CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
脱線し列車でなければ楽しかろう [2020年09月18日(Fri)]

fumihouse-2020-09-18T22_33_08-1-thumbnail2.jpg話が本筋から離れて脱線することがある。悪いことだろうか。

目的を持ってまっしぐらに結論まで行かせることは意義あることだし、効率もいい。ビジネス会話はそれでなくてはならない。反対にギスギスして潤いがなくなるという要素もある。ビジネスライクにだって遊びがあってよい。そう、脱線は楽しいことなんだ。

脱線から思わぬ展開となって新しい発想が生まれる場合もある。本筋が重要なものでなければ、話はどこにでも転ぶ。そしてワクワクして止まらなくなる。ジェンダー論を振りかざすつもりはないが、女性は脱線を楽しみ、男は振り子を元に戻そうとする傾向にあるものだ。

話の脱線。時と場合によるが、本筋をおろそかにすることなく、適度に楽しもうではないか。コロナコロナでつまらぬ世になりつつあるからして、会話で楽しみたいものだね。