CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年09月 | Main | 2021年11月»
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
面接で顕在と潜在を分け隔つ [2021年10月01日(Fri)]

fumihouse-2021-10-01T18_29_33-1-thumbnail2.jpg組織を運営するにあたっては面接することは不可欠である。採用試験で面接をする。人事考課のために面接する。相談事のために一対一もしくは少人数で面談する。家族内での話し合いも面接力による。多くのひとにとって、人間関係の機微はその面接力にかかっていると言ってよいと思う。その総和として組織の良好な運営は築かれる。

面接は難しい。「人間理解の難しさは、表面にある行動と、潜在的な内面とが異なることにある」という言葉があるが、本音と建前、きれいごと と あけすけごとを明確に隔てて判断することは、まず出来ない相談だ。そもそも本人にだって分かっていないの違いない。

面接は、本人が意識して隠そうとしたり、虚飾しようと思ったにしても、あくまでも表面に出てきた言動を通して、相手の人と成りを洞察していく技術である。場面とも言えるかな? 明日はある面接をするのだが、相手の将来的な可能性を含めて、的確な判断が出来たらいいなと思っている。

(溝蕎麦にはどんな潜在的な内面があるのだろうか)