CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«バックパッカーに優しい熊野古道伊勢路づくりの会! | Main | 台風前の準備»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
理事長
サンダル! (10/10) ei
サンダル! (10/07) めだかの学校長
カエル博士! (10/01) 校長先生!
カエル博士! (09/26) もりまり
銚子川講演会と「ほんじつのさかな」 (07/17) 中村光良
銚子川講演会と「ほんじつのさかな」 (07/17) 理事長
日めくり万年カレンダー『銚子川じかん』納品! (12/04) ゆか
日めくり万年カレンダー『銚子川じかん』納品! (12/03) 理事長
熊野本宮からのその後 (11/23) 若いねぇちゃん
熊野本宮からのその後 (11/22)
月別アーカイブ
東へ西へ(笑) [2021年09月16日(Thu)]


最近の私と吉澤君(ヨッシー)は東へ西へと熊野古道伊勢路、中辺路と下見に飛び回っていましたな(笑)。

このコロナ禍ですので、車の移動を中心に極力人に会わないようにしながら有意義な時間にしたい!とね。

そんな下見場所を少し。
s-P9041454.jpg

s-P9041455.jpg

s-P9041458.jpg

s-P9041461.jpg

s-P9041467.jpg

s-P9041469.jpg

s-P9041472.jpg

s-P9041473.jpg


はい。トトロらも偶然寄った夕陽の丘。ここも熊野古道なんだ(笑)。
s-P9041491.jpg


吉澤君が指差すものは(笑)。
s-P9051493.jpg


はい。今まで気づかなかった私がなさけないのですが、熊野古道伊勢路の本宮道。この道は熊野本宮への近道と考えるのが自然なのだと思いますが、熊野川を越えたら和歌山県なので伊勢路も熊野川までだと思ってたら、以前ひでちゃんと越えた大雲越え、小雲越えで熊野本宮に到着した訳でしたが、その小雲越えの峠の合流地点までが伊勢路となっていました。と言うことはそこから伊勢を目指した道と考えるべきやね。

はい。前から最終的に本宮道を歩きたい!と思ってた私でしたが、いろいろ調べていくと本宮道は途中からかなり厳しい車道の熊野古道となりよう歩くかいなぁと弱気な私ですが、そこまでは横垣峠、風伝峠、丸山千枚田と変化に富んでおり、知人さんらと歩く計画しておりました。

しかしまあ、コロナ禍や時期での延期をしましたが、私はなんでこんなに熊野古道を楽しく思うんやろか?と考えてしまうのです。

ぜひ皆さんにもこの楽しみを知ってもらいたいと(笑)。

まず、熊野古道伊勢路はある意味ハードなんだと思います。距離やアップダウンの話ではなく、歩く人に不便が多いと思います。

歩く為に作られたコースなら、トイレにしても買い物にしても宿泊にしても計算してコースが
作られていると思います。
熊野古道伊勢路も歩いてもらうためにいろいろ整備してますが、それは峠道を歩くためのものがほとんどやね。

でも近年はロングトレイルとして全て通して歩く人が増えています。
ロングトレイルにはもちろんバックパッカーもいます。

私的には熊野古道伊勢路こそバックパッカーに歩いてもらいたい!と。それは伊勢路が歴史的にもそんな道だったのではと思っているからです。
蟻の熊野詣でと熊野古道の売り方がありましたが、それは和歌山県の熊野古道の事やなと思っている私です。

伊勢路は西国観音信仰への道の要素があるね。那智の一番札を目指す道でもあるからです。

なので、その旅人らには華やかさはない。貧しく苦しい旅を続けていた人たち。
うん。現代のバックパッカーみたいなもんや!と。

それが伊勢路とバックパッカーの私の接点。
なんや滅茶苦茶なつなげ方やないけ〜やね(笑)。

また、まだきちんと整備されてないからこそ、ある意味ワクワクが強烈。
熊野古道を探しながら、冒険のように進む。無縁仏や石仏にあうと「こんにちは〜」と。
s-DSC_0340.jpg


本当、滅茶苦茶やわ(笑)。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 14:57 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント