CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«台風18号とHinokku木工体験 | Main | 台風後一日目の銚子川»
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
台風の後 [2013年09月16日(Mon)]

皆様、この度の台風18号では、ご心配、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。

また、全国的に被害も出ております。怖いですね。皆様大丈夫だったでしょうか…。

キャンプイン海山の今日の朝の写真です。
130916_064057.jpg


今回の台風は、朝方の接近だったので、私は夜早くから仮眠をして備えようと仮眠してましたら、9時過ぎにまりちゃんから、キャンプインが危ない状況の電話があり、なんでこんな時間に!?とびっくりしました。

行くと、どこが道で川かわからない状態でした。台風はこれからだと言うのに、今からこの状態なら、かなり危険だと青くなりましたね。

平成16年の大水害が頭をよぎり、自宅に避難する事を考えておけ!と電話した次第。私も帰れるかどうかでしたし…。

今回、お陰様でキャンプインもほぼなにも被害はありませんでしたが、いくら台風前の前線が雨を降らせたとは言え、近年の銚子川の増水のスピードは予想外です。

平成16年の大水害から堆積土砂が溜まり河床が上がっているのは、護岸工事が広がっているので、見てのとおりおわかりになるかと思います。
河床が上がってしまったから、これまで水が当たらない場所まで当たり崩れてしまっているからなんですが、河床が上がっていると言う事は、流れのスピードも早くなっているのかなぁと思っています。

また、銚子川は支流にダムがありますので、砂利を流す本来の水の力のバランスが失われているのかと思いますね。天災なのか人災なのか…。

銚子川の源流は、大台ケ原。平地の雨量ではなく、大台ケ原の雨量を見るべき。
やっぱり大台ケ原は雨がすごいですね。だからこそ銚子川があるのですね。

ともかく、局地的に狂ったように降るのが近年の雨のようですね。気をつけたいものです。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 15:25 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント