CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«熊野古道センターの銚子川イベントがありました!。 | Main | 熊野古道バックパッカー!»
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふるさと企画舎
バックパッカーしてます (01/20) 中村光良
バックパッカーしてます (01/18) 理事長
いざ上高地!パート5 (11/09) 中村光良
いざ上高地!パート5 (11/09) 理事長
サンダル! (10/10) ei
サンダル! (10/07) めだかの学校長
カエル博士! (10/01) 校長先生!
カエル博士! (09/26) もりまり
銚子川講演会と「ほんじつのさかな」 (07/17) 中村光良
銚子川講演会と「ほんじつのさかな」 (07/17)
月別アーカイブ
校長先生のユーチューブデビュー!! [2021年11月29日(Mon)]
校長先生がついにユーチューブデビューします(笑)。
15142107675376.jpg

この企画はソロキャンパーさんに
林間サイトが適していることを宣伝したいのが狙いです。

近年のキャンプブームの中、ソロキャンプの人気の高まりも納得できますね。
ソロキャンプの魅力は、束縛されずに一人の時間を自然の中でキャンプと言う切り口で楽しめると言うことではないかと。
また、魅力あるキャンプギアがたくさん販売されているのも要因かなと。
また、ヒロシと言う芸人によるソロキャンプの魅力の広がりや。

ただ、最近の心配はソロキャンプスタイルでの野宿。焚き火やゴミの放置やね。これは銚子川の川遊びと同じで、はちゃめちゃをする人は一部の人なんだと思うけど。
ただ、焚き火の取り扱いは深刻。命につながる。地元としては安易に見過ごせない。

そこを私は心配している。一部のはちゃめちゃなキャンパーのためにキャンパー全体が社会から悪く見られてしまう恐れがあると。

ともかく、束縛されないソロキャンプとは言え、危険な野宿よりもキャンプ場を利用しての方がずっと安全で楽しいと思っている。

ソロキャンプと言えども、ソロキャンパー同士が集まっていた方が何かと心強く出会いもあり本当嬉しいもの。


そんな想いから校長先生のウンチクの始まり始まり〜と相成ったのだ(笑)。

もちろん、このコロナかで売上げもがた落ちのキャンプイン海山。これまででも重要課題であった冬場の集客を目指すのも狙いである。

ご覧頂いたキャンプイン海山のユーチューブを作ってくれたのは、皆さんご存知のハマジ君
はい。イケメンハマジ君を探せ〜(笑)。
IMG_0038.jpg

GOPR2261.jpg

IMG_5418-15ac5.jpg
ハマジ君との出会いは、私がハマジ君にカヌー体験でおとうさん!と言ったのがきっかけなのかな?と(笑)。

その後、キャンプインでアルバイトしてくれたり、私ども法人のホームページを手掛けてくれました。私のインタビューでうまくまとめてくれたのが、やっぱりハマジ君はすごい!と思った私。そこで今回のユーチューブをハマジ君に力を借りたい!と無理を言った次第。私の取り留めのない動きを本当にうまくユーチューブでまとめてくれました。この場をお借りしてありがとうございました!と言うことで。

ユーチューブを見てやっぱり校長はアホタンや!と笑ってもらえたら幸いです。



取り急ぎまで。

by 理事長

Posted by ふるさと企画舎 at 10:46 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント