• もっと見る
【海の学び】瀬戸内海国立公園指定90周年 企画展『来島海峡と潮流信号所』は、愛媛県総合科学博物館で2024年4月7日まで開催

現在、愛媛県総合科学博物館(愛媛県新居浜市)では、瀬戸内海国立公園指定90周年企画展『来島海峡と潮流信号所』が開催されています。

企画展会場入口.jpg

画像提供:愛媛県総合科学博物館

この企画展は、日本初の国立公園である「瀬戸内海国立公園」の指定90周年を記念して、古くから海の難所として恐れられてきた「来島海峡」について、展示と関連イベントが行われます。

開催期間: 2024年2月17日(土)から4月7 日(日)
※休館日:2/19、2/26、3/5、3/11、3/18、3/25
会   場: 企画展示室
展示構成: 第1章「来島海峡について」
第2章「海峡の安全を守る」
第3章「来島海峡を通る船舶」
第4章「海峡周辺の産業」

会場では、日本三大急流潮の一つとして知られる「来島海峡」の自然環境、安全を守る灯台・潮流信号所などの施設、航行する船舶等について、多様な角度から展示が行われています。

展示会場.jpg

「第2章「海峡の安全を守る」コーナー」

本企画展では、映像やジオラマ模型などが展示されています。

展示物_第2章中渡島潮流信号所ジオラマ模型.jpg

「中渡島潮流信号所ジオラマ模型」

また、関連イベントとして講演会や講座、ワークショップが多数開催されるそうですよ。
来島海峡の不思議を再発見できそうですね。

講演会 「水先人から見た来島海峡航路」
講師:水先人 栗阪 肇(内海水先区水先人会)
日時:3月24日(日)13時30分から15時
定員:小学生以上60名
ワークショップ 「ビーチコーミング観察会+ワークショップ」 ※申込終了
講師:学芸員(県立3館学芸員)
日時:2月24日(土)13時から16時
定員:小学生以上10名
講座 「野間仁根の来島海峡と瀬戸内海」 ※終了
講師:喜安 嶺(愛媛県美術館 学芸員)
日時:2月18日(日)14時から15時
定員:小学生以上40名
ツアー 海の学び講座「来島海峡の海上交通を学んで小島要塞跡を巡ろう」 ※申込終了
日時:3月10日(日)9時から17時30分
定員:小学生以上40名
体験 「海の管制官」体験 ※申込終了
日時:3月2日(土)9時から16時 各回1時間20分
定員:小学生〜高校生 計30名
講座 「近代瀬戸内海ツーリズム」
講師:甲斐 未希子(愛媛県歴史文化博物館 主任学芸員)
日時:3月17日(日)14時から15時
定員:小学生以上40名

◎申込方法等の詳細はウェブサイトから確認して下さい。

関連イベント_海の学び講座2.jpg

「関連イベント「学芸員による講座」」

また、土日祝には、エントランスホールで当日参加もOKなワークショップが開催されるそうですよ。
上手くできるかドキドキですね。

ワークショップ_貝殻石けん.jpg

「ワークショップ「貝殻石けん」」

      
「カラフル発砲スチロール船をつくろう」 発砲スチロール板とストローを使って石けんで走る船を作ります。
日時:2月17日(土)〜4月4日(日)の土日祝 @10時30分〜12時 A13時30分〜15時
定員:20名
参加費:150円
「貝殻石けん」 色んな貝殻で石けんを作ります。
日時:2月17日(土)〜3月10日(日)の土日祝 10時30分〜12時
定員:10名
参加費:500円
「貝殻キャンドル」 ヒオウギ貝を使ってキャンドルを作ります。
日時:3月16日(土)・17日(日)10時30分〜12時
定員:10名
参加費:400円
「保冷剤リメイク!海の消臭剤をつくろう」 保冷剤を使って消臭剤を作ります。
日時:3月20日(土)〜4月7日(日)の土日祝 10時30分〜12時
定員:10名
参加費:400円
     

◎詳細はウェブサイトから確認して下さい。

船の科学館では、2015年度から全国の博物館・美術館・水族館等が行う「海の学び」の活動を支援しています。

船の科学館「海の学びミュージアムサポート

この記事をシェアする

投稿者:メル カテゴリー:海の博物館活動 コメント:0

カレンダー

このブログについて