CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年08月 | Main | 2021年10月»
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ありがとうそのままどういたしまして [2021年09月03日(Fri)]

fumihouse-2021-09-03T22_38_44-1-thumbnail2.jpg「ありがとうございました」と感謝されて、「いえいえ」と応えてしまいがちだ。別に間違った使い方ではないのだが、ほんとうは「いいえ、どういたしまして」と返答したい。

「どういたしまして」に「いえいえ」を足すと、腰が低くなる。有り難いと感謝されるほどの大それた行為ではないですよ、と否定を意味する。それが元々ではあるが、否定の意味は弱くなり、柔らかい謙遜表現となった。あるいは「どういたしまして」だと自信満々と解釈されるのもイヤだ。だから控えめに遠慮した、という意味でもあるだろう。

なぜ「いえいえ」と応えてしまいがちなのかと言えば、堂々と「どういたしまして」を加えられないのだ。感謝に応えて自然に謙遜の意を込めて「いいえ、どういたしまして」、あるいは「いえいえ、恐縮です」と大人らしく返答したいと思っている。