CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«川上村に行って来ました。パート5 | Main | 川上村に行って来ました。パート7»
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
川上村に行って来ました。パート6 [2012年11月03日(Sat)]
ちょっと不思議な感覚にとらわれながらも、一行が案内された場所は、御船の滝と言う滝でした。案内説明をちゃんと聞いてなかった私でしたが、なんか云われのある滝だとか。

はい。滝への登山口です。
s-IMG_2934.jpg

森林組合さんが手がけた木製の素晴らしい橋がところどころに架かっていました。
私はこの橋が流されないのかなぁ?と不思議に思いました。
s-IMG_2935.jpg

車道からは10分ぐらいだったでしょうか、木々のすき間から白い滝が見えて来ました。
s-IMG_2938.jpg

はい。御船の滝です。厳冬期になると氷瀑として有名な滝です。
s-IMG_2947.jpg

聞くところによると、寒い地域ですが、清五郎滝と同じで、その年の水量や冷え方で氷り方が違うらしいです。
清五郎第三の滝よりは優しく小柄な滝ですが、垂直の直瀑の滝と言うより少し傾斜がありますから、氷やすい条件ですね。
素晴らしいのは、日光が入ると言う事です。日光が当たってどれだけ溶けるかはわかりませんが、清五郎第三の滝はほぼ日光が当たりません。氷瀑に日光が当たると素晴らしい情景になるのは間違いありません。

はい。滝の下部では虹がかかっていました。
s-IMG_2939.jpg

今シーズンの私らの清五郎滝氷瀑ツアーが終わった次の日曜日には、私は必ず御船の滝の氷瀑の前に立つつもりです。
今から、どいりゃ〜ワクワクしてる私どすえ〜(笑)。

清五郎滝は大台ケ原を挟み海側に位置しますが、標高的には、御船の滝とは100メートルぐらいの低さの違いかなぁと思いました。

私どもの町から川上村へは2時間半。大阪ぐらいからでは、川上村へは2時間ぐらいでしょうか!?。
私からは、近くにありて遠きもの〜の川上村ですが、川上村の村づくり目的がはっきり、しっかりしているように見受けられました。

源流地と言う意識、環境を大切にすると言う目的。
うらまやしく素晴らしいと思いました。

この御船の滝までの途中には、井氷鹿の里と言われる、コテージに泊まりながら、自然の川を利用した子供でも釣りのできるアマゴの釣り場があり、とても魅力的でした。

冬期なら車の装備にはしっかりした準備が必要ですし、車道の整備も必要なのかとも思いましたが、それらがクリアされれば、氷瀑ツアーとして、冬期の簡単な源流見学として、また、ご当地の温かい素朴な鍋物と組み合せると、秘境として大阪方面からの素晴らしい魅力になるのではないかと思いました。

また、井氷鹿の里には団体さんが一度に土足で暖まれる施設も欲しいなぁ♪。今度また村長さんに会えたらお願いしてみよう(笑)。
ええいっ!それに雪が積もり、子供たちがソリ遊び、雪遊びができる場所でもあれば、感性が子供の私は冬になれば必ず行くな(笑)。


つづく〜(^o^)/。

by 理事長
Posted by ふるさと企画舎 at 13:28 | 理事長 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント