• もっと見る
«ワンポール用テーブル | Main | 青川峡キャンピングパークさんに行ってきました!»
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/26) 世古美紀
同級生!(笑) (10/24) ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/23) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22)
月別アーカイブ
最後の大辺路! [2024年06月04日(Tue)]
ちょっと慌ただしいのですが、今日から一泊で最後の大辺路を歩き出しました。

本当は今日は私が宿直だったのですが、トトロがしてくれてるのかな。優しいトトロで(笑)。

また、今日は列車ではなくまりちゃんの車で古座駅に下ろしてもらいました。そうまりちゃんは私にちょっと合わせて、大島でソロキャンプの予定を入れてね。

そんなこんなで古座駅。
image0.jpeg

あのね、大辺路おもろすぎます。
古座川の旧道。
image1.jpeg

地域の人と何度か話しできました。
この古座川の街道は古く江戸時代ぐらいからでしょう。オッチャンの話しでは明治時代からの建物があると指差して教えてくれましたから。

そのあと、国道42をかなり歩いて現在はこにわと言うゲストハウスの前まで来ています。3時半。

今日の目的地は目の前なんだけど。もう慌てなくてよい。気分が遥か彼方に飛んでしまっている(笑)。

この場所。
image2.jpeg

まさかこんな場所があるとわ!。

冷えたビールを飲んだ。今夜のために置いてあったんだけど。ロケーション最高で。

架空の話しだが、もし若いカップルが大辺路を歩きこの場所に来たとしたら、この開放感に身震いするだろう。国道は真上。列車が来たら見えるんだけど瞬間だけ。
プライベートビーチ。

そして目の前は紀伊半島最南端ぐらいの穏やかな海。

そのロケーションの中、若いカップルは汗を流すため裸になり海に飛び込むだろう。そして離れず夜を明かすだろう!とそんな小説を書いた私だな。

オッチャンならどうするん〜?と言われてもノーコメントだが(笑)。
image3.jpeg
大辺路素晴らしい!!。

by理事長
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント