CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ギターにはクラギとエレキとアコギなり [2020年11月11日(Wed)]

fumihouse-2020-11-11T22_49_51-1-thumbnail2.jpgアコギとは、アコースティックギターの略称。エレクトリックギター(略してエレキ)のように弦の振動を電気信号として増幅しない。楽器全体を共鳴させて生の音で演奏する。クラシックギター(略してクラギ)もアコースティック(電気的な装置を使わない音響的な楽器)ではあるが、一般的にアコギはフォークギターを指す。

さて、略称のことだ。エレキと呼ぶことに違和感はない。だが、クラギはしっくりこない。頭の中で【暗ギ】と変換してしまうのが嫌だ。

アコギには嫌悪感すらある。「おぬしも阿漕(あこぎ)な奴よのぉ」。時代劇のそんな台詞を想像してしまう。人情に欠け悪どい者のことだ。三重・津市の阿漕ヶ浦(あこぎがうら)は、伊勢神宮に供える魚をとるために殺生禁断の海だったが、たびたび密漁する漁師がいたので、その者をそう呼んだという。

語源はともかく、アコースティックギターを弾く方々。アコギという呼び名にしっくりこない感じはないですか?

(クリームがかった白の山茶花。まもなく冬を迎える季節のものとして違和感はない。しっくりと収まっている)