• もっと見る
«面倒くさいヤツ  道具編 | Main | コロナ禍の休日、滝をめざす!»
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/26) 世古美紀
同級生!(笑) (10/24) ふるさと企画舎
同級生!(笑) (10/23) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22) 世古美紀
同級生!(笑) (10/22)
月別アーカイブ
本当、今年は(笑)。 [2021年06月16日(Wed)]
今年は、なんだか本当に珍しい生き物と出会うね。

まあ珍しいと言うかあまり出会う機会が少ない生き物と言うか。

朝、キャンプインに向かう途中で県道の道の真ん中に小さな違和感を感じて車を止めました。

なんとこんな可愛い野鳥のヒナが!。
P6100771.jpg

ひかれるじょ〜と捕まえましたら、なんと親鳥(ヤマガラ)が私めがけてピーチクパーチク血相かえて威嚇してきました。
たぶんこのヒナは巣から落ちたので生長できるのかなぁ?と不安になりましたが、親鳥の気持ちを尊重して安全な場所へ放してあげました。
P6100776.jpg

P6100777.jpg

キャンプインに連れて育てる!もしくは野鳥に詳しいゆうやんに頼んで育ててもらう!等頭をよぎりましたが、ちょっと余裕もなく放すことにしたのでした。後日ゆうやんにこの話をすると、捕まえると人間の匂いがつくので、よろしくないと…。
確かに!野性の領域には簡単に入るものではないね〜と反省した私でしたね。

続きましてこれ!。
IMG_4105.jpg

木ではありません。イタドリですよ。こんなイタドリは初めてみました。
先日、吊橋からキャンプインまでの遊歩道を草刈りしてた私でしたが、その時発見しました。その遊歩道の上で今年はイタドリをたくさん採って食べてた私なので、イタドリは親の仇みたいにでかくなったんやろな〜と推測しましたな(笑)。
4メートル近くはありますよ。

そして先日、カヌー乗り場でこんな珍風景が。
P6120783.jpg

私はツチバチか?と思ったのですが、まりちゃんが調べたらハナバチやね〜と。
何故こんな形にするんやろ?と私なりに推測したりしてまして、雨にヒントがあると思い、雨が降った時見に行くと、私の推測が当たって?ましたかな。

富士山のようにカルデラになっており、雨が降ると土が穴を塞いでくれていたのです。ともかくなにかしら雨対策の形なのだろうと。
P6120796.jpg

このハナバチの巣もこんな集団では私は記憶ないかな。立地の環境が合えば集団になるのか?。集団行動をいつもしてるんだろう?なんて考えながら観察してますと、親ハチは足に花粉をつけて忙しくしていて、微笑ましかったです。
P6120790.jpg

そうそう、昨日同じ芝生の上でヒラタクワガタと思われる羽を一枚見つけました。これまでのヒラタクワガタではない大きさの羽でしたので、カラスに食べられてしまった残骸の羽だと思いますが、ヒラタクワガタの羽だとしたら5匹めのヒラタクワガタの発生となりますね。
まあ見つからないだけで、まだ発生してる可能性があると思いますが。

なんだか今年は本当に出会いたくさんで嬉しい私です。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 10:40 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント