CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年09月 | Main | 2021年11月»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
人道にエロエロあると言うなかれ [2021年10月04日(Mon)]

fumihouse-2021-10-04T18_52_00-1-thumbnail2.jpgコンゴ民主共和国で世界保健機関の職員や救援スタッフら(エボラ出血熱の対応)が、女性や少女に対し性的虐待やレイプを行ったとする報告書が出た。50人以上が被害を訴えている。WHO、コビッド19でもってテドロス事務局長は名高くなったが、人道支援の先遣隊でそんな事件が起こるとは信じがたい。

事務局長は被害者に向けて「あなたたちに奉仕し、守るはずのWHOに雇われた人たちがあなたたちにしたことに対し、申し訳なく思います」と陳謝し、容疑者たちに説明責任を果たすよう求め、被害者を支援すると約束した。

戦場では事実上男だけの世界になる。性的欲求の虜になる者が出ても不思議ではない。日中戦争や太平洋戦争では従軍慰安婦の問題があり、今も決着していない。戦場で民間人を強姦したり、ことに及んだ後に殺害するなど当たり前で、異常な世界だった。もちろん正当化など出来やしない。戦国の世では男色が公認されていたのも、欲求のはけ口だったのだろう。

エボラ出血熱の対応はいわば戦場のようなもの。そこで権力を手にした短期雇用の不届き者が勘違いをして、エロに染まった気分を実行に移した。実に腹立たしい。

(割れたガラスはWHO。一日も早く信頼を取り戻すのだ)