CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«インターフォンに小枝? | Main | お花のプレゼント»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ナガレヒキガエル! [2020年05月26日(Tue)]

先月10日からキャンプイン海山は休業に入り、何回かナガレヒキガエルのオタマジャクシを観察してた私でしたが、休業中の作業の最中観察を忘れてしまいましてね。お客さんのマツイさんよりオタマジャクシがその後どうなったか、問い掛けありまして、ありゃ〜忘れていたよ〜と相成った次第。
今年こそはナガレヒキガエルのオタマジャクシの上陸を観察しようと思っていた私なので、問い掛けなかったらそのまま忘れてしまうところでした。あ〜良かった良かった〜で、天気が良かった今日に急いで見に行ってきました。

はい。この写真は先月29日のオタマジャクシです。ふ化したてよりはでかくなってましたな。
P4290202.jpg

P4290204.jpg

P4290205.jpg


その約1ヶ月後の今日のお昼。
まだ手足はえてないなぁ!なんて観察してましたら、一匹手足がはえているのを見つけて写真に納められずにいたのでした。
IMG_0607.jpg


すると少し向こうの水際には。
IMG_0611.jpg


ビックリビックリ手足がはえたたくさんのオタマジャクシ?いや、もうカエルと言った方がよいですね。チビカエルがたくさんいました!。

そしてなんか虫でも泳いでいるのか?と思ってたら、なんとそれらがチビカエルだったのです。
コオロギが泳いどるな?なんてね(笑)。
IMG_0622.jpg


よおく見ると水中にも手足がはえているチビカエルが。でもほとんどは足だけか?。
IMG_0631.jpg

そこがオタマジャクシとカエルのさかい目ではないかと私は思いました。あと尻尾がない。これらはもうカエルやね。
IMG_0639.jpg


詳しく観察できませんでしたが、尻尾がないカエルは浮いて泳いでいるのか、水際に上陸しているかで、もう水中には潜らないようにも思いました。
IMG_0641.jpg


爪ぐらいの寸法のこの小さなカエルがあのでかいナガレヒキガエルになるなんて誰が想像できるでしょうか(笑)。
IMG_0645.jpg


そうそう、現地には泳いでいる若者らがいたので、私が水際に行ったとき、チビカエルが居なかったのは若者らから逃げていたのですね。

若者らにはここのオタマジャクシは貴重なカエルだからいじめないように!と念を押した私でしたね。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 16:25 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント