• もっと見る
«CS Summitに参加してきました。 | Main | 沖縄の味をおうちで再現!»
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/26) 世古美紀
同級生!(笑) (10/24) ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/23) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22)
月別アーカイブ
内山りゅうさんらが来てくれました! [2024年02月20日(Tue)]

先週末には銚子川生き物調査のため内山りゅうさんはじめ、平嶋さん、富川さんと言う専門家の皆さんが集まってくれました。

まずは土曜日は銚子川での作業。専門家の皆さんの銚子川は特別な川、大切にしないと!と言う認識をさらに再認識できた私でした。

現在の銚子川は生き物に配慮した川ではなくなってきてると私は思ってます。様々な問題を抱えていると。生態系として広く考えてないとならないでしょう。

専門家の皆さんやNHKさんにより、普通の綺麗なこの川が普通ではないんだよ!と言うことがわかりましたよね。それがなければなんてことない普通の川のままだったんですよ。
生き物や川を守って行くためにはその解明も大切な要素でもあると思います。

日本が誇る川となった今、その川がある私ども地域の一人一人がどう向かい合って行くか考えないと。
私は「守り育てる銚子川」であってほしいと思ってます。

素晴らしい世界をマナーを守れる素晴らしい皆さんにはどんどん体験してもらい自然の素晴らしさや大切さを学んでほしいと。
その心の豊かさがないとこの国は本当にだめになるよ。
もちろん町の将来を考えての上での話でもある。 人が来ないような町には将来が見えないね。熊野古道世界遺産もそうだけど、銚子川も世界遺産級だと思う。
ここから先は誰かに頼るのではなく地元がしっかり考えないとね。

はい。前置きが長くなり申し訳ありませんでしたが、土曜日は銚子川での作業。夜は専門家さんを囲んでの夕食と盛り上がりました。今回は作業からモリケンさんとイトウさんと言う銚子川つながりの素敵なメンバーが加わってくれましたし。

次の日曜日はまずキャンプインに皆が集り録画を見ました。
準備をしてくれるカワモッチャン。
P2180781.jpg


このNHKの録画です。
P2180782.jpg


ヨコエビと言えば銚子川では新種を発見してくれた専門家さん。この方です。富川先生。
白衣が素晴らしい。
P2180788.jpg


はい。この方ですね。白衣でないと先生とはわかりません(笑)。
まるでアイドルのような爽やかさ。
P2180783.jpg


富川さんは遠いところ今回は車で駆け付けてくれました。
P2180774.jpg


ちょっと写真がわかりずらいですが、私を引き付けた映像。
P2180787.jpg


へっへっへ、洞窟から新種でっせ(笑)。

さらにこれ。
P2180792.jpg


和歌山にはパンダもいるし海にはパンダヨコエビもいるんだ!。このかわいさには皆ビックリ。

はい。楽しい時間もあっと過ぎ。
P2180794.jpg


この後は一時間ぐらい車で移動しました。前日は収穫もあったとお聞きしましたので、二日目は銚子川から離れました。
どしゃ降りの雨の中、カッパを着こんでヘッドライトをつけ歩く皆さんとまりちゃんもで 。まるで川口ひろし探検隊みたいでしたかな。
その姿は見せれない(笑)。

新しいドラマが始まると思った私でしたが…。

いや、ドラマの始まりだ。

新しいドラマの始まりはいつもこうだろうと。



by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 17:04 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント