CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2021年06月 | Main | 2021年08月»
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
蜩に季節が巡り響きあり [2021年07月11日(Sun)]

fumihouse-2021-07-11T09_34_02-1-thumbnail2.jpg【蜩(ヒグラシ)】
思わず「タイ」と読んでしまいそうな字。一週間前にヒグラシ登場。夏の中盤にかけて朝夕を彩り、異界の入口に立ったかのような幽玄さをあらわし、少し涼しげな雰囲気も演出してくれる。日本の美を象徴する(わたしはそう思っている)響きである。

ところで【蜩】。虫偏に周とはどんな成り立ちか? 【周】は、あまねく隅々まで広くゆき渡る意。象形文字としては、「方形の箱などの器物に彫刻が一面に施された」ところから「あまねく・ゆきわたる」を意味するようになったと(OK漢字辞典)。

季節がめぐり、暦が回る。誠実・親密の意味もある。周なる虫の蜩は、暑さが際立つようになると誠実に登場し、夏に親密だ。極雨のあとは酷暑。適度な加減してくれたまえ地球よ!

(ジャガイモの花とヒグラシ。まったく関係ございません。あえて言えばどちらも地球上のもの)