CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年08月 | Main | 2020年10月»
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
弾き始めイメージ指置き息をする [2020年09月08日(Tue)]

fumihouse-2020-09-08T19_48_00-1-thumbnail2.jpg楽曲の弾き始めは難しい。発表会や練習会で、出だしの音でつまずいて弾き直す人の多いこと(わたしも含め)。ギターに限らない。人前で演奏するのは緊張する。特に弾き始めは失敗しやすい。こんなはずではなかったと焦り、進むにつれて腹が据わるどころかますます緊張して運指を忘れ、テンポが無茶苦茶、曲にならないこともある。

プロギタリストの山口莉奈氏が、曲の弾き始めに心掛ける3つのポイントを述べている。その上で、本番では練習でやった以上は出せない。よって毎日の練習でやることだと。習慣になると緊張した場面でもできるという。目指せ、弾き始めの安定感!

【1】テンポや曲の雰囲気をイメージ
唐突に弾き始めてはいけないようだ。曲の出だし、特にテンポを心の中で刻むこと。するとテンポに不安を抱えることがないという。

【2】右手、左手を準備をする
左手は弦に置いても、右指は宙にあるまま弾き始めることの多いこと。第一音で空振りしたことがある。右手もセットしておこう。

【3】息を吸う
弾き始めは必ず呼吸をしてから始める。無呼吸でスタートすると、最後までブレスを忘れがち。ギターは吹く楽器ではないから意識しないとブレスを忘れる。音楽に呼吸は不可欠。

(未来を見据えて今日も一歩前進)