CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年04月 | Main | 2020年06月»
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索
検索語句
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新コメント
ふみハウス
心地よし父の胸にて寝入る子よ (02/05)
心地よし父の胸にて寝入る子よ (01/27) ふみハウス
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/26)
冷たくて濡れそぼる雨陽気待つ (01/23) 駅伝ワクワクをとこ
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02)
元旦の賀状楽しみ友を知る (01/02) 食欲のをとこ
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (11/02) 正中館道場
食べ過ぎを防ぐためなりよく噛んで (10/28) 計算苦手をとこ
筋力と宇宙の闘い空間で (06/29) 計算する者
筋力と宇宙の闘い空間で (05/15)
https://blog.canpan.info/fumihouse/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/fumihouse/index2_0.xml
最新トラックバック
篭る日にギター抱えて音を聴く [2020年05月09日(Sat)]

fumihouse-2020-05-09T21_56_18-1.jpg一歩も外へ出ない1日だった。雨がしとしと降っていたこともある。ステイホームが続いている。おかげで本も読んだが、ギターの練習がたくさんできた。アルハンブラ宮殿の思い出(タレガ作曲)のうまく弾けないところを集中して練習もした。小品の名曲を楽譜から選んで弾いてみることもした。ガットギターの音色が心地よく響く。コストの舟歌、ヘンツェのノクターン。初見だがそれなりに曲になる。楽しい。もちろん、暗譜して何度も弾いて曲想をつけてはじめて人前で演奏できる。柔らかくて甘い音、芯のある情念を廃した音、ブリッジ寄りに硬質な音、ハーモニクスの宇宙的な音・・・クラシックギターを奏でるのは面白い、飽きない。明日も同じように過ごしたいとは思うが、そうは問屋が卸さない。

(さりげなく咲く春菊の花。固くなった葉を食べることはもはやできない。春に咲くから春菊なのだなあ)