• もっと見る
南米移民船「ぶえのすあいれす丸」は、昭和4年11月30日に神戸港から初航海に出航

南米移民全盛期に誕生した移民船「ぶえのすあいれす丸」は、昭和4(1929)年10月31日に竣工し、1ヶ月後の11月30日、神戸港から出航しました。
大正末期から昭和初期に建造された「さんとす丸」級の移民船3隻と共に南米東岸航路を就航し、ブラジル移民が乗船しました。

ブラジル移民が最も多かった昭和8(1933)年、翌9(1934)年には、年間約23,000人が「ぶえのすあいれす丸」等の移民船で海を渡り、新天地をめざしていました。

第1回芥川賞受賞作品『蒼氓』(そうぼう)は、作家・石川達三が 30歳の時、自身のブラジル移民体験に基づいて書かれた小説ですが、石川は、往路は移民船「らぷらた丸」でブラジルに渡り、復路は「ぶえのすあいれす丸」で帰国したことが知られています。

ぶえのすあいれす丸出航.jpg

絵画「ぶえのすあいれす丸の出航」
作:野上隼夫
寸法:530×727
所蔵:船の科学館

昭和14(1939)年7月に「あるぜんちな丸」が就航すると、「ぶえのすあいれす丸」と姉妹船「りおでじゃねいろ丸」はパナマ運河経由の東航南米線に就航し、翌15年には一時的に大連航路にも就航しました。

また、この時期には第二次世界大戦が始まりました。
「ぶえのすあいれす丸」は、太平洋戦争が始まると、昭和16年に日本陸軍に徴傭され、病院船となって傷病兵の輸送を行っていましたが、昭和18(1943)年11月27日、西カロリン諸島海域で米軍機の爆撃を受けて沈没し、14年の生涯を閉じました。

あわせて読みたいおススメの記事

この記事をシェアする

投稿者:メル カテゴリー:船・潜水艦 コメント:0

コメント

※現在、コメントに対する返信は対応しておりません。予めご了承ください。

カレンダー

このブログについて