• もっと見る
«よしだで夜ごはん | Main | ワンポール用テーブル»
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/26) 世古美紀
同級生!(笑) (10/24) ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/23) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22)
月別アーカイブ
いろいろ(笑) [2024年06月02日(Sun)]
なんだかいろいろ熱中してるかな。

ともかく、慌ただしくなった。コロナもあり何年か中止していたきほく七夕物語がこのタイミングで動き出した。久しぶりの開催には体力使うから、今回は熊野古道世界遺産20周年のタイミングなので銚子川でのカプセルではなく、馬越峠の石畳の天の川になればとね。しかし場所が場所なので集客目的としては考えにくく、世界遺産を七夕物語の気持ちでお祝い協力したいと思っています。皆様のご理解の程よろしくお願いできましたらと思います。映像等で残せましたらと。

はい。前回の大辺路より帰り気持ちの整理もできずにいたら、宿直が入った。その時点で大辺路は頭の中から消した…(笑)。
向かったところはキャンプだったね。相変わらずの私のキャンプ事情で申し訳ありません。
うん。ダイヤモンド張りの奥深さを今になり痛感してる。私のレベルなんてこんなもんだな(笑)。
ダイヤモンド張りをピンときれいに張りたい!だ。
タープサイズからくるリッジラインの高さ傾斜がわからない。背を引っ張るための傾斜なんだけど、それはロープの長さで調整できるんだけど面倒くさい。とは言え背側を低くするとうっかり引っかかるんだね。ああ面倒くさいヤツだな。
IMG_0887.jpg

IMG_0888.jpg

また、荷物の配置。私のダイヤモンド張りはタープサイズから極小だから荷物を小型化や配置がポイントにもなる。こんな感じかなと。手前のアソビトを薪入れとした。ちょと料理するとなると荷物増えたから。
IMG_0886.jpg

タープでのシェルター作りでは私はメッシュインナーをタープ下に作れない。うまくできないんだ。そんなレベル。なので虫の季節にはタープ下では極力寝ない。
ともかく、私にはダイヤモンド張りが一番ワクワクする。私には岩陰なんだね。よりワイルドな気分を味わえるキャンプとなるんだよ。だからこそ道具は小さく小さく工夫するのが楽しいんだな。本当面倒くさいヤツ(笑)。

まりちゃんが帰るまでに弁当食べた。
IMG_0890.jpg

いつもは持たないソトのテーブルが。そう近いうちにちゃあの子供とダイヤモンド張りの下で焚き火するのを楽しみにしてるから、今回はその予行練習でもあったんだ。その時はこのテーブル使う。

焚き火の魅力って不思議だね。
IMG_0891.jpg

この夜は星空がきれいでした。
IMG_0896.jpg

本当、この携帯の写真機能は凄いね。これ手持ち撮影です。まあ私が知らないうちに一眼レフカメラ機能もこうなってるんやろなと。

はい。次は大辺路モードに突入!。来週火曜日から一泊予定で古座川から那智まで歩く予定を立てました。

世界遺産20周年の記念日までには大辺路を全部歩いておきたいんだね。一カ月ぐらいその予定は遅れたけどね。

by理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:25 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント