CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年09月 | Main | 2020年11月»
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
形式の赤外線に人並ぶ [2020年10月12日(Mon)]

fumihouse-2020-10-12T19_32_59-1-thumbnail2.jpg非接触型の体温計で来場者受付をした。コミュニティセンターの文化祭でのこと。いろいろな反応があるのが面白い。

体を前に預けて計測しやすいようにする人はありがたい。引きがねを引いてピッと音がして計測完了。額にかかる髪を手でかきあげてくれる人も多い。簡単に済ますことができる。ご苦労さまですの嬉しい一言があったりもする。

こちらが机を隔てて体を折り曲げて手を伸ばしているのに、お構いなく突っ立っている無神経な者もいる。仏頂面でウンともスンとも言わない。反対に近づき過ぎて機械に額にくっ付けようとする者もいて面倒だ。

何か怖いものを向けられたかのように恐れる幼児。嫌がって顔をそむける。抱いた父が、大丈夫と言って反対側を向けてくれても、またそむける。やむを得ん、手のひらで計った(低めになる)。撃たれそうな恐怖を感じるのだろうか。

赤外線を放射して測る仕組みだから、髪がかかっていたり、遠かったり、接触しているとちゃんと測れない。誤差も大きくて、あてになるとは言いがたいが、どこでもやっているからご一緒にやることに意味がある。一応体調の具合も姓名、住所とともに書いてもらいはするが、この形式主義に陥りがちな現状はご愛敬。