CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年11月 | Main | 2021年01月»
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
目くじら立てたら鯨がやってきた [2020年12月10日(Thu)]

fumihouse-2020-12-10T21_58_27-1-thumbnail2.jpg【目くじら】は立てるもの。目尻をつり上げて怒った目つきを向ける。目角を上げて化粧すれば、悪魔的に余程キツイ印象になる。くじらは鯨にあらず。目くじらは目尻のことで、目くじりとも言うそうだ。それがなまって目くじら。

目くじらを立てるとは、比喩として小さなミスや欠点をことさらに非難し、あらを探すもの。些細なことがらにケチを付けるわけで、立てる当人の人間的器が小さいことを示す悪口だ。

そんな細かいことに目くじらを立てるなんて、と言えば相手を明らかに軽蔑している。日常でもニュースの話題でも頭にくることは多々あるけれど、まっそんなに目くじらを立てずにやりたいね。

(目くじら立てずに穏やかに花を眺める)