内容になったのかと。
それだけ今回の収録でナガレヒキガエルの素晴らしい映像や記録的な事があったからだと思っています。

カットされた部分は本当に申し訳ありませんが、ナガレヒキガエルの魅力をぜひ見てもらえたらと思います。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 18:32 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
写真教室! [2020年02月07日(Fri)]
先には紀北町観光協会の道畑プロ指導の写真教室があり、トトロとちいねえがブログで紹介してくれましたが、私からも少し。

今回の写真教室は私も気合いをいれ一眼レフを持ってのぞみました。

写真こうしゃくの多い私はいったいどんな素敵な写真を撮っていたでしょうか〜!?です(笑)。

今はデジタルカメラで便利な撮影となりましたが、フイルム時代には撮影の一枚一枚に気合いと根性とお金を注ぎ込んでいたので、よく考えて撮影してた記憶ありますね。今は撮影写真がその場で見えるし何枚撮ってもお金かからないし〜本当、写真の素晴らしさを手軽に楽しめて便利やな〜と思います。

はい。長島港に集合して、魚まちに行きます。今回は魚まちを通っている熊野古道伊勢路がテーマ。
DSC_2150.jpg

はい。面白い町です。ひしめき合ってますので、空間を素晴らしく利用しておりますね。
DSC_2158.jpg

参加者さんをその場でモデルにしてしまうのが、この写真教室の素晴らしいところ(笑)。
DSC_2176.jpg

最初の撮影ポイントの長楽寺では。住職さんからお寺の歴史を聞かせていただき歴史ある梅を撮影させていただきました。
DSC_2196.jpg

ここからは私の気合いの入った?写真をば。
DSC_2216.jpg

DSC_2224.jpg

DSC_2329.jpg

DSC_2388.jpg

DSC_2428.jpg

DSC_2462.jpg

かな(笑)。

どれもタイミングを逃がした中途半端ばかりの写真となりましたなぁ。

久しぶりの一眼レフの操作で手間取った感はありまして…。

うっかりしてデータ設定は軽すぎたし…。

開催側なのでゆっくり考えての撮影もできず…と言い訳ばかり(笑)。

こうなっても、さらにこうしゃくを言わせてもらうなら、観光写真と言う言葉がありましたな。観光写真とは観光地に行ってきれいな写真を撮る。まあ誰にでもきれいな写真が撮れると言う意味かな。

どんな場所でもいかにその場所の臨場感等を撮影できるか!?が写真の醍醐味ではないか?と思ってる私です。そこには何か必ず良いものが潜んでいます。それを写真で表現する。
その気持ちは俳句のようなものかと。

今回、トトロやちいねえの撮影した写真には素晴らしい変化を見つけられ腕前が上がったように喜んでいる私です。

後になり申し訳ありませんでしたが、お昼は地元料理店の女将が地元食を食べさせてくれました。女将さん、スタッフさんありがとうございました。お疲れ様でした。
DSC_2277.jpg

はい。写真撮影の話をしてるそんな私らを見たまりちゃんが、こんな本を買ってくれましたな。
DSC_2467.jpg

私も読みました。とても新鮮で勉強になりました。また若い頃のように山歩きしながらゆっくり写真撮影を楽しんでみたいなぁと思いました。


by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:13 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ