• もっと見る
«世界遺産熊野古道20周年に向けた取り組み! | Main | 野苺»
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/26) 世古美紀
同級生!(笑) (10/24) ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/23) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22)
月別アーカイブ
地元の中学校さんが修学旅行に来てくれてました! [2021年06月19日(Sat)]

紀北町の赤羽中学校三年生の皆さんがキャンプイン海山に先日修学旅行で来てくれました。

このコロナ禍の現状で思案した結果のこととなりますが、私としてはとても嬉しく思いまして、なんとか素敵な思い出にしたい!と気合いが入りましたね(笑)。

まずはキャンプインに到着。吊り橋から歩いて来てくれたのにはビックリ。先日歩道を草刈しておいて良かった・・の私でした。
s-DSCN2524.jpg


子供たちは女性一人、男性三人の四人です。少なくてビックリすると思いますが、これがこの地域の現状。
いや、子供たちが一番少なくとも赤羽小中学校は地域にささえられ、アットホームな学校として素晴らしい取り組みをしてると私は以前から記憶しています。

このコロナ禍で、どの学校も修学旅行の行き先に苦労してると思いますが、例えば人数が多い学校ほど小回り利かなく心配が増えてるのだと思います。それなら尚更地元や近場で有意義な修学旅行になるよう考えてくれた赤羽中学校は素晴らしいと思います。
また、数ある候補地からキャンプインを子供たちが選んでくれたのは本当に嬉しい私どもでした。

まずは一時間ほど私の銚子川の講義が。
s-P6170801.jpg


高校生になると、地元の活性化等についてのカリキュラムがあるのは知ってた私なので、銚子川に入る前に、地域の現状から地域の将来を考えてもらいたいと、紀北町の大切なキャンプイン海山を預かる私どもとして町の将来をどのように考えているか子供たちに投げ掛けてみました。

地域の宝を守り育てる!と言うのが私の核心。
s-P6170805.jpg


赤羽中学校の環境にも赤羽川と言う素晴らしい川が流れております。平成16年の大水害から赤羽川の上流の山がかなり崩壊し大きな砂防ダムがたくさんできました。なので少しの雨でも濁る川となってしまい、人家周りでも河川工事が今でも頻繁に行われ、環境が壊れてしまったのは本当に残念ですが、それは銚子川も同じ一面もあります。

自然の回復力に期待したい私ですが、人間の気持ち一つで回復力も早まるのも事実。子供たちには地元赤羽川や自然を大切に思い、町の将来を考え行動につながる大人になってもらいたいと私の強い想いがありました。
私の結論は郷土愛を育てることが全てにおいて一番の得策だろう!と思ってますので。

そんな話しを一時間ぐらい。
s-P6170814.jpg

s-P6170817.jpg


そしてカヌー体験。
s-P6170830.jpg

s-P6170838.jpg

s-P6170849.jpg



担任の先生は素敵なアウトドア派(笑)。
s-P6170841.jpg


カヌー到着地点では、NHKスペシャルで紹介された。伏流水が沸きだすところを案内。
淵から淵の間で水が濾過されながら上流から水が下ってくること。自然の濾過機が繰り返されているからこそ透明度が高まると。それは砂利の性質や形にヒントがあるのかね〜と子供たちに投げ掛けたりした私でしたね。

安全なキンドリングでの薪割り体験も。
s-P6170879.jpg


また、焚き火をするためには火付けがとても大切で、フェザースティックの重要性もちょっと伝えました。
s-P6170900.jpg


私はフェザースティック作りが下手なんだよ〜後は担任の先生に任す!で(笑)。

あくる日、出発前に校長ちぇんちぇえからお礼の挨拶を(笑)。
s-IMG_4147.jpg


また、赤羽中学校校長先生からめだかの校長先生に嬉しいお礼の言葉を頂き頑張った甲斐があったかなぁと嬉しい私でした。
またね〜(⌒0⌒)/~~と。
s-IMG_4152.jpg


追伸…。

赤羽の校長先生とめだかの校長先生は合間で懐かしい話しなんかをろいろ話ししてまして、以前紀北町の校長会議にも来てくれましたよね〜と(笑)。
はい。めだかの学校の校長先生は本当に校長先生なんやじょっ!とキャンプイン海山のちびっ子たちに言ってますが、ね〜本当やり〜と言いたい私ですな(笑)。

赤羽中学校三年生の皆さん、校長先生はじめ先生方の皆さん、この度は本当にありがとうございました!と言うことで。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 12:50 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント