• もっと見る
日米修好通商条約批准のための随伴艦「咸臨丸」、37日間の航海を終え安政7年2月26日にサンフランシスコ港に到着。

日米修好通商条約批准のための外交使節の随伴艦となった「咸臨丸」は、安政7年1月19日に浦賀を出港してから37日間をかけて太平洋を横断し、安政7年2月26日(1860年3月17日)午後1時に、サンフランシスコ港に無事到着しました。

咸臨丸は入港5時間前の朝8時から汽走に移り、入港時には、メインマストに中黒長旗(幕府水軍御船手組の旗)、船尾ミズンマストのガフブームには日章旗、船首バウスプリット上には木村提督の家紋「丸に松皮菱」の旗が掲げられました。
下のイラストは、サンフランシスコ入港を目指す咸臨丸の晴れ姿が描かれています。

咸臨丸起走時イラスト.jpg

絵画「咸臨丸汽走時の精密側面イラスト」
作:西村慶明
寸法:305×465
所蔵:船の科学館

咸臨丸の入港は、アメリカ建国以来、日本の軍艦の入港は初めてということで、岸壁には見物人が大勢押し寄せ、新聞にも大々的に報道されましたが、現地では、「KanrinーMaru」ではなく「Candinmarruh」(カンディンマル)と歓迎されています。

サンフランシスコに滞在中、木村提督(木村摂津守)や勝艦長(勝麟太郎)、士官たちは各方面から歓迎パーティーに招待されたり、乗組員たちは市内見学をしたりして過ごしますが、見るもの聞くもの全てが初めてで、大きなカルチャーショックを受けたようです。

一方、幕府の使節団が乗船したアメリカの軍艦「ポーハタン」は、荒天による破損が著しく、途中ハワイに寄港して修理を行ったため、遅れて3月9日にサンフランシスコ港に入港しました。

使節団はサンフランシスコからパナマに向かい、鉄道でパナマ地峡を横断してキューバに到達し、再び船で首都ワシントンに向かい、ブキャナン大統領への表敬、批准書の交換を終えています。

軍艦「ポーハタン」は、1852(嘉永5)年9月に完成した「サスケハナ」と同型の新鋭艦で、ペリー艦隊の第2次来航時の旗艦でした。
当館が所有する記念切手「 江戸開府400年」には、下田港に停泊中の黒船「ポーハタン」が描かれています。

記念切手(江戸開府400年).jpg

記念切手「江戸開府400年シリーズ<第3集>開国へ向かって」
発行日:平成15(2003)年7月1日
寸法:212×140
所蔵:船の科学館

そして、この航海中に、病に倒れた3人の水夫の存在を忘れてはなりません。
航行中に病死した源次郎、サンフランシスコの病院で亡くなった富蔵と峯吉は現地で葬られました。現在もサンフランシスコ郊外の日系人墓地に、咸臨丸乗組員3人が眠っています。

あわせて読みたいおススメの記事

投稿者:メル カテゴリー:歴史・人物 コメント:0
1784年2月23日、国宝の金印「漢委奴国王」が志賀島で発見

今から240年前、江戸時代の天明4(1784)年2月23日、教科書でお馴染みの国宝金印「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」が、博多湾に浮かぶ志賀島で発見されました。

蛇がとぐろを巻いた姿がデザインされた2.347cm四方、108.729g(金含有率95.1%)の小さな金の塊は、福岡藩に届けられた口上書によると、島に住む農民が水田の溝を修理中に偶然発見し、藩の儒学者 亀井南冥(かめいなんめい)が、中国の史書「後漢書」を根拠に、光武帝から贈られた金印と鑑定したとされています。

その後、金印は福岡藩主黒田家に伝わり、昭和53(1978)年に黒田家から福岡市に寄贈され、現在は福岡市博物館で保管・常設展示されています。
昭和6(1931)年には、九州北部の「奴国」が中国王朝と交流していたことを物語る歴史的価値が高い資料として、国宝に指定されています。

金印が出土したとされる所は金印公園となり、入口には石碑が設置されています。

金印モニュメント.jpg

石碑「漢委奴国王金印発光之処」
出展:写真AC

金印公園.jpg

「金印を造形した石碑」
出展:写真AC

遠い昔、日本の玄関口として、博多湾が海外文化を受け入れていたことがわかりますね。
ちなみに、博多ふ頭と志賀島を結ぶ福岡市営渡船の船名は「きんいん」だそうですよ。

福岡渡船きんいん.jpg

「福岡市営渡船「きんいん1」」
出展:写真AC

あわせて読みたいおススメの記事

この記事をシェアする

投稿者:メル カテゴリー:歴史・人物 コメント:0
ルドルフ・ディーゼルが発明したディーゼル機関は、1893年2月23日に特許取得

船のエンジンは、大きくわけるとディーゼル機関、蒸気タービン機関、ガスタービン機関の3種類ありますが、現在は、ほとんどの商船の機関には、燃費がよく、低重油が燃料として使える「ディーゼル機関」が採用されています。

そのディーゼル機関は、1892(明治25)年にドイツ人の技術者ルドルフ・ディーゼル(1858ー1913)によって発明され、翌年2月23日に特許を取得しています。

海の偉人肖像画 ディーゼル.jpg

絵画「海の偉人肖像画 ディーゼル」
作:馬堀法眼善孝
寸法:630×510
所蔵:船の科学館

ディーゼル機関は、シリンダーの中の空気を圧縮して高温になったところに燃料を噴射し、爆発的に燃焼させ、その爆発の圧力でピストンを動かしてスクリュープロペラを回す仕組みになっています。

船のスクリュープロペラは、低速回転の方が高い推進効率が得られるので、低速回転で大きな力が得られるディーゼル機関が有利なため、船のエンジンの多くはディーゼル機関が使用されています。
また、ディーゼル機関は大型化が可能で、比較的品位が低い燃料が使えるため燃費が軽減できる利点もあります。

一方、シリンダーの中の圧力が高くなるため、エンジンには強い強度が必要とされ、重量が大きくなるほか、振動や騒音、窒素酸化物NOIの排出が多いこと等が欠点とされています。

かつて当館の本館展示場では、ルドルフ・ディーゼルが、1899(明治32)年に実用機として苦心の末に開発した「世界最初の実用ディーゼル機関(複製)」を展示していました。

この展示品は、小型ディーゼル機関を開発し、その世界的な普及や改良に大きく貢献したヤンマーディーゼル(株)(現・ヤンマーホールディングス(株))の創業者 山岡孫吉氏の功績を讃え、1957(昭和32)年にドイツMAN社から山岡氏に贈られたものをドイツMAN社アウグスブルグ工場で製造した複製品でした。

世界最初の実用ディーゼル機関.jpg

世界最初の実用ディーゼル機関(複製)

このディーゼル機関は、1899年10月に販売を始めてから、大型車、鉄道、船など、いろいろな産業の動力として大いに利用され、活躍しました。

あわせて読みたいおススメの記事

この記事をシェアする

投稿者:メル カテゴリー:船・潜水艦 コメント:0
2月22日は「おでんの日」

2月22日は「おでんの日」です。
「おでん」を新潟の名物にしようと、越乃おでん会が平成19(2007)年に制定したもので、熱々のおでんを食べる時の「2(ふー)2(ふー)2(ふー)」の語呂合わせから2月22日になったそうです。

おでん2.jpg

出展:写真AC

「おでん」は、日本料理の煮物料理の一種で、鍋料理にも分類されています。
鰹節と昆布でとった出汁に味を付け、魚のすり身でできた練り物や魚介類など、様々な具材を長時間煮込んで作られますが、「新潟おでん」では、トビウオからとる「あご出汁」で作るものもあるそうです。

ちなみに、越乃おでん会が定義した「新潟おでん」は、新潟の食材を一つ以上使用し、最後に新潟米のご飯にだし汁をかけて、おでん茶漬けにして食べることなんだそうです。海の幸にめぐまれ、米どころ新潟ならではですね。

ところで、練り物食品メーカー・紀文の「家庭の鍋料理調査2023」(主要7地域・20代以上の既婚女性1,400人)によると、昨年の秋冬(2022年9月〜2023年2月)に家庭で食べた鍋料理の1位が「おでん」で、1999年度調査から25年連続1位でした。
おでんに入れる具に関する調査(1993人・複数回答)では、1位ちくわ、2位大根、3位たまご、4位さつま揚げ、5位こんにゃくの順でしたが、魚のすり身でできた「ちくわ」「さつま揚げ」が健闘しています。

おでん.jpg

出展:写真AC

また、全国各地の専門店では、様々な魚介類も好まれています。
宮城や岩手では「さんま団子」、広島では「さざえ」、青森では「つぶ貝」、関西では「蛸」、金沢では「香箱ガニ」、高級食材「白子」「あわび」を扱うお店もあるそうです。
ねぎとまぐろの「ねぎま」は、浅草のおでん専門店が発祥と言われています。

寒い日には熱々の「おでん」が恋しくなりますね。
おでん種は地域や家庭によって異なりますが、皆さまのご家庭では、何の種が定番ですか?

あわせて読みたいおススメの記事

この記事をシェアする

投稿者:メル カテゴリー:自然 コメント:0

カレンダー

このブログについて