CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
ジトジトとブルブル人はなげくもの [2020年09月11日(Fri)]

fumihouse-2020-09-11T08_52_23-1-thumbnail2.jpg雨がジトジト、二日でも降り続こうものなら、もう十日も雨模様が連続した気がして陰鬱になる。

極寒でブルブル、凍りつく手をさすって三日でも過ごそうものなら、一ヶ月も経った気がしてこの世の終わりかと嘆きたくなる。

猛暑でジンジン、炎天下と熱帯夜に苦しめられて一週間も経とうものなら、二ヶ月も耐えてきた気になってくしゃくしゃする。

不快になる天候が一定期間続くと、人は誰でも(わたしだけ?)マイナス感情がつのって天候を過大評価して悲観的になる。

反対に、春うららかな日射しに包まれると、この天気がずっと続いてほしいと願う。だが、二日たって雨が降りだすと、たった二日しか続かなかったと嘆く。

爽快な秋の空気に誘われて戸外を歩くと、元気が満たされて、いつもこうだったらよいと望む。だが、三日目に天気が崩れると、その短さを儚む。

人間とは勝手なものだ。が、それが人間だ。

(島根県自治研修所の空は、3週ぶりの雨でけぶっている)