CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年10月 | Main | 2020年12月»
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
好きなのよ水と火と雲癒し系 [2020年11月05日(Thu)]

fumihouse-2020-11-05T20_55_14-1-thumbnail2.jpg水と火と雲。わたしの好きなもの三つ。

プールサイドで水をすくう。太陽の光が不可思議な蠢(うごめ)き。放り投げる。張力で粒が丸くなる。自在に形を変えながら瞬間に落ちて、大きな水量に溶け込んでいく。宝石のような水玉が好きだ。

焚き火をする。チロチロ燃え始めメラメラと周囲を温める。オレンジ色、イエロー、濃いめの橙色が揺らめく様子は好ましい。豪火を目の前にすれば、さぞ恐ろしかろうが、暖炉の火の色合いは癒して安らぐ。

高い空にひつじ雲にいわし雲。すじ雲に飛行機雲が交差すると絵になる。ポッカリ浮かぶ層雲の底が平たくておもしろい。雷雲はごめんこうむるが、刻刻と変わっていく雲が好きだ。

(大きな楠の木立を抜けて太陽光が射し込む。太陽は火の塊。太陽あっての地球であり、水も雲も太陽の賜物)