CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
夕焼けに月と星あり笑顔あり [2021年09月10日(Fri)]

fumihouse-2021-09-10T15_41_37-1-thumbnail2.jpgきのうの夕焼け。宵の明星は西の空30°、煌々と輝く。三日月は仕立て針のように鋭く、金星と並び立つ。空気が澄んでいるからだろうか、太陽光の当たらない月の暗い部分も色づいている。棚引く雲が効いている。得も言われぬ朱に染まる空の前面に、雲は彩飾した屏風のように色を添える。

近所の人に出会った。
「金星と月、見事ですね」
「そうね、私が作ったもんじゃないけどね」
と見事に切り返された。大笑いして家路を急ぐ。

宍道湖の夕日は格別にきれいだった模様。日没後に千変万化する夕空も、さぞかし見ごたえのあるものであったろう。

(昨夕の夕焼けに、この病葉(わくらば)も染まったはずだ)