CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«出たぁぁ!! | Main | 散歩+ハイキング»
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
もりまり
センターハウスのウナギ  (08/06) tamo_lee
センターハウスのウナギ  (08/05) ふるさと企画舎
アユのしゃくり (08/05) tamo-lee
アユのしゃくり (08/04) ふるさと企画舎
今年のホタル (06/28) がんちゃん
今年のホタル (06/27) ふるさと企画舎
バックパッカーしてます (01/20) 中村光良
バックパッカーしてます (01/18) 理事長
いざ上高地!パート5 (11/09) 中村光良
いざ上高地!パート5 (11/09)
月別アーカイブ
チャレンジ! [2022年04月21日(Thu)]
先には、リュック一つにまとめ、汽車と徒歩でキャンプインに来てくれたキャンプパッカーさんがいました。

いつもは車で来てくれているのですが、一度チャレンジしてみたかったのだとか。

感動感動!でした。
男性が誇らしく見えた。
IMG_5079.jpg

IMG_5078.jpg

はい。私的にはこのキャンプブームがどのように変化していくのか考えております。

いくつかのタイプに分かれていくと思ってますが、その一つにこいしゆうかさんがやっている島キャンのようなタイプがあるのかと。

島キャンとは離島へ行く訳ですからフェリーはないことととらえますとどうしてもリュック一つぐらいにまとめなくてはなりません。

キャンプを続けていると、どうしても飽きがくると思います。こいしさんが言うように、そんな時はためらわずキャンプから離れるのがよいかと。

また、オートキャンプ場以外の別天地キャンプ場等に場所を求めても楽しいのかと。そう車で行けないキャンプ場ですね。

ただ、どちらにしてもルールナマーが守れないとキャンパー全体が悪者扱いされるようなことになるから、そこはしっかりしたいですね。

そんな話しを男性としつついろいろ情報をくれました。

まずは一度やってみないと!で。気づきは大切。車で来るよりかなり時間も体力もかかる。予算も決して安くない。
不便を痛感したようです。
それがあるからこそ、オートキャンプの素晴らしさが垣間見えてくるのかと。

キャンプを楽しむためなのか、歩く移動を楽しむのか目的が違うと手段も変わるのです。

また、バックパックは防災にも役立つと思いますし、成長にも生きる要素を考える場面を与えてくれるし、自然の怖さ素晴らしさも感じることができるので教育にも役立つのかと。

キャンプって素晴らしい!。


そうそう、バックパッカーって遊牧民のような一面あるのかな?と思ったりしてますな。

はい。前に文筆家の福元ひろこさんが私に愛を込めて…いや熱を込めて言ってくれた言葉を思い出す。「歩く旅人が増えたら世界は平和になる!」と。

その言葉が私を熊野古道のバックパッカーに駆り立てた一面がある。

まさしくその通りだと思った。
価値観に変化が現れる。



早く世界が平和になってほしい。

by理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 09:55 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント