CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年07月 | Main | 2021年09月»
<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
初対面旧友のごと盛り上がる [2021年08月01日(Sun)]

fumihouse-2021-08-01T14_16_09-1-thumbnail2.jpg出会ったばかりなのに、久しぶりに会った旧友のように懐かしい気分になる人がいる。弾む話に時間を忘れ、ずっと話を続けていたい。会話のテンポ感じが似かよって、趣味が共通だったり、故郷が同じで共に知った人がいたりする。そして何よりも馬が合うのだと思う。

そんなときは飲み会に直行だ。すでに会席の場であることも多い。話が尽きず、会話は丁々発止、ときにじっくり耳を傾けて互いを思いやる対話となる。楽しいひとときだ。

反対に、型どおりに挨拶をすませたらさっさとその場から立ち去ってしまいたい気分になる人もいる。気詰まりで、会話の継ぎ目を失って困ってしまう。そんな人と酒席に一緒になったなら、早々に切り上げて他の話し手を探したほうが身のためだ。

こちらの気分や体調にもよるから相手の責任だけではないが、相性の合う合わないは人間関係をとり結ぶ上で需要な要素である。もっともコロナ禍が収まらないと、酒席で口角泡を飛ばして盛り上がることは出来そうにない。

(風流な名をもつ柳花笠(やなぎはながさ)も、馬が合う土壌に種を落とし咲き誇る)